FC2ブログ

ISの指導者バグダディが死亡したニュースをわかりやすく解説して下さい



ISの指導者、バクダディが潜伏先のシリア北西部で2人の妻と3人の子供とともに爆弾ベルトを爆破させ自爆しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説していきたいと思います。

20191030185642adb.jpeg


IS(イスラム国)が誕生したのはイラク戦争が終わってからでした。

アメリカは2001年9月11日に起きた同時多発テロによる報復でアフガニスタンにいたアルカイダを倒しました。

そして、同じようにアメリカに対する脅威を排除しようと、イラクを倒す事にしたのです。
(名目は大量破壊兵器の保持などとしています。)

もともとアメリカとイラクとは仲が悪かったのですが、1990年の湾岸戦争でイラクがコテンパンにやっつけられてイラクは反感を持っていました。

そして2003年3月にイラク政権を倒すため、アメリカが主体となってイラクに侵攻しました。
イラクはあっという間に倒されてしまい、フセイン大統領は捕まえられ処刑されました。

イラクは確かに独裁政権により虐殺行為や他国への侵略を行なって来ました。

しかしイラクの存在は中東の複雑な宗教対立や民族紛争を独裁政権によって(無理矢理ではありますが)まとめて、中東のバランスを保つ為に必要悪な存在でもあったわけです。

そんなイラクが居なくなってしまった事によって、今まで影に潜んでいたISが台頭してきたのです。

201910301856499c3.jpeg


イラクの旧政権はイスラム教の「スンニ派」でした。新しいイラク政権は「シーア派」です。

シーア派は預言者ムハンマドの血縁関係が指導者になるべきだという考えです。
一方、スンニ派は必ずしも血縁関係ではなく、相応しい人が指導者になるべきだと言う考えです。

イスラム教ではスンニ派が9割を占めておりシーア派は少数です。

イラク旧政権が崩壊すると、スンニ派だった地位のあった人物達は追放され、他方へ散り散りになってしばらく息を潜めていました。

そういったスンニ派の人達が集まって出来たのがISというわけです。

ISはアルカイダ系過激派集団と言われています。
9.11の報復で倒した勢力と合わさって「ジーハード(聖戦)」を掲げました。

そしてシリアの内戦で戦っていた反政府勢力をも吸収していき、油田を奪ったり宗教弾圧して勢力を広めて行きました。

このISのカリフ(後継者。ムハンマドの正当な後継者と名乗る人)が「アブバクル・バクダディ指導者」です。

バクダディは1971年にイラクのバグダッド北部、サマラ近辺の貧しい地域に生まれました。

2003年のイラク戦争で一度アメリカ軍に拘束されましたが、この時はあまり脅威のある人物ではないとされて1年後に釈放されました。

しかし、ISを建国して自らカリフと名乗り、少数派宗教の弾圧や外国のジャーナリストなどを人質として殺害した事で指名手配されました。

それでバクダディ容疑者と呼ばれ、2500万ドルの懸賞金がかけられて、捜索されていたのです。

バクダディ容疑者は潜伏先のシリア北西部で米軍の特殊部隊に追い詰められ、2人の妻と3人の子供とともに爆弾ベルトを爆破させ自爆したと報道されました。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/10/30(水) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

空母赤城が発見されたニュースをわかりやすく解説して下さい



ミッドウェー海戦で沈んだ旧日本海軍の航空母艦「赤城」が20日、北太平洋の海底で見つかったとアメリカの財団が発表しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説していきたいと思います。

20191028073946af0.jpeg


空母赤城(あかぎ)は1927年に竣工(工事が完了すること)されました。

空母というのは、海の上に浮かぶ飛行場の様な船です。

自国の陸地から飛行機で敵国まで飛ぶと、燃料切れで墜落してしまうので、ある程度の距離まで空母で運んで、そこから飛行機で出撃して攻撃するわけですね。

1927年に竣工された赤城は問題点があったため1935年から3年ほどかけて改良されました。

赤城は基準排水量(船の重量を表す数値で満載状態から燃料などを引いた数値をいいます。)3万6500トン、全長260.7メートルありました。

航空機は最大で91機搭載できる、当時は世界最大の空母でした。初めて戦争で赤城が出航したのは1941年の大平洋戦争、真珠湾(ハワイ)攻撃になります。

大平洋戦争が始まる前夜、日本とアメリカは戦争を回避するための交渉を行っていました。
しかし、交渉は決裂してしまいました。

この時、既に日本の艦隊は真珠湾に向けて出航していました。真珠湾付近までは10日ほどかかりますので、戦争をするかどうかわからなかった為、とりあえずは艦隊を進めていたのです。

開戦したらそのまま攻撃し、和解したら引き返す予定でした。

日本は6隻の航空母艦が参加しました。「加賀」「蒼龍(そうりゅう)」「飛龍(ひりゅう)」「瑞鶴(ずいかく)」「翔鶴(しょうかく)」そして「赤城」です。

日本海軍のほぼ全ての総力が真珠湾に向けて進んでいたのです。

そして電報が届けられました。
「ニイタカヤマノボレ1208」

真珠湾攻撃の命令暗号文です。

日本ではまだアメリカへ戦線布告をしていませんでした。これは人為的なミスや伝達ミス、もしくはわざとアメリカが戦線布告されていない事にした(?)と、真相はよくわかりません。

これが今も海外から日本の"だまし討ち"、"奇襲攻撃"と言われてゆえんです。

第一航空艦隊に所属していた赤城は、第一次攻撃部隊として攻撃に加わります。

そして1941年12月8日午前3時(現地時間では7日の午前8時)に真珠湾に対する日本軍の空襲が開始されました。

ここから日本とアメリカ率いる連合国との長い戦いが始まり、多大な犠牲者がでました。

201910280740002e7.jpeg


赤城の最後は真珠湾攻撃から約半年後の「ミッドウェー海戦」です。

ミッドウェー島を占領する為、日本の連合艦隊が総力をあげて出航しました。


この時、空母は赤城を入れて4隻。
しかしながらミッドウェー作戦は既にアメリカが通信を傍受し、万全の体制で待ち受けていたのです。

日本の連合艦隊は次々と攻撃を受けます。

そして1942年6月5日(時間不明)、空母エンタープライズの艦載機による急降下爆撃を受け、大型爆弾4発が赤城の飛行甲板に命中し、大火災を起こして沈没してしまったのです。

ミッドウェー海戦は4日間にわたり、日本人は3057人、米国人307人が亡くなりました。

20191028073954c34.jpeg


あれから77年。

赤城はハワイの真珠湾からおよそ2000キロ北西に位置する太平洋中部で深さ5280メートルの海底に沈んでいた事がわかりました。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/10/28(月) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

トルコとクルド人はなぜ戦っているのか?わかりやすく解説して下さい



トルコが9日(2019年10月9日)にシリア北部に侵攻し敵対するクルド人勢力への軍事作戦に乗り出しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説していきたいと思います。

まずは地図で場所を確認しておきましょう。

20191015121231694.jpeg


シリアとトルコは中東にある隣り合った国です。
いったい二つの国で何があったのでしょうか?

トルコとクルド人は複雑な関係があります。
クルド人はイラン・シリア・イラク・トルコにまたがって居住しています。

20191015121249d84.jpeg


クルド人達が主に住むこの地域を一般的には「クルディスタン」と呼んでおり、推定では2500万〜4500万人いると言われています。

クルド人はもともと山岳部で暮らしていましたが、オスマン帝国がその後台頭してクルド人が住む地域も取り込まれて行きました。

その後、第一次世界対戦によってオスマン帝国が滅んでしまうと、戦勝国によってこれらの土地が勝手に線引きされてしまい、今の様な状態となってしまったのです。

クルド人の意向がないまま事が勝手に進み、取り残されてしまったんですね。
そして自分達の国が持てないまま今に至ります。

トルコではこのような境遇のクルド人に対して長い間圧力を与えてきました。

トルコ領なのになんでクルド人が住んでいるの?という事でクルド語や政治的な活動をしないようにしたりして、迫害してしまったわけです。

20191015121257d39.jpeg


そんな事をすれば当然クルド人も怒ります。

クルド人の一部はクルディスタンの独立を目指し、クルド労働党「PKK」と言う組織を結成して、トルコにゲリラ戦やテロなどの反政府活動を展開しました。

そして1980年代からトルコとPKKによる内戦状態となってしまったのです。

こうしてクルド人とトルコの間で今も争いが続いており、トルコはPKKをテロリストと位置づけを行なっています。

ちなみなPKKを主導したアブドゥッラー・オジャランはアフリカで拘束されてトルコに引き渡され、今もトルコで服役中です。

現在、トルコとしてはシリアの国境周辺にいるPKKとは別のクルド人部隊(人民防衛部隊(YPG))をよく思っておりません。

何故ならトルコがPKKを捕まえようとして、PKKの幹部が逃げたのがまさにシリア北部で、YGPとPKKに繋がりがあると見ているからです。

またシリア北部にいるクルド人部隊を排除して、さらにシリアから逃げてきた国内にいるシリア難民を国境周辺に居住させたいと思っています。

こうした背景があって、9日(2019年10月9日)からシリア北部で砲撃などの軍事作戦をトルコが開始し、多数の死者が出ているのです。

クルド人はトルコはもちろんですが、アメリカも批判しています。

というのは、2003年にイラク戦争でイラクが負けて、その後台頭してきたIS(イスラーム国(イスラム原理主義を主張する過激派組織))をアメリカとクルド人部隊が共闘して排除していました。

しかし、ISの排除が終わると急にアメリカがシリアから撤退して、今回のトルコの侵攻にも関与しないとアメリカが主張していて距離を置いたからです。

クルド人問題は非常に厄介な問題の為、ヨーロッパ諸国も様子見という所です。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/10/15(火) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

イラク国内でなぜデモが起きているのか?理由をわかりやすく解説して下さい



イラク国内でデモが起こり、治安部隊との衝突などでこれまでに死亡した人の数が100人を超えました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

201910101748394df.jpeg


イラクと言えばサダム・フセイン大統領です。
「独裁者」というレッテルが貼られた非常に有名な大統領でした。

サダム・フセインは1979年7月16日にイラクの大統領となり、20年間以上も大統領となっていました。

しかし、2003年3月20日にアメリカが主体となってイラク戦争が起こり、4月9日にイラクの首都バグダッドが占領されて逃亡。

その後、アメリカ軍に捕まり裁判をかけられて、2006年12月30日に死刑が執行されました。

ではフセイン大統領が君臨していた時代のイラクはどんな情勢だったのでしょうか?

フセイン大統領はイスラム教の「スンニ派」です。生まれたイラク北部のティクリートがスンニ派だったからですね。

イスラム教はスンニ派とシーア派に大体分かれています。預言者ムハンマドが亡くなってから、誰を後継者を誰にするかで宗派が分かれたのです。

血統で選んだ宗派をシーア派、そして血統とか関係なく選ばれた人を後継者にしようというのがスンニ派です。

このスンニ派はイラクでは少数派でしたが、フセインが大統領に選ばれますとスンニ派の部族で周りを固めてしまいました。

フセイン政権が強固に固まると、秘密警察を使って反対派勢力を徹底的に排除(粛清や暗殺)して、自身を崇拝させるように国民に強要させました。

(ただし、国内のシーア派を弾圧したりはほとんどしませんでしたが、反対する者に対しては容赦なかったようです。)

この時、顕著に仲が悪くなった国がイランです。

20191010174848289.jpeg


1980年9月にはイラクに対して威嚇的な態度を取るイランが中東の脅威となり得ると判断し、奇襲攻撃を行ってイラン・イラク戦争を開始しました。

戦争は1988年に停戦しましたが、両国で何十万人もの死傷者を出し、軍事費で多額の借金をしたイラクはさらに軍備を固め、今度は1990年にクウェートに侵攻しました。

クウェートにある石油資源を手に入れて、疲弊したイラク経済を復活させしようとしたんですね。

しかし世界中で非難されて経済制裁(貿易をやめたり、銀行を凍結させて取引しないようにして経済的に追い詰める事)が発動。

アメリカも軍事介入をして、ついに1991年に湾岸戦争が起こり、イラクは6週間後に撤退しちゃいます。

イラクが敗退した事によってイラク政府軍が弱くなったこの機会を逃すまいと国内にいたシーア派やクルド人と呼ばれる反政府軍が力をつけます。

しかしイラク政府軍はこういった反政府軍を化学兵器(毒ガスなどの事ですね。国際法で化学兵器の使用は禁止されています。)を使用し殺害しました。

これについて何度か調査がされ、アメリカがイラク国内でどんな兵器を持っているか査察団を派遣しようとしましたが、これをイラクは拒否します。

アメリカはイラクが大量破壊兵器を持ってる!と言う結論に達し、2003年にアメリカがイラクを攻撃してイラク戦争が始まり、イラクが負けたのです。

ここまで話すと、イラクは戦争ばっかしてんな・・と思った人もいるでしょう。

しかし、フセインと言う独裁者、イラクと言う国の存在は実は非常に中東とイラク国内のバランスを保っていた存在だったんです。

中東がなんでこんなに複雑で内戦や混乱が起こっているかと言うと、宗教と石油の利権がほとんどです。

そこに中東の国々から共通の敵としてイラクがいれば、目的が持てます。そしてイラク国内でも独裁的とは言えども国内の宗教対立や民族紛争も起こりにくくなります。

ちなみにフセイン政権では女性も比較的自由でした。(厳格なイスラム教だと女性が働いたり勉強はダメ)

2019101017485529b.jpeg


ではフセイン政権時代のイラクがわかった所で、今のイラクを見ていきましょう。

イラクが崩壊した後、勢力を伸ばしてきたのが「IS(イスラーム国)」と呼ばれる過激派集団でした。

ISは厳格なイスラム教(スンニ派)が正しいとして、イスラム法に沿った国を建国をする為に聖戦(ジハード)をして、領土を急速に拡大していった集団です。

イラクが戦争に負けて、新政府がまだ軌道に乗っていない状況下で米軍が撤退してしまった所を、狙ったのがISです。

厳格なイスラム教を守る集団なので、それにそぐわない場合は処刑したり、拉致や強奪などをして非常に手荒な手法を用いました。

イラク新政府はISの侵攻に非常に手を焼き、空爆を繰り返し行ったり、市街戦や爆破テロが起こってしまいました。

またイラク新政府がシーア派となった為、スンニ派との宗教対立が起きてしまっています。

イラク新政府の力がないので宗派を力で押さえつける事ができなくなってしまったのです。

今まではシーア派とスンニ派の方でもあまり気にせずに結婚した事もありましたが、今は相手の宗派を気にするようになっています。

こういった宗派争いやIS、新政府の脆弱性などによって国内の経済状況はほとんど良くなっていません。

こう言ったことから高い失業率と物価高によって国民の不満が起こりデモが発生しているのです。

これまでに治安部隊との衝突などで死亡した人の数は100人を超えました。

今後、状況が変わるかは不透明な状態です。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/10/10(木) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

日本と韓国でGSOMIAを破棄されたニュースをわかりやすく解説して下さい



日本と韓国の間にあった協定、GSOMIAを破棄したことを2019年8月22日に韓国が発表しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

20191003191517ddc.jpeg


GSOMIAとはジーソミアと読みまして、日本と韓国の「軍事情報包括保護協定」と言います。

一口に軍事情報と言っても様々なものがありますが、自国だけで秘密にする軍事情報や他国と共有する軍事情報などがあります。

例えば北朝鮮からのミサイルですね。
どこから発射し、どのような形で、どのくらいの飛行距離かなど、こう言った情報を共有するわけです。

日本と韓国では2016年11月23日に「秘密軍事情報の保護に関する協定」を結びました。

つまり2国間で軍事情報の秘密を共有する協定なんですが、実は日本と韓国は共にアメリカとも協定を結んでいるのです。

そして、このような軍事情報はアメリカが持っているシステムを主体にして、軍事情報を書き込んだり情報を共有するわけです。

GSOMIAのような協定は他の国でももちろんあるのですが、次のような重要な約束事があります。

「情報を提供された国は、情報を入手した国の許可が無い場合は第3国に情報を提供してはならない」

協定を結んでいない国には情報を提供した国の許可がなければ教えないよー、という事ですね。

GSOMIAは韓国から破棄されたのですが、GSOMIAが破棄されると、これがどういう状態になるか?

20191003191527e8c.jpeg


日本:「アメリカさん、すいませんが韓国が提供したあの情報教えて貰えます?」

アメリカ:「韓国の許可がなきゃ教えられへんわー、ちょい待ってな、韓国に聞いてくるわー。」

韓国:「日本が知りたいですと?ダメたい。これウチの軍事情報も入ってるから教えられんたい。」

アメリカ:「悪いけどダメやったわー。」

と言ったやりとりになって非常に面倒な事になるわけですね。

仮に情報を提供して貰ったとしてもアメリカが情報を加工してから日本に提供したりと、手間がかかったりもします。

緊急時でも時間のロスとなってしまいますね。

アメリカ国防総省では、韓国へGSOMIAの破棄撤回を求める考えを示しています。

韓国としても、日本が持つ軍事情報が欲しいのですが、日韓関係が改善されない限りは難しいようです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/10/03(木) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »