アメリカに不法移民した親子の引き離し政策を停止したニュースをわかりやすく解説して下さい



アメリカのトランプ大統領が不法移民した親子の引き離し政策について停止する、大統領令に署名しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

20180621202225cdc.jpeg


アメリカは1776年の建国からずっと移民を受け入れて発展して来た国です。

もともとアメリカには先住民がいましたが、そこにイギリス人が移り住み独立をしました。(つまり移民)

それからゴールドラッシュ(金を発掘するブーム)などが起こりヨーロッパやアジアなどから次々に移民して来ました。

みなさんもご存知のタイタニック号もアメリカに移民する目的で乗って来た人達が沢山乗船してたんですよ。

現在のアメリカ国民は3億人ほど。
そのうち、仕事をする為の就労ビザや留学の為の留学ビザを取得して住んでいる方は4千万人ほどいます。

この方達は当然問題ありません。

しかしその裏でアメリカには1000万〜1200万人以上の不法移民がいると言われてるのです。

なぜ不法入国してくるのかと言いますと仕事を得る為だったり、自分の国が貧しいので豊かなアメリカにチャンスを求めて渡って来るのです。

どのような国から不法に移民してくるかと言いますとこんな国からです。

・メキシコ
・エルサルバドル
・ブラジル
・韓国
・インド

この中で最も多い国はメキシコです。
おおよそ65万人以上はいるとされていますが、詳しくはあまりわかってはいません。

アメリカに不法に入国する事はとても大変です。
例えばアメリカとメキシコの間では国境警備隊がパトロールしています。

国境警備隊が比較的少ない所は見渡す限り砂漠だったりと徒歩で渡るには危険な所です。見つかれば強制送還ですし、銃で撃たれる事もあるそうです。

20180621202234e1d.jpeg


何とか見つからずにアメリカに入国出来たとしても、アメリカンドリームを掴める人はほぼいません。

なぜならまず彼らは社会保障番号も身分証もないので社会保障も受けられず、まともな職には就けないからです。

明らかに最低賃金を下回る給料で、重労働だったり皿洗いや農業従事者、工事現場などで働いているのです。もちろん文句も言えません。

ただ、不法移民が問題にはなっていますが、この様に不法移民の方が安い賃金で働く事によってアメリカ経済が支えられている事も事実です。

さて、アメリカでは移民者に対してこの様にしてます。

●不法移民・・・アメリカ国民ではない
●不法移民者がアメリカで産んだ子供・・アメリカ国民

つまり、不法移民している人はアメリカ国民ではないですが、その不法移民者がアメリカで子供を産んだら、その子供はアメリカ国民としとるわけです。

アメリカは公立学校であれば高校生になるまで身分証を必要としないまま義務教育を受けることができます。

しかし身分証を受けた際に、実は親が不法移民だったという事がよくあるそうです。

また子供が小さい時に親が不法移民とわかってしまった場合は悲惨な事になります。親は強制送還されてしまい、子供がたった一人アメリカにとり残されてしまうのです。

取り残された子供は施設に収容されて生活をする事になります。

このようなケースで先月末までの6週間の間だけで2000人もいました。

下の写真はメキシコの国境で撮影された写真です。ホンジュラス出身の2歳の女の子の親がボディチェックされている母親を見上げて泣いています。

20180621202243a91.jpeg


ここ最近では親と子供を引き離すのは非人道的だという批判がアメリカ国内で高まっていました。

そういった反対運動もあり、ついに6月20日に親子を引き離して収容する措置をやめる大統領令にトランプ大統領が署名したわけです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/06/21(木) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »