fc2ブログ

経団連と春闘についてわかりやすく解説してください


経団連が今年の春闘に向けた経営側の基本方針を発表しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

2023011804282656b.jpeg


まず経団連がどんな組織なのかを見て行きましょう。

経団連は「一般財団法人日本経済団体連合会」の略称です。2002年に「経済団体連合会」と「日本経営者団体連盟」が統合されてできた団体です。

「経済団体連合会」とは1948年の8月に、戦後の復興と経済を立て直すために作られた団体です。
そして1948年4月に、雇用者と労働者が適正な関係になる事を目的として、「日本経営者団体連盟(日経連)」が作られました。

とにかく日本は戦争が終わってからいち早く成長して行かなければならなかったのです。

この2つの団体はこんな事に力を入れてきました。
・貿易の自由化
・自由競争の促進
・エネルギー・環境問題への取り組み
・賃金交渉への対応
・雇用者と労働者安定した関係の構築

日本だけでなく世界経済の発展に関わってきた団体でもあるのです。
しかし時代が進むにつれまして、この2つの団体は共通の問題を抱えるようになったり、少子高齢化、社会保障制度改革といった、より重要な課題を解決していく事になってきたために、2つの団体がくっついて経団連となったのです。

経団連の目的は「企業と企業を支える個人や地域の活力を引き出し、日本経済の自立的な発展と国民生活の向上に寄与すること」だそうです。
簡単に言いますと、日本の生活をもっと良くして元気にしていこうぜ!という感じですね。

経団連は日本の代表的な企業やサービス業を行っている団体からなる約1600くらいの団体で、日本の経済を良くしていくためにはどうしたらよいかを話し合って、それを政府に言って働きかけるのです。

今回、経団連は春闘に向けて積極的な賃上げを企業に要求しています。

この「春闘」というのは風物詩みたいなものなのですが、春になると労働組合が団結して、労働時間の短縮や休みや賃金を上げるように労働条件の改善を要求する労働運動ですね。
昔はストライキなどがよくあったのですが、1955年に「春闘」という方式が組み込まれて交渉をするようになったのです。

何故賃上げをするように企業へ働きかけるようにしているのかと言いますと、やはり急激な物価高ですね。

給料が上がらないままで物価高の日本。
このままではマズイ・・・ということで経団連が積極的に働きかけているわけです。

経団連は、ベースアップ(会社の業績などに応じて、社員全員の給与を一律で上げる仕組み)と定期昇給(個人の年齢や、仕事の成果に応じて昇給する仕組み)分と合わせて5%程度の賃上げを要求しており、来週か本格的な議論が始まります。

これが今回のニュースですね。

スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2023/01/18(水) | 経済のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

満期10年の国債が表面利率0.5%になったニュースをわかりやすく解説して下さい


財務省が今月発行する10年もの国債について、「表面利率」をこれまでの2倍以上の0.5%に引き上げる事を発表しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

202301061731560ac.jpeg


財務省(昔は大蔵省といいました)というのは何を行っているのかと言いますと、私達の暮らしを支えるために様々な事を行っています。

例えばこんな事。
・経済の動きについて調査
・貿易についてかかる税金の仕組み作り
・国債の発行
・国がどれだけ今年はお金が必要になるかといった予算をつくる
・お金を事業者へ貸す(財政投融資なんていいます)
など。

特に今回は国債について関係がある部分で話していきましょう。

財務省の中の一つのお仕事で、「国の予算作り」と言うものがあります。
国が行う政策について相談しながら収入(歳入とも言います)と支出(歳出とも言います)のバランスを考えて必要としている所へお金が回っていくように予算をたてるわけです。

この収入はどこから賄っているかと言いますと、3分の2はみなさんから支払われる税金です。
残りの3分の1は「公債金収入」といって国の借金から賄っているのです。

借金というからにはどこからかお金を借りています。
全部がそうではないですが、誰に借りているかと言うと国民です。

どのようにして皆さんからお金を借りるか?
代表的なものとして「国債」です。

国債とは国が発行する債券(資金を借り入れるために発行する有価証券)で、簡単に言いますとお金をこれだけ借りましたという借用書の事ですね。日本が発行するので「日本国債」といいます。
先ほど3分の1を借りていると言いましたが、今現在、皆さんから徴収する税金だけでは全く足りないので、国債を発行して、皆さんに買ってもらい(国はお金を借りている)、そのお金を様々な事に使用しているのです。

なぜ国債を買う人がいるのか?それはお金が返ってくる信用度が高いからです。
これがよくわからない謎の会社とか個人に貸したら、本当に返ってくるか心配でしょう。

国債を買ってお金が返ってこなくなった時は国が破綻した状態。
なかなか日本が破綻するという事は考えにくく、貸したお金は基本的に返ってくると見越しているので、みなさん信用して国債を買うというわけですね。

所で、みなさんはお金をタダで貸すなんてことはしたくないですよね。
貸す代わりに利子をつけてお金が返ってくるようにしないと貸す意味がありません。

国債には種類があり、個人向け国債であれば10年債、5年債、3年債と言ったものがあり、国債を買って、例えば5年国債なら5年間の間で利子がついて返って来ます。
貸す年数が高い国債の方が利子は多く付きます。

今回、財務省は去年4月以降、0.2%となっていた10年国債に対し、今月(1月)から購入した人は「表面利率」を、2倍以上の0.5%に引き上げると発表しました。 (個人向け国債は毎月売り出されています。)

「表面利率」とは額面に対して年間、これだけ利子が付きますよと言うものです。
例えば100万円分の10年国債を買ったのなら、100万円×0.5%で5000円の利子が付くってわけです。

これは10年国債が満期日になったら5000円貰えるというわけではなく、毎年5000円の利子が付くので、10年間で50000円が貰えるという事になります。もちろん、国債と言うのは預けた100万円はそのまま返還されますので(元本保証されています。)、105万円が手に入るというわけですね。
(ただし固定金利型といって、最初に0.5%ですよと約束された国債になります。変動金利型(状況によって金利が変わる)の場合は違います。)

表面利率は市場の経済状況などの様々な要素によって決められるのですが、今回は昨年(2022年)12月に長期金利の変動幅を上昇させたことによって、10年国債だけ表面利率が上げられたのです。

長期金利というのは金融機関(銀行とか)が1年以上のお金を貸し出す際に「この金利で貸し出すことに決めましょう」とする金利の事です。この利率を上げたわけです。

お家を買う時に銀行でローンをよく組んだりしますが、金利が低ければ家を買い易いですよね。
逆に金利が高ければそれだけお金を返さなくてはならないから借りにくいです。
会社も事業を拡大して行く時に、金利が低いと銀行から借りる人達が増えます。

ですから基本的には景気が悪くなると、市場にお金が回るように金利を安くして経済を良くしていくようにしているんですね。

実はこの所、長期金利が上昇しています。
あ、じゃあ景気が良くなっているの?と思うかもしれませんが、残念ながら景気は悪いです。

これはコロナ後の景気回復を見据えて、金利を上げているのです。
アメリカでは「コロナ?まだそんなこと言ってんの?世界はブイブイ回ってるぜ。」とマスクを外して金利を上げており、それにつられるように日本もアメリカに合わせて、長期金利を上げているのです。

経済が回復してくれば多少金利が高くても借りる人が増えますからね。
(それが正しい判断なのかは置いておきます。)

ですが表面利率が上がると、当然その分、国は利子をつけて返さなくてはなりません。
ココが懸念点として挙げられております。

これが今回のニュースですね。

スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2023/01/06(金) | 経済のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

1ドル129円となった円高・ドル安についてのニュースをわかりやすく解説して下さい

外国為替市場で1ドルが129円台後半になり、円高・ドル安になりました。
今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

20200330061406278.jpeg



為替というものからまずは確認して行きましょう。
為替と言う制度は近年始まった事でもなく日本でも大昔から行われていました。

今の様に銀行が無かったような江戸時代では、商人は現金をそのまま持ち運ぶと山賊などに狙われてしまう為、両替商という所にお金を渡して為替手形(確かにお金を受け取りましたよという証書)を発行して貰っていました。
この為替手形を持って、今度は指定された場所にある両替商へ行って為替手形を現金化していたのです。

今ですとこのやり取りを銀行やインターネットでもできますよね。

じゃあ、日本とアメリカでこのやり取りを行う場合はどうでしょうか?
やり方としては同じように出来ますが、問題になってくるのは通貨の種類の違いですよね。
日本は「円」アメリカは「ドル」。

双方が鎖国状態でしたらこんなことを考える必要はありませんが、アメリカと日本で商品を輸出入したり、株を購入したり、不動産を売買したりする場合に円からドル(又はドルから円)に通貨を交換させなくては、それぞれの国で使用する事が出来ないので通貨の変換を行っているわけです。(もちろんアメリカだけでなくドイツ(ユーロ)やインド(ルピー)などたくさんの国と行っています。ただやはり世界の基軸通貨(国際間の貿易などで一番使われる通貨)であるドルについて注目されるので円とドルについてのニュースが一番報道されるのです。)

この通貨を交換する市場の事を「外国為替市場」といいます。
そして通貨を変換する比率の事を「為替レート(外国為替相場とも言います)」と呼んでいます。

ところでニュースを見てみますと為替レートで円が129円になったとか、秒単位で値段が変わっています。
何でこんなに目まぐるしく変わってしまうのでしょうか。

この1年は1ドル120円にしますよ~とかにすれば落ち着きそうなものですけど、なかなかそうはいきません。
何故なら、世界の情勢は秒単位で変わっているからです。
景気・金利の変動・主要な人物(総理大臣や中央銀行の頭取など)の発言・国際情勢・投機目的による為替の売買(ドルを円に換えたり円をドルにしたりすること)・・・こういった事で円を持っていた方がいい、いや円をやめてドルを持っていた方がいいと考える人がいたりして、円やドルを売買する事によって値段が秒単位で変わってしまうというわけです。

さて、円高ドル安とはどういう状態か?
日本がアメリカからリンゴ一個を購入した場合として例を基に復習しましょう。
(例)1ドル200円または1ドル100円だった場合
円高・ドル安の場合・・・1ドル200円だったリンゴが100円で購入できる
円安・ドル高の場合・・・1ドル100円だったリンゴが200円で購入できる

円高という名前で誤解してしまいますが、日本が200円でアメリカから購入していたリンゴが100円で購入する事ができるようになりますから(今まで1個200円だったリンゴだから2個変えちゃいますね。)、アメリカはドルの価値が下がっている(ドル安)状態となり、日本は円の価値が上がっている(円高)となるのです。

円安はこの逆ですね。
日本が100円で購入できていたものが200円で買わなくてはいけなくなるわけですから、円の価値が下がっている(円安)で、ドルの価値が上がっている(ドル高)となるわけです。

じゃあ、今回1ドル129円(129円台後半)になり円高・ドル安になったニュースは何が騒がれているのでしょうか?
これは7カ月ぶりに円高になったという事で騒がれています。
これはチャートを見てもらうとわかり易いですね。

20230104131631c2f.jpeg


今から7カ月前、2022年5月頃のチャートとおおよそ同じ値段ですね。
こうしてみるとピーク時(円安・ドル高)から随分と円高・ドル安になっていることがわかります。

日本は輸出大国ですから、円高・ドル安になると物が売れにくくなってしまいます。
またまたリンゴ1個を例に今度は日本がアメリカへリンゴを売るという状況で例を基に考えてみましょう。

(例)1ドル200円または1ドル100円だった場合
円安・ドル高・・・1ドル200円だったリンゴを100円で売る事が出来る
円高・ドル安・・・1ドル100円だったリンゴを200円で売る事が出来る

円安・ドル高だとアメリカにとってはリンゴを100円で買う事が出来ますが、円高・ドル安だと日本から200円払わないとリンゴが買えません。だからアメリカにとっては高いから買わない!となってしまうので、日本のリンゴが変われにくくなるというわけです。

日本のものが買われにくくなれば、日本の景気はますます悪くなってしまいます。
じゃあ今まで円安・ドル高だったから日本て儲かったの?と思うかもしれませんが残念ながら新型コロナウイルスの影響があり、儲かった会社は限定的です。(例えばユニクロなんかは業績が良かったです。)

現在世界的に2023年はすごく景気が悪くなるだろうと言われており、投資家や企業は慎重な姿勢を見せております。
このことによってさらに景気が悪い方向へ拍車がかかってしまう可能性があります。

これが今回のニュースですね。


スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2023/01/04(水) | 経済のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

企業物価指数とは何ですか?わかりやすく解説して下さい



「企業物価指数」が新型コロナウイルスの世界的な感染により、2か月連続で前の月を下回りました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

202004131828585c1.jpeg


「物価指数」とはモノの価値がどのくらい変わったかを知る為のものです。

指数は中学くらいになると出てくる言葉ですね。
物価指数とはこんな感じで計算します。

リンゴとパソコンがあったとします。
昨年度のそれぞれの値段がこんな値段です。

●リンゴ・・200円
●パソコン・・10万円

それが今年になるとこんな値段に変わりました。

● リンゴ・・300円
● パソコン・・11万円

リンゴは100円高くなり、パソコンは1万円高くなりました。金額だけで見るとパソコンの方が値段が上がった様に見えますね。

ですが指数で見るとちょっと違って来ます。
ちょっとやってみましょう。

●リンゴ・・200円 
これを100という値(指数)とする。
●パソコン・・10万円
これを100という値(指数)とする。

リンゴもパソコンも去年の値段を100と言う値(指数)に一旦します。そして今年の値段でそれぞれ考えてみます。

● リンゴ・・300円
指数は150
200円で指数は100だったので、リンゴの値段が100円上がれば指数が50増えます。
もしも400円になったら指数は200になりますね。

● パソコン・・11万円
指数は110
10万円で指数は100だったので、パソコンの値段が1万円上がったから指数が10増えます。
もしも20万円になったら指数は200になりますね。

こうして指数で見ますと、リンゴの指数の方が高いので、リンゴの方が値上がりしている事がわかりますね。

日銀(中央銀行)は毎月企業と企業の間で取引されるモノの値動きを調べていて、企業物価指数を算出しています。

日銀とは巷にある様なみずほ銀行やUFJ銀行ではなく、銀行の銀行です。
政府の銀行なんて言ったりします。

紙幣を発行したり、国民から預かった税金を公務員へ給与として支払ったりしています。

政府との連携はしていますが、基本的には日銀は独立しています。

政府の言いなりで紙幣を発行していたのでは市場が大変な事になるため、市場の動向を常に把握しながら紙幣を発行したり、金利を上げたり下げたりしているのです。

この企業物価指数も同じで市場の動向を把握する為にわざわざ調査しているわけです。

企業物価指数は2015年度の平均を100としており、3月の企業物価指数は101.1となり、2ヶ月連続で下がってしまいました。

企業物価指数が下がると言うことは不景気になっていると考えて良いです。

日本がバブル期だった頃は給料が沢山貰えました。
ですからモノの値段を上げても買ってくれるので、物価がどんどん上がります。

反対に不景気になると給料が下がるので物価を下げないと買ってくれなくなります。
ですから物価がどんどん下がります。

日銀は今後も新型コロナウイルスと共に注視していく予定です。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2020/04/13(月) | 経済のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

日銀がドル資金の供給を行うニュースをわかりやすく解説して下さい



日銀が週に1回行っていたドル資金の供給を毎日行う事にしました。今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

20200330061406278.jpeg


ドルや円は毎日売買が行われております。
ニュースだと「今日の外国為替相場は・・」と言った感じで報道されています。

為替とは昔、商人が両替商に現金を渡し、代わりに「為替手形」を貰い、それを別の両替商に持って行き現金化した事が始まりです。

現金を持ってると山賊などに襲われたりしたので、この様な手法をとっていたのです。

現代では安全の為と言うより便利だからと言う理由がほとんどですね。

公共料金の支払いも直接現金を使わずに銀行から引き落とすわけですから、これも為替の部類に入ります。

外国為替の場合は外国のお金(日本円やドルなど)を売買しています。

もちろんこれもわざわざ窓口に行って現金を出して売買してるわけではなく、パソコンなどでデジタル的に処理しています。

なぜにドルや円を買ったり売ったりしているのかと言いますと投資家が儲けようとしているからです。

毎日、円を買ってドルを売ったり、逆に円を売ってドルを買ったりしているから円やドルの価格が変わるわけです。

ここでいったん、
円安ドル高について学びましょう。

円安とは円の価値が下がるという事です。

ダイヤモンドが高いのは希少性が高いから値段が高いわけでそこら辺に沢山あったら値段は安くなります。

円も同じで市場に沢山出回っていれば希少性がなくなって円安となります。
市場に沢山出回っている時・・それはバブルです。

バブルの時は皆さんがお金を沢山持っていたので、お金の価値が下がって円安となるわけです。

この記事を書いている今は1ドル110円ですが、日本がバブルだった頃は240円もありました。

円安とドル高はスーパーのリンゴで学ぶと分かりやすくなります。

あなたがスーパーに行ってリンゴを100円で買ったとします、次の日に行ったら50円で売ってたらあなたは損をしたと思いますね。

逆に次の日に300円になってたら前の日に買っておいてよかったとホッとするはずです。

このリンゴをドルに変えて読み直して見て下さい。

100円出して1ドルが買えたのに、300円出さないと1ドルが買えなくなってしまう。円の価値が下がっているので円安と言うわけです。

2020033006142730e.jpeg


ではコロナウイルスで混乱している今を見てみましょう。テレビでは株価が下がっている報道が沢山されました。

不要不急の渡航制限が報道されたので外出しなくなる人が沢山出ています。

航空会社も当然儲からなくなりますから大手航空会社の「JAL」の株価は一気に下がっていますね。

20200330061419da8.png


株を持っている投資家はこうなると「このままこの株を持っていたら大変な事になるかもしれない」と不安になり、多少損をしてでも株を売ってしまいます。

この不安な気持ちが連鎖すると「株はダメだ!」となり一気に株価が下落してしまうわけです。

そして株などを現金化してしまいます。アメリカ人だったらドルに変えてしまう人達が増えます。

しかしドルは世界の主要な通貨。
アメリカ人だけではなく多くの国の人がドルに変えてしまいます。

なぜなら世界中で使われているドルは、基軸通貨と言って非常に安心できる通貨だからです。
1ドルという価値があまり上下しないのです。

これがジンバブエで使っているジンバブエ・ドルを基軸通貨にしちゃったら大変です。

ジンバブエではハイパーインフレ(お金ね価値が下がりモノの価値が上がる事)によって、リンゴ一つ買うにも持ちきれないほどの札束が必要で、道端にゴミの様にお金が捨ててあります。

ですからお金が紙屑になるような信用できない様な通貨ではなく、世界で流通しているドルの様な基軸通貨に変えてしまうのです。

さて、世界中の人がドルに買えてしまうとどうなるでしょうか?

はい、当然ドルがなくなって行きます。

ドルが市場から無くなっていけば、希少性が高まりドルの価値が上がりますね。

投資家の間では「ドルが無くなってしまう!」と今度は別の心配事が起きます。

これにより金融市場が混乱してしまうとさらに大変な事が起きてしまう為、日銀(中央銀行)が他の国の中央銀行と話し合って、ドルを市場に供給する事にしたのです。

こうすればドルの希少性が薄れてドル高を防ぐ事ができます。

ドル資金の供給は日銀が週1回行っていましたが、これを毎日行うことにして、4月の末まで行う予定です。

これが今回のニュースですね。

スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2020/03/30(月) | 経済のお話 | トラックバック(0) | コメント(1)

 |  HOME  |  »