希望の党の公約はどのような内容なのかわかりやすく解説して下さい。



衆議院選挙で各政党の公約が決まりました。
今回はその中でも注目されている希望の党の公約について解説したいと思います。



衆議院選挙を騒がせている党と言えば東京都知事でもある小池百合子氏が代表の『希望の党』ですね。

先日、小池百合子氏が希望の党の公約を発表しました。

●消費税10%の増税を延期

もともとは消費税10%は2015年の10月を予定していました。しかし景気の低迷を予想してか2017年の4月に変わりました。

しかし、今の最終的な予定では2019年の10月としています。
何故2019年となったのでしょうか?

一部の大企業では給料が上がり株価も確かに回復はしました。しかし好景気になったという声は残念ながらあまり聞こえません。

それもそのはず、年金や住民税といった税金が値上がってしまったのにも関わらず、給料が増えないままの中小企業がほとんどだからです。

これによって2019年の10月となったのですが、2017年の今もなかなか変わらず、今後は給料が上がり税金も減るという予想をしている人はあまりいなく、そういった事で希望の党は消費税の増税延期と唱えたようです。

●原発を0にします。

これは皆さんもよく聞く話だと思います。
そもそも原発を0にするのは可能なのか?という事ですが、これは非常に難しい話です。

『原発0にします』とか言いますと何だか当選する為にインチキ臭く聞こえてしまうかもしれません。

2010年10月現在で稼働している原発は4基です。
(九州電力川内原発1・2号機、高浜原発3・4号機)そして全国には59基あります。

あれ?4基しか動いてないのに普通に生活している、原発を0なんて可能なんじゃない?と思った方もいるかもしれません。

現在電力を生み出しているエネルギー源はLNG(液化天然ガス)、石油、石炭、そして水力です。
要はそれらを燃やし火力発電によって電力を供給しています。
原発は全電力の1%しか供給していません。

なんだ原発0なんて簡単簡単。
そうかもしれないのですが、問題は多々あります。

エネルギーを生み出す石油や石炭などは外国から輸入しています。
日本のエネルギー自給率は低くほとんどを中東に依存してしまっています。

もし中東で何らかの問題があったとして、エネルギー源を輸入できなくなってしまうと日本の経済は大ダメージを受けてしまうわけですね。

そう考えますと単純に原発0という事も簡単ではない事がわかります。

●憲法9条を含めた憲法改正論議を進める

これは少し抽象的に表現しているようですね。
憲法を変えますとは断言していません。

要は憲法9条は『戦争を放棄し、戦力を持たず、国の交戦権を否定します』という内容です。

結局9条は何が問題になっているかと言いますと、現状と憲法があってない事が問題となってしまってるわけですね。

これについてもっと議論をしますというわけです。

これははっきり言いまして正しい結論の出ない議論になりますから、簡単に終わるようなものではありません。

今回、希望の党ではこのような公約をしたわけです。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/10/07(土) | 政治のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

2017年の臨時国会は何について話し合われるの?をわかりやすく



政府が9月28日に臨時国会を開く事にしました。
今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



国会には通常国会、特別国会、臨時国会があります。まずはこれらを整理してから話をしたいと思います。



●通常国会

通常国会というのは毎年原則1月に国会議員が招集されます。この通常国会は150日間、土日祝日を含めて行われます。

何について話し合われるのかというと、税金に関する法律についてや来年の国の予算について話し合われます。

通常国会は必ず1年に1回は行わなくてはいけないと憲法で決められています。

●特別国会

衆議院には「解散権」というものがあります。内閣が解散した後には40日以内に選挙をやり直さなくてはいけません。

そして選挙をしてから30日以内に開かなくてはならないのが特別国会です。

政治家が一時的にいなくなってしまう期間がありますし、特に内閣総理大臣を決めなくてはいけないのでこうして期限が決められているのです。

特別国会は基本的に内閣総理大臣を決める以外はほとんど他の議題については話し合われません。

衆議院が解散してから最初の会議ですから、まずは国のリーダーを決めたり顔合わせって感じですね。

でも内閣総理大臣がなかなか決まらなかったりした場合は2回だけ延長することができます。

●臨時国会

臨時国会は衆議院、参議院のいずれかで4分の1以上が招集を要求する時に開かれる国会です。

会期はあらませんが2回まで延長が認められています。

こちらは通常国会での話し合いが未消化だったりした場合や、例えば大きな災害があって緊急に審議しなくてはならない議題についてを話し合われます。

今回、28日に臨時国会を開く理由は、まず今騒がれている衆議院解散の件です。冒頭で『衆議院解散をしますよ』と話をする為です。

それから「働き方改革関連法案」という議題について話し合われます。時間ではなく成果によって給料が変わるようなしくみにするにはどうしたらよいか?や、子育て支援について話し合いをします。

会期は12月上旬までの予定と言われています。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/09/25(月) | 政治のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

衆議院はなぜ解散をするのか(2017年)理由をわかりやすく解説して下さい



衆議院の解散が騒がれてニュースとなっていますね。今回は衆議院がなぜ解散するのかをわかりやすく解説したいと思います。



まず、あなたに聞きましょう。
今の政権を握っている内閣(自民党)に満足ですか?それとも不満がありますか?

いろいろと意見はあったかと思います。

では今あなたが思った意見はどのようにしたら反映されるでしょうか?

はい、選挙ですよね。

なぜ衆議院が解散をするのかというのは、内閣が国民に「このまま今の内閣の政権でいいですか?」と呼びかけているわけです。

これに対して国民は選挙によって答えます。

衆議院は全部で480人います。
この半数を埋めた政党が政権を握る事ができます。

選挙の結果が自民党の圧勝だったら今の内閣の政権はこのままで良いと言う結論になりますし、違う党が圧勝した場合、国民の結論は今の内閣ではダメだったということになります。

これを難しい言葉で『国民の信を問う』と言います。

衆議院の解散をしたらもちろん衆議院にいる政治家全員が無職となります。
ただし、再度選挙に選ばれれば政治家になれるわけですね。

では、そもそも衆議院てなんだっけ?という所からいきましょう。

国会には衆議院と参議院があります。
なぜ二つあるのかと言うと重要な事を決める為にチェックをするからです。(これを2院制といいます)

●衆議院は480名、任期は4年、そして解散があります。
●参議院は252名、任期は6年、そして解散はないけど、3年経ったら半分はもう一度選挙で決めます。

衆議院は任期が4年とありますが、満たなくても解散をする事ができるんです。

じゃあ衆議院が解散するきっかけってなんだろう?という疑問が残ります。
これには3つ程あります。

●衆議院で内閣不信任案が可決する

日本で唯一法律を作れるのが『国会』です。
そして国会で議員のみなさんが議論して作った法律に従って、実際に実務をするのが『内閣』です。

例えば、こんな法律を作りたい!と内閣が提案して、国会に提出します。
国会はこの提案書をチェックしたりして議決して認めたりします。

内閣と国会というのはそれぞれ独立してるので、このような事をしているのです。

じゃあ、「今の内閣は全然ダメだ!もう全員クビ!解散!」という提案書(内閣不信任案)を内閣が作って、国会で可決(認めた)されたとしましょう。

こうなった場合は解散(内閣不信任案が可決したという事)するのです。

この提案書を国会に提出するのは基本的に衆議院480人の中に存在している『野党』です。

要は野党議員が国会に提出するんですが、この提案書(内閣不信任案)は51人以上が賛成しないと発令できないようになっています。

そして、国会で内閣不信任案に賛成?反対?と答えを求めてきて、衆議院の過半数が賛成したら解散となるんです。

●衆議院で内閣不信任案が否決される

では、今度は与党側が今の政権最高!このままの内閣で行こうぜ!という事で国会に提案書(こちらは『内閣信任案』といいます)を提出したとします。

これが大反対された場合、この場合も衆議院解散です。でもわざわざこのような提案書を出す事にメリットはあまりないですから、このケースは少ないです。

●内閣総理大臣が決めた場合

これが実は1番多いケースです。
2017年今の衆議院解散が騒がれているのもこのパターンです。

厳密には内閣総理大臣ってわけではないんですが、ちょっと複雑なんで省きます。

先ほど『国民の信を問う』という言葉がありましたが、内閣総理大臣が今の内閣のままでいいかどうか国民に選挙で決めて貰い、お墨付きを貰う為に総理大臣が決めて解散をするわけです。

ただ、もちろん総理大臣は今の政権を維持したいので、タイミングを見計らったりします。

例えば支持率ですね。一時期、森友学園の問題で自民党の支持率が下がったりしましたけど、今は大体40パーセントくらいに回復してきてます。

ですから支持率が上がった際にもう一度選挙をすれば勝ちやすいですよね。

また、野党議員に魅力的な議員がいない時なんかもタイミング的には良いです。ほら、今って野党議員の中に不倫をした議員とかいるじゃないですか。

だからこのタイミングなら与党側(自民党など)に有利ですよね。

また、あまりにも今の内閣の議員さんの考えがバラバラで一旦リセットをして、議員を選び直す為にも行ったりします。

解散をすれば衆議院の任期がリセットされますから、また同じようなメンバーが再選すれば解散がない限り四年間今の政権を維持できるってわけです。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/09/22(金) | 政治のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

財政制度等審議会とは何を話し合うのかわかりやすく解説して下さい

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/09/21(木) | 政治のお話 | トラックバック(-) | コメント(-)

エジプトのモルシ前大統領が終身刑になる理由をわかりやすく解説して下さい



エジプトの前大統領、ムハンマド・モルシ氏が終身刑となる事が決まりました。
今回はこのニュースをわかりやすく解説していきたいと思います。



ムハンマド・モルシ(ムハンマド・ムハンマド・ムルシー・イーサー・エル=アイヤート)前大統領は
エジプトの第3代大統領でした。

モルシ前大統領は2012年6月30日〜2013年7月3日まで大統領をしていました。

少し話は戻りますが、みなさんは『アラブの春』というのをご存知でしょうか?
2010年にチュニジアから広く拡散されて行った民主化の革命運動の事を言います。

チュニジアでは高い失業率と政治の腐敗によって、民衆の不満が爆発して大きなデモとなりました。それによってチュニジアの大統領が逃げてしまい、独裁政権が崩壊しました。

これが飛び火してチュニジアからエジプトへも広がりました。
エジプトもチュニジアと同じような経済状況にあり、常に非常事態宣言が出されていました。

というのはサダト大統領という大統領が暗殺されてしまい、ムバラク大統領が大統領の座に1981年から就いて以来、非常事態宣言を出していたのです。

非常事態宣言の間は大統領の命令で臨時に憲法を改正する事ができたり、軍に命令したりできます。
ムバラク大統領は非常事態宣言を良いことに独裁政治をしてしおり、軍部もその恩恵を得ていました。

しかし、チュニジアの飛び火によって、2012年にムバラク大統領は辞任して政権を剥奪されたのです。

俗にこれを『エジプト革命』とも呼んでいるのですが、この時に今までムバラク政権に弾圧されていた『ムスリム同胞団』という組織が活躍しました。

ムスリム同胞団は穏健派で民主化を望む病院や学校を作ったり、慈善活動をするような大きな組織です。
このムスリム同胞団の出身者の一人がムハンマド・モルシ前大統領です。

ムバラク大統領に変わって新しく民衆から選ばれたモルシ新大統領に皆は期待しました。

ところで皆さん、アラブの春の革命は成功だったと思いますか?

残念のながらこの革命は失敗だったと言われています。と、言うのはこの革命によってさらに政治・経済は混乱してしまったからです。
治安の懸念からエジプトに日本人の観光客が足を運ばなかった事がこの時ニュースで報道されました。

革命が起こりモルシ大統領に変わってもエジプトの経済は一向に良くなりませんでした。
おまけに大統領命令を強化したりムスリム同胞団で政治を固めようとしたのでまたまた民衆から不満が出てきてしまったのです。

そして2013年7月。
エジプトの軍部によるクーデターが起こります。

これによってモルシ新大統領は軍に逮捕されて大統領を失脚してしまったのです。
わずか1年たらずの大統領でした。

その後に新大統領となったのは軍出身者である、シシ氏(アブドルファッターフ・サイード・フセイン・ハリール・アッ=シーシー)が大統領になったのです。

さて、民主化をの為に革命が起こりましたが、結局新しくシシ大統領が就任して軍部(シシ政権)が政権を握り事実上の独裁政治に戻ってしまったエジプトです。

民主化に加担した人物は死刑もしくは終身刑となりました。ムスリム同胞団はもちろん、モルシ前大統領も死刑判決が下っています。

しかし既に死刑判決が下っているモルシ前大統領ですが、さらに刑が追加されました。

罪名は『機密文書漏洩』

実はムスリム同胞団というのはカタールの支援を受けていた組織と言われています。

カタールはサウジアラビアを始め中東から敵国と見なされ、現在は国交が断絶状態です。
何故ならカタールはテロを支援している国と見なされているからです。



今のエジプトのシシ政権もカタールをテロ支援国家と見なしています。

そしてこのテロと見なしている組織がムスリム同胞団なわけですね。

モルシ大統領はこのカタールに重要な機密文書を公開していたとされて、機密文書漏洩の罪が追加されたというわけです。

今回はこのような事がニュースとなっているのです。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/09/19(火) | 政治のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »