FC2ブログ

イエメンで起こっている内戦をわかりやすく解説して下さい



イエメンの内戦で両軍の戦闘に子どもたちが参加していることが、人権団体の報告で明らかになりました。

今回はイエメンの内戦についてわかりやすく解説して行きたいと思います。

201907191844211c4.jpeg


中東のイエメン共和国はこの様な場所にあります。

20190719184439643.jpeg


サウジアラビアの下にあり、人口は2892万人ほど、首都はサヌアと言います。石油や天然ガスが資源としてありますが、治安も悪く最貧国の一つでもあります。

イエメン共和国は1990年になるまで南北が分断されていた国というのはあまり知られていないかもしれません。

昔、イエメンはオスマントルコという大国の勢力下に置かれました。ただ、オスマントルコからイエメンまでは距離があったので、イエメンの首長が普通に自治を務めていました。

イエメンの目の前にある湾から上流に遡っていきますと、スエズ運河に当たります。

昔はスエズ運河なんてなかったのですが、船で物を運ぶ際に非常に遠回りになってしまうので、人工的に運河を作ってしまったのです。

20190719184456e50.jpeg


しかしながらスエズ運河を作っても、その他の航路に海賊がいたり治安が悪ければ船は安心して通れません。近くに港もあれば便利です。

そこでイギリスがイエメンにあった港町、アデンを占領してしまいます。イギリスはその後、有力な人達を引き
入れて、イエメンの南側を保護領にしてしまいました。

保護領とは内政は干渉しないけれども外交権だけは奪われた領土をいいます。外交権は国と国の間で交渉する権利ですね。

こうして、北はオスマントルコ(トルコ領)、南はイギリスの領土というように南北に別れてしまったわけです。

20190719184447135.jpeg


第一次世界大戦が終わると、北イエメンはムタワッキリ王国という名前で独立し、南イエメンにいるイギリスを追い出す為に、アラブ連合共和国(エジプトとシリアが合体して作られた国)に加わります。

所がエジプト人を受け入れるとエジプトの政治や思想に賛同するイエメン人が増えてクーデターが起こってしまいました。

そして北イエメンはエジプトの衛星国(内政や外交が、ある国に支配された状態の国)となってしまったのです。

しかし、1970年に入ると中東戦争が起こり、エジプトは「こんな事してる場合じゃないや」となり、北イエメンから出て行ってしまうのです。

南イエメンもやがてイギリスから独立し、北イエメンと南イエメンが対立する意味もなくなってしまいました。

そして北イエメンの方が人口・経済力もある本家だった為、北イエメンに吸収される形で1990年に南北が統一されたのです。

南北が統一した事でイエメンは新政府を作りました。しかしながら根本的な問題が起こります。

資本主義で近代的なイギリスに支配されていた南イエメンは、やはり現代的な思想を持っていましたが、北イエメンは保守的で厳格なイスラム教を信じる人達が多かったのです。

北イエメンに吸収された形となったこともあり、結局は北イエメン寄りの政府が作られたので南イエメン側は不満が高まっていきました。

さて、南北統一後にイエメンの大統領となったのが、北イエメン出身のサレハさんでした。
そして副大統領となったのが南イエメン出身のハディさんです。

20190719185331f7b.jpeg


サレハ大統領は軍事独裁政権を行なっていたのですが、2011年に大事件が起こります。

「アラブの春」です。

中東全土に独裁者を倒して民主化(国民が主体となる政治)を進めるクーデターが起きたのです。

これによりサレハ大統領は辞任。
そしてハディさんが大統領となりました。

20190719185323517.jpeg


これで終わりと思いきやまだまだ続きます。

2015年になると、北イエメンにいる「フーシ派」と呼ばれる武装組織がクーデターを起こしました。

フーシ派とはシーア派という宗教から枝分かれしたような宗派です。
ハディ大統領は「スンニ派」と呼ばれる宗派です。

●シーア派・・ムハンマド(イスラム教の開祖)の正当な子孫のみを正当な後継者とする。伝統的な宗教を厳格に守る
●スンニ派・・必ずしも血縁のある者が後継者ではないと唱える。シーア派よりはおおらかに宗教を守る

シーア派はスンニ派を当然認めないので、クーデターが起こったんですね。

ハディ大統領はこのクーデターで軟禁状態となり辞職してしまい、このフーシ派(シーア派)武装組織が政権を掌握してしまったのです。

その後、

ハディ大統領は軟禁状態から抜け出して、大統領宣言し、ハディ大統領の政府軍とフーシ派武装組織で内戦となりました。

さらにはフーシ派にイランが付き、スンニ派にはサウジアラビアがつきました。
イランとサウジアラビアは仲が悪いので、代理戦争の様な形です。

これに加え、アルカイダという武装組織も入り、内戦が続いているのです。

この内戦に子供までもが銃を取って戦いをしており、人権保護団体がこの惨状を公表したのです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/07/19(金) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

インドとパキスタンの仲が悪い理由をわかりやすく解説して下さい



現在パキスタン軍がインド軍の戦闘機を撃墜したり、両軍の間で砲撃するなどの軍事行動が問題となっています。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

20190228190120f00.jpeg


インドとパキスタン2つの国は1947年以降から実はずっと紛争を繰り返しています。

インドとパキスタンの独立記念日は1947年8月15日です。

たまたま同じ日が独立記念日というわけではありません。二つの国は非常に複雑な歴史を辿ってきたのです。

インドとパキスタンはお隣どうしです。

201902281901047b2.jpeg


昔はインドやパキスタンなんていう国名も国境もありませんでした。代わりにここにあったのが「ムガル帝国」でした。

ムガル帝国は今のインドやパキスタンの辺りを支配していた巨大な帝国です。

大きな帝国に至るまでは様々な国と戦争を行い支配して来たわけですから、ムガル帝国には当然さまざまな人種・宗教の人が住み着きました。

ですのでムガル帝国にはイスラム教を信じる者、ヒンドゥー教を信じる者などが一緒に暮らす事になったのです。

しかし次第にムガル帝国は衰退して行きます。

ムガル帝国第6代皇帝アウラングゼーブになってからでした。彼は熱心なイスラム教徒であった為、ヒンドゥー教徒やその他の宗教徒を弾圧し始めたのです。

これによって各地で紛争が起こってしまい、宮廷の散財や軍事費の増大によって財政が圧迫、アウラングゼーブも89歳で亡くなりました。

するとヒンドゥー教徒が離れたり、各地では勝手に独立する人や地主が税を取り立てる様になったりと大混乱。

そんな時に「ボロ儲けやで!」

と、この絶好のチャンスを逃すまいと現れたのがイギリスです。

あっという間にイギリスはこの一帯を植民地にしてしまいました。
そしてイギリスのヴィクトリア女王を皇帝とするイギリスインド帝国としてしまったのです。

ただ宗教概念と言うのはなかなか変えられるものではありません。イギリスのキリスト教を押し付けても絶対に紛争が起きます。

そこで他宗教にも割と寛大なヒンドゥー教徒を利用しました。

ヒンドゥー教徒は西洋文化や英語などを受け入れて積極的に学んだ為、医者や政治家など地位や信用の置ける職業に就くことができたのです。

イギリスも扱いやすいヒンドゥー教徒を優遇するようになります。

一方、イスラム教徒はこういった西洋文化などを拒否していたので、次第に地位や信用のある職業に就く事が難しくなってしまいました。

こうしてイスラム教徒はヒンドゥー教徒とに対して反発したり、憎んだりするようになってしまったのです。

イギリスはさらにこの国の人達に対し理不尽な制約をしたり、騙したり、振り回します。

(ただイギリスは悪い事ばかりしていたわけではなく、インフラ整備や教育、差別の廃止などを行なったりしました。その証拠に今のインド人は意外とイギリスに対してはあまり悪い印象は持っていないようです。)

この状態を嘆いて独立に一役活躍したのが、皆さんもご存知の非暴力、非服従の「マハトマガンディー」ですね。

20190228190127c98.jpeg


イギリスの登場でもうどうにも収集がつかなくなった国内に対し、ついにイギリスは第二次世界大戦後に独立を認める事にしました。

しかし、インド一国にするのではなく、ヒンドゥー教徒が多数いるインドと、イスラム教が多数いるパキスタンに分けて、双方が独立するようにしたわけです。

こうしてインドとパキスタンが出来上がったと言うわけですね。

が、これで終わりにはなりません。
ここからが、1947年の独立から何度か繰り返されているインドとパキスタンの紛争の話になるのです。

ここにカシミールという地域があります。

201902281901122f0.jpeg


実はここは地元の有力者に治めさせていて、独立する際にインド領にするか、パキスタン領にするかしっかりと決めずナアナアにしてしまったのです。

これによってインドとパキスタンの領有権争いが起こり「カシミールはウチの領土だ!」となっているのです。

今までカシミールをめぐり3回も戦争が起こっています。

そして今も両国の間で戦争や紛争が起こっているというわけです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/02/28(木) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

中東のイエメンでなぜ内戦が起こっているのか理由をわかりやすく解説して下さい



スウェーデンで中東のイエメンで起こっていり内戦について和平協議が行われる事になりました。

今回はイエメンで起こっている内戦について、わかりやすく解説して行きたいと思います。

20181206080042e23.jpeg


まずはイエメンがどこにあるかを確認しましょう。

2018120608002991d.jpeg


イエメン共和国はサウジアラビアに隣接していて、アラビア海に面している国です。
公用語はアラビア語で首都はサナアと言います。

人口は2747万人。(2016年)
主にアラブ人が住んでいて宗教はイスラム教ですね。

昔は農業、漁業で生活している人がほとんどでしたが、1980年代に天然ガスと石油が発見されますと、これらを輸出して外貨を稼ぐようになりました。
(ただ、産出量はあまり多くないです)

中東ではかなり穏やかな気候に恵まれた国ですが、現在65%以上の国民が飢餓にひんしていて、栄養失調で亡くなる子共も大勢います。

一体この国で何が起きているのでしょうか?

冒頭にもあったようにイエメンは今、内戦状態です。

内戦に至ったきっかけは2011年から2013年にかけて起きた「アラブの春」という民主化運動(民主主義にしようと言う運動)です。

チュニジアという独裁政権下の国で革命が起こり、それを機に中東にある様々な国に民主化運動が広がって、独裁政権が崩壊する状態が続きました。

当時は独裁政権が崩壊した事でアラブの春と呼ばれ盛り上がりましたが、結局は革命によって全ての国が良い方向にはなりませんでした。

イエメンも同じようにアラブの春の波及で、国内でデモなどの反対運動が行われました。

20181206080100025.jpeg


当時のイエメンは「サーレハ大統領」が30年以上も独裁政治を行なっていて、国民も貧しい生活を送っていた為、不満が爆発したのです。

これによってサーレハ大統領は退任します。
そして副大統領だったハーディさんが最終的に大統領となりました。

これを「イエメン騒動」といいます。

しかしこれによって紛争の火種が上がります。
中東と言ったら「宗教の違いによる紛争」が大体の理由を占めています。

中東の宗教と言ったらイスラム教を思い浮かべる方がいらっしゃると思いますが、イスラム教でも◯◯派とか言って、いろいろと枝分かれしています。

日本の仏教でも宗派がありますが同じ事ですね。
ただ、日本人の場合は宗派を意識する時って葬式ぐらいなもんです。

しかしイスラム教の宗派は非常〜〜にやっかいで、これが紛争のきっかけになってしまうのです。

イエメン国内には「フーシ派」と呼ばれる方が住んでいます。大きなくくりではイスラム教なんですが、「イスラム教の中のシーア派の、その中の一派」がフーシ派です。

フーシ派の方はハーディ大統領に変わった事が不服でした。
そこで、サーレハ元大統領と同盟を結んでクーデターを2015年に起こしました。

これによってハーディ大統領は軟禁されて、フーシ派がイエメンを掌握してしまいます。
(ハーディ大統領の政府要人も辞めさせられちゃいました。)

しかしハーディ元大統領は2ヶ月後に軟禁状態から脱出。「ワイ、大統領やる!クーデターとか認めんぞ!」と復活します。

こうして、フーシ派とハーディ元大統領の政府側とでバトルが繰り広げられる事となったのです。

ですが、大統領を復活すると言っても簡単ではありません。ハーディ元大統領はフーシ派に追われる身となってしまいます。

そこでお隣の国、サウジアラビアに助けを求め、イエメンにいるフーシ派に対して空爆をおこなったのです。

サウジアラビアでは「スンニ派」と呼ばれる宗派があり、こちらがハーディ元大統領を支援したのですね。

一方、フーシ派ですが先程「イスラム教の中のシーア派の、その中の一派」と言いましたね。
シーア派と言うのはイランが多く占めている宗派です。

そう、フーシ派をシーア派であるイランが今度は支援したんです。

20181206080311114.jpeg


ちょっとまとめましょう。
●ハーディ元大統領・・サウジアラビア(スンニ派)が支援
●フーシ派(サーレハ大統領)・・イラン(シーア派)が支援

サウジアラビアとイランは非常に仲が悪く、特にスンニ派とシーア派と言う宗派は相容れない存在です。(お互いにその宗派の教えは間違っている!と言っています。)

で、こう言う状況になり単にイエメン国内での紛争ではなく、サウジアラビアとイランの代理戦争と言う形にもなっているのです。

そしてこの対立に加えテロ組織「アルカイダ」までもが勢力を広げるために紛争に介入してます。


さてイエメン国内では食料の9割を輸入に頼っています。この為、紛争によって全然食料が手に入らないでいます。

もう一度イエメンの地理を見てみましょう。

20181206080135ef3.gif


イエメンは周りが海に囲まれています。
海から船で食料を運んで支援すればいいじゃん!と思うかもしれませんが、港は封鎖されています。

民間人も他国に逃げることもできないのです。

イエメンでこのような状況になっていても、あまり知らない方が多いです。紛争地帯にわざわざ行って報道する記者や国内にもあまりいないからです。

このような惨状に、国連が仲介して和平協議がスウェーデンで行われるわけです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/12/06(木) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

アメリカがパレスチナ難民支援をやめた理由をわかりやすく解説して下さい



アメリカが国連のパレスチナ難民支援機関への支援を今後一切行わないと表明しました。
今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。


201809100808592dd.jpeg


国連(国際連合(様々な国同士が協力して助け合っていく機関))には国連に加盟している国同士でお金を出し合って、いろんな事を支援する様々な支援機関があります。

例えばWFP(world food programme) 。飢餓のない世界を目指して活動する国連の食糧支援機関です。

UNHCR(The Office of the United Nations High Commissioner for Refugees)なんて言うものもあります。紛争や難民に対して食料や水を運ぶ支援機関です。

そして今回のニュースにも上がっているのが、UNRWA=国連パレスチナ難民救済事業機関と言う支援機関ですね。

こちらは名前の通り、パレスチナの難民に対しまして教育や食料支援、社会福祉と言った支援を行っていり機関です。

パレスチナ難民って何だ?と言う方もいらっしゃると思いますが、それではパレスチナについて少し勉強して行きましょう。

まずパレスチナがどこにあるか見て見ましょう。

201809100813547b2.jpeg


そしてアラブ人(パレスチナ人)が住むヨルダン川周辺とガザ地区と呼ばれる場所がここですね。

20180910080914e45.jpeg


パレスチナとは完全な国の名前ではなく、このあたりの地域の事を総称として呼んでいます。(ただし、国際社会ではパレスチナと言う名前で通っています。)

地図上でイスラエルと書いてありますが、大昔はイスラエル王国と言う国がありました。
そこにはユダヤ教を信じるユダヤ人が住んでいました。

が、ローマ帝国が進出してイスラエル王国は滅びます。そこに住んでいたユダヤ人はバラバラに逃げて、キリスト教を信じるローマ人が住みました。

しかし今度はオスマン帝国が占領して、イスラム教を信じるアラブ人が住みます。

こうしてこの地域は宗教や人種が時代によって変わったりしたのですが、オスマン帝国時代に結局みんなこの土地に帰って来て住み着いちゃったんですね。

そして、3つの宗教(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教)と3つの人種(ユダヤ人・ローマ人・アラブ人)がオスマン帝国時代に一緒に暮らすようになります。

意外な事にこの時点では人種や宗教が違ってたんですが、仲良く暮らしてました。

そしてオスマン帝国時代はこのイスラエル王国があったところを、「パレスチナ」と呼んでいました。

しかし、この土地を植民地化が大好きなイギリスが狙います。

第一次世界大戦が始まりイギリスはオスマン帝国の内部崩壊をはかって自国のものにしようとします。

イギリスはオスマン帝国潰すの手伝ってくれたらアラブ人の国を作ってあげるよ。とアラブ人にウソをつきます。

さらにユダヤ人にはオスマン帝国潰すのにイギリスにお金を支援してくれたらユダヤ人の国を作ってあげるよ。とウソをつきます。

イギリスには多額のお金がユダヤ人から届いたので、パレスチナではユダヤ人が優遇されていき、さらにドイツで迫害されたユダヤ人もいっぱい集まって来ます。

これに疑問を持ち始めたのがアラブ人。
「なんか、ユダヤ人増えてね・・?」となり、ついには追い出されはじめてしまうのです。

このままじゃユダヤ人に支配されてしまう!と、アラブ人とユダヤ人の対立が始まりました。

ユダヤ人もアラブ人もパレスチナを譲れない理由がありました。それはこの土地がどちらにとっても宗教上で重要な聖地なのです。

20180910080922d53.jpeg


これがあまりにも手に負えない状況になり、もう植民地化という手法も古くなってしまった為、イギリスは撤退して国連に丸投げしてしまったのです。

そして、現在のようにイスラム教を信じるアラブ人(パレスチナ人)がヨルダン川周辺とガザ地区と呼ばれる場所に住む事になり、その他の土地にユダヤ人が住んでいる構造になってるわけです。

何度か話し合いは行われたのですが、解決には至らず紛争となり、この争いが今も続いていて、難民がたくさん増えてしまっています。

この難民を助ける為に作られた組織が冒頭に出てきた、「UNRWA=国連パレスチナ難民救済事業機関」と言うわけですね。

UNRWAは世界の国から難民を支援して貰うようにお金を集めていました。そして、アメリカは年間で3億5000万ドルをこの機関に支援していました。(現在の日本だと330億円くらい)

しかし、いつまでたってもパレスチナの情勢が変わらず難民は増えるばかりで、6500万ドルに支援金を減額。

そしてついにはもう今後は支援金を一切払わない!としてしまったのです。

今後パレスチナ難民の生活が一層厳しい状況に追い込まれることは言うまでもありません。
これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/09/10(月) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

コロンビア政府とコロンビア革命軍(FARC)の歴史をわかりやすく解説して下さい



コロンビア革命軍(FARC)と和平合意の見直しを訴える右派のイバン・ドゥケ氏が大統領に選ばれました。

今回はコロンビアとコロンビア革命軍(FARC)の話を織り交ぜながら、大統領選の話をわかりやすく解説したいと思います。

20180619162502a3e.jpeg


コロンビアは南アメリカの北西部にある国です。
首都はボゴタ、昔はスペインの植民地だったので、公用語はスペイン語が話されています。

コロンビアは長いこと内戦が行われていました。
なんと50年ほども続いていたのです。この内戦で推定22万人が亡くなったと言われています。

誰と誰が戦っていたのか?ですが、「政府」と反政府軍である「コロンビア革命軍(FARC)」です。

コロンビア革命軍は左翼派の組織です。

右翼と言うのは従来の考えを保ち続ける(これを保守派なんていいます。)組織で、新しい考えを取り入れて、改革を進めていくような組織が左翼です。(これを革新派なんていいます。)

つまり、政府側は右翼、コロンビア革命軍側は左翼なわけですね。

コロンビア革命軍は1964年ごろ自警団から結成されたと言われています。(ゲリラから結成されたとも言われています。)

貧困国では警察などが治安を抑えきれないので、よく自警団と言って、警察のように犯罪者を捕まえたりする組織が出来たりするのです。

この組織は当時のソ連の考え方である、「共産主義」の考え方を主張していました。

共産主義とは国民が働いて得られた富(お金や財産)を国民全員で共有し、それを分配する経済のしくみの事です。

資本主義は自分が稼いだお金は自分のモノと言う考えですよね。

一方、コロンビア政府は共和制を取っていました。アメリカと同じような政治体制です。

共和制を取っていた事により一部の富裕層だけが豊かで、貧困層はなかなか生活が豊かにならないので、共産主義の考え方を進めて行こうと広まったわけです。

これを支援したのがソ連(今のロシア)やキューバです。同じ共産主義の考え方に同調して支援をしたのですね。

コロンビア革命軍はソ連やキューバが支援した事で武器が購入したり、麻薬や誘拐などを収入源としていた事で急速に成長して、大きな組織となりました。

2018061916252765e.jpeg


一方、コロンビア政府にはアメリカ側が付きます。
共和制と同じ考えに同調して支援したのです。

この頃の時代はアメリカとソ連が敵対関係にあった冷戦時代です。(アメリカとキューバも敵対関係)

ですから、コロンビアを挟んでアメリカとソ連の代理戦争のような事が起こっていたわけですね。

しかし、ソ連が1991年に崩壊してしまい支援してくれなくなったので、コロンビア革命軍はこの時から一気に形成が悪くなります。

それでもまだ大きな組織だったコロンビア革命軍でしたが、2001年のアメリカ同時多発テロが起きた事で決定打を受けます。

国際社会がテロやゲリラなどの組織に厳しくなる風潮になり、コロンビア政府もコロンビア革命軍に対して厳しい姿勢を取るようになったのです。

そして武力によって鎮圧をして、ついに弱体化したコロンビア革命軍は、政府と和平交渉を結ぶ事となりました。

ではここで最近のコロンビアの大統領を紹介します。コロンビアの大統領も4年任期で、選ばれれば2回までは連続して大統領になれます。

・2002年〜2006年:アルバロ・ウリベ
・2006年〜2010年:アルバロ・ウリベ
・2010年〜2014年:フアン・マヌエル・サントル
・2014年〜2018年:フアン・マヌエル・サントル
・2018年の8月から就任:イバン・ドゥケ

大統領の就任時代がわかると、この話がだんだんと分かってきます。

政府がコロンビア革命軍を武力で鎮圧したのが、アルバロ・ウリベ大統領でした。

ウリベ大統領は父がコロンビア革命軍に殺されてしまった過去もあり、強い恨みも持っていたので、武力で鎮圧をさせて、弱体化させました。

そしてあと一歩という所で完全に鎮圧できずに次の大統領である、サントル大統領に変わりました。

サントル大統領はコロンビア革命軍へ条件付きで和平交渉を行ったのです。(もちろん全大統領のウリベさんは反対。)

これによってコロンビア革命軍は武装を解除したのですが、「今まで散々酷いことをしていたのに和平交渉なんかは許せない」という国民のしこりは残りました。

そこで和平交渉は許せる?or許せない?の国民投票(国民に直接投票をしてもらうこと)が行われ、「和平交渉は許せない」という国民の意見が多い結果となりました。

さて、2018年の8月から就任すり新しい大統領であるイバン・ドゥケさんですが、この方は右派。

20180619162514c0d.jpeg


つまりコロンビア革命軍には断固反対の人で、国民投票の結果と同じように、「コロンビア革命軍の今までの罪は償っていない」と言う考えなのです。

コロンビア革命軍は弱体化して和平交渉をしたと言っても組織はまだ存在していますし、その幹部も生き残っています。

イバン・ドゥケさんが大統領に正式になった場合は、また武力で完全に鎮圧するかもしれませんし、和平交渉の条件の見直しも検討に入れています。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/06/19(火) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »