(世界難民の日)世界に難民の数はどのくらい?日本の難民の受け入れをわかりやすく解説して下さい。



6月20日は『世界難民の日』です。今回は世界難民の日が作られた経緯や難民の数、日本の難民への受け入れなどをわかりやすく解説したいと思います。



『世界難民の日』は2000年12月4日に国連によって作られた日です。

難民の日が作られたもともとの発端はアフリカに関係があります。
アフリカの中にあるいろいろな国で、紛争や民族対立や宗教対立などで国がぐちゃぐちゃになってしまっていたのを、それぞれの国を尊重し、平和的に解決していこうとアフリカの首脳達が集まって、『アフリカ統一機構』を作り上げました。

けれどアフリカだけでなく、難民は中東など世界に沢山いるということで、国連が深刻な問題と受け止めて、『世界難民の日』が作られたのです。

世界では様々な戦争や紛争が起こっています。
大きなものからメディアには発表されていないようなものまであり、はっきり言いますと実はどのくらいあるか正確にわかっていません。

今回は一部だけご紹介します。



シリア内戦
 2011年アラブの春という革命が起こりました。これは独裁政権を倒して民主化(民主主義のことですね。)をする革命でした。

チュニジアで最初に起こったのですが、他の国々にも革命が広がり、シリア国内でも起こりました。

シリアではイスラム教のアラウィー派に属するアサド大統領がおり、政治家も国の政策の仕方もアラウィー派で占められていたため、大多数がスンニ派に属する国民の不満が爆発し、2013年にアサド大統領が率いる政府軍と国民が率いる反政府軍で内戦が勃発しました。



南スーダン

自衛隊が平和維持活動をしていた事でよくメディアに登場していた南スーダンですがこの国はスーダンという国が宗教によって対立した為、南スーダンという新しい国を作り独立しました。

しかしせっかく独立したのに、今度は内部でまた紛争が起こりました。もともと独立の為に一緒に戦っていたキール大統領とマシャール前副大統領の二人が仲違いをして、この二人をメインに2013年7月に今度は民族紛争が起こってしまいました。

これ以外にもフィリピン、イエメン、ソマリアといった様に数えればキリがないくらいに世界では戦争や紛争が起こっています。

戦争や紛争で犠牲になるのが民間人です。民間人は自分の国が戦場になってしまったり、家族が差別や危険から逃れる為に難民となるのです。

難民の数は2016年では6560万人にものぼりました。この半分は子供と言われており、大人だけでなく子供達も救いを求めているのです。

日本では1981年に難民条約(難民を受け入れる条約)に加入し、難民を受け入れています。ただし日本ではあまり難民を受け入れていないのが実情です。

この理由はいろいろとあるのですが、異なる宗教や文化を持った人達を一度受け入れてしまった場合、現実的な対応が非常に難しくなるからです。

例えば、受け入れた難民はどこへ住んで貰うかという事や食べ物、宗教にも配慮しなくてはいけません。

戦火から逃れて来た難民はプレハブに泊まる事になると思います。最初は快適と思うかもしれませんが、やがては不満が溜まり、何かしらの対応が必要になります。

難民に仕事を与えなくてはなりませんし、援助する費用もかかります。中には難民と偽って別の目的の為に日本へ来るかもしれません。現にISIS(過激派組織)は難民に偽装して、兵士を送り込んだと声明を出しています。

難民を受け入れるという事は非常に大変なことなのです。

日本での2016年の難民認定申請者は10901人いましたが、難民認定した人はたった28人でした。

難民と認定するにも慎重にならざるを得ない為にこのように少ないのです。

今回は難民についてのニュースでした。

スポンサーリンク


自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/06/23(金) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

神社で砲弾が発見されていますが、なぜ砲弾が奉納されるのか理由をわかりやすく解説してください。



全国の神社で次々と砲弾が見つかりニュースとなっています。今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



みなさんももしかしたら近所の神社で大砲の砲弾を見たことがある人がいるかもしれません。
あるいは当たり前に置いてあり過ぎて、単なるオブジェとして目に留まらなかったかもしれませんね。

現代ではあまり考える人は少ないとは思いますが、日本ではいろいろなものに神が宿る「八百万の神」という考えがあります。
石であったり水であったり、日常的に使う傘や茶碗にも神が宿っていると考えられてきました。

そしてもちろん「鉄」にも神が宿っていると考えられていたわけです。
恐らく「八百万の神」から枝分かれしていったかと思いますが(詳細は不明)、この鉄に対しては「鉄器信仰」という信仰が広まりました。

鉄を作る際は必ず火を使いますよね?
火はご飯を作ったり、お風呂を沸かしたり、自然的なもので言えば噴火や雷火(ライカ)といったことで、これも信仰の対象でした。

この「鉄」と「火」が一緒になって作られた「鉄器」というのはやはり二つの神が作り出した特別なものに感じ「鉄器信仰」という形になったようです。

鉄器信仰があった当時、鉄で作られたものと言ったら何でしょうか?
そう、「刀」や「太刀」ですね。(まあ鍋とかもありますが)

刀は砂鉄と炭から「玉鋼(たまはがね)」というものを作り出し、これらを何度も火の中に入れてハンマーで叩くという工程によって作られます。
ですから火と鉄の関係は絶対にかかせませんし、恐ろしく手間隙をかけて作られます。

このようにして出来上がった刀は武士の魂というように神が宿る大変崇高なものとして奉られて、神社などに奉納されたりしました。
確かに今の時代でも博物館などで名刀を見るとなんだかゾワッと感じる(私だけ?)のはそういった先人たちの考えを受け継いでいるのかもしれません。

さて、神社にある砲弾というのも恐らくそういった「鉄器信仰」という信仰に基づいて奉納されたようです。
砲弾も鉄でできてますからね。

全国の神社にある砲弾は日清戦争(1894年~1895年)ごろからのもので、大変古いものです。
そのころはまだ、鉄器信仰が心の中に生きていたんでしょうね。

命を賭けて戦う当時の兵隊さん達も出兵前に神社などで戦勝祈願し武運長久(出兵した兵士がいつまでも無事でいるということ)を祈りました。

そして無事に帰ってきた時に、大昔の人達の信仰と同じように戦場で手に入れた戦利品を砲弾を神として奉り、神社へと奉納したというわけです。

日本の文化や信仰を考えさせられるものですね。

ですから転がして遊んだりするのは非常に無礼なことですし、何より爆発したら大変です。
中には信管(砲弾の弾頭や底についている点火・爆発させる装置)がついたままのものもあるそうなのでそっと眠らせてあげるか、気になったなら最寄の警察や神社の神主さんに言いましょう。

スポンサーリンク


自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/06/06(火) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

北朝鮮の核兵器保有と射程、ミサイルは日本に落ちるの?をわかりやすく解説して下さい



アメリカの科学国際安全保障研究所が北朝鮮で最大30個の核兵器を保有している可能性があるということを発表しました。
今回は北朝鮮の核兵器についてと本当に核ミサイルは日本へ飛んでくるのかというニュースをわかりやすく解説したいと思います。



「科学国際安全保障研究所」というのはアメリカのシンクタンクですね。
シンクタンクというのは様々な専門家を集めて、調査や研究を行って政府や企業に助言を行う調査研究機関のことを言います。
要は北朝鮮の核について研究や調査をしている機関です。

この機関が日本の射程内に落とせる核ミサイル「ノドン」を数個保有している可能性があると指摘しました。

まず北朝鮮にはこのようなミサイルがあります。

■スカッドミサイル
■ムスダン
■テポドン2
■大陸間弾道ミサイル
■ノドン

これらの名前は正式な名前ではないです。
というのは、北朝鮮ではこのミサイルをどのように呼んでいるかは不明なんです。

例えばテポドンなんかはアメリカ軍が北朝鮮を偵察した際に初めて新型のミサイルを発見し、ミサイルを発見した場所がテポドンだったのでこのような名前が付いているだけなんですね。

じゃあ、このようなミサイルの射程範囲はどのくらいかといいますと(これは本当にこの距離飛ぶのかは正しくは不明です。)、このくらいです。

■スカッドミサイル・・・1000キロ
■ムスダン・・・4000キロ
■テポドン2・・・6000キロ
■大陸間弾道ミサイル・・・(不明。アメリカ本土まで届く?)
■ノドン・・・2000キロ

距離にしますと例えばムスダンであれば日本は完全に射程範囲内に収まってしまいます。

では、ミサイルの射程距離はわかりましたが、核についてはどうでしょう?
よく「核ミサイル」と聞きますが、これは「ミサイル」に「核」を搭載したものを言います。

つまり、ミサイル単独だけではただのミサイルになってしまいますし、「核」単独では意味がありません。
ミサイルに核を搭載して飛ばして相手国で爆発してようやく威力を発揮するのです。

日本にも広島、長崎に原子爆弾が落とされましたが、あれも飛行機に核を搭載して落としましたよね。

ちょっと下の画像を見てみましょう。
金正恩最高指導者ととりまきがなんやら話をしていますが、この中央に丸いボールがあります。



これが北朝鮮が開発した核の大きさと言われています。
ですが、本当にこの大きさの核を開発したのかはわかりません。

このような大きさのものを開発している段階ですよと言っているのかも知れないですし、最終的にこの大きさのものを作りたいと話しているのかもしれません。
世界に脅威を示すために、わざとこのような写真を撮っているだけかもしれません。

いずれにしましてもミサイルに核を載せなくてはならないのですが、そこには核の大きさと威力が関係してきます。

写真のような大きさであればミサイルで飛ばすことは可能です。
しかし、核が小さいので威力はさほど出ません。

逆にもっと大きな核の場合は威力があっても、重くなってしまうのでミサイルで遠くに運ぶことができません。
ですから、最終的にどのくらいの大きさの核を持っているのかが不明ですので、核兵器の威力や核を搭載したミサイルの飛距離はよくわからないのです。

「科学国際安全保障研究所」の言う通り、核は持っているかもしれませんが、ミサイルに搭載して飛ばす技術部分がなんとも言えないのが今の状況ですね。

では核ミサイルは日本に飛んでくるか?の肝心の話ですがこれは本当に微妙な所です。

先程言いましたように、北朝鮮自身のミサイルに核を搭載する技術の話もあるのですが、日本やアメリカの防衛技術も関係してくるからです。

仮に北朝鮮が核ミサイルを飛ばしたとしましても、日本やアメリカではそれを迎撃するミサイルを保有しています。

日本では「PAC-3」や「SM-3」というミサイルを持っています。
専門家の間では議論が交わされており、迎撃可能という人もいれば迎撃が難しいという人もいますが、「PAC-3」の実験では83%、「SM-3」は89%ほどの成功率だったと言われています。

また、アメリカでは原子力空母(カールヴィンソン)やミサイル駆逐艦、巡洋艦、原子力潜水艦が北朝鮮に向けて出向しています。
これらも強力なミサイル迎撃システムを備えています。

核ミサイルが飛んできたとしても、打ち落とされてしまうのがやはり現実的なようです。

スポンサーリンク


自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/04/30(日) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

なぜ最近になって北朝鮮とアメリカの仲が悪くなっているのかわかりやすく理由を教えて下さい。



ここの所、急激に北朝鮮とアメリカの関係が悪化し、どうやら本当に戦争が始まるような可能性もでてきました。
なぜ最近になって急激にこのように悪化しているのでしょうか?今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。

20170415062800028.jpg

少し前に、朝鮮戦争についてお話ししましたが、再度簡単に復習をします。
朝鮮半島を巡って北が北朝鮮、南が韓国と北緯38度線を境に別れ戦争になりました。

1950年に始まった朝鮮戦争です。

北朝鮮は中国が支援(ロシアも物資の支援)、韓国は連合軍とよばれるアメリカとイギリスが支援して戦いました。

しかし1953年に戦争は一時休戦となったのですが、この戦争は現在も続いています。

北朝鮮は軍事国家です。
現在の北朝鮮最高指導者である金正恩(キム・ジョンウン)は世界に軍事力をアピールし、ミサイルを飛ばしたり核兵器の開発を進めています。

日本や韓国でもこの事に批判をしていますが、アメリカももちろん批判していました。
しかし、オバマ大統領時代はこの様に北朝鮮が軍事力をアピールしても強い態度には出ませんでした。

何故なら「戦略的忍耐」という作戦をしていたからです。
戦略的忍耐とは北朝鮮が核開発を放棄するまで、いくら北朝鮮がアメリカの関心を引こうとしても無視するという政策です。

北朝鮮がミサイルを飛ばしたりしてアピールするのは、アメリカが北朝鮮との協議をして、何らかの支援をさせるために行っています。
(また、北朝鮮の兵器を見せつける事によって、どこかの国が北朝鮮のミサイルを買うようにアピールしているのもあります。)

ただ、アメリカ側は完全に無視を決め込んでいますし、最初から北朝鮮と協議する気はありません。
北朝鮮としては、このような行動が頭にくるのでミサイルを飛ばしたりして挑発を繰り返し協議に持ち込むようにしているのです。

しかし、この無視をしていた作戦の結果、北朝鮮は核兵器の能力を上げ、今では核兵器を所持する国となってしまったのです。

この作戦は完全に失敗でした。
結果としては何もせずに傍観しているだけの行動となってしまったからです。

オバマ大統領に代わり今度はトランプ大統領が北朝鮮問題に取り組む事になりました。
トランプ大統領はこの戦略的忍耐の作戦に対してかねてから否定をしておりました。

ではトランプ大統領はどんな作戦を考えていたかといいますと、こんな作戦を考えていました。

「力による平和」

つまり武力を使って平和を手に入れるやり方です。

オバマ大統領の時と変わって過激な方法ですね。
ですからここにきて急激に北朝鮮とアメリカの悪化が目立つようになったのです。

20170417085233414.png

仮に戦争が始まった場合はどうなるか?
これは難しい所ですがいろいろなケースが考えられます。

ケース1. ロシア中国が支援する場合
ロシア中国が北朝鮮を支援して戦う事になりますとこれは一番ヤバイケースです。
第3次世界大戦となり恐ろしい戦いになります。

ケース2.ロシア中国が傍観するだけ
北朝鮮だけが単独で戦うケースですが、どう考えても北朝鮮が勝つとは考えにくいです。
ですから北朝鮮の最終手段である核兵器を使うことのは大いにありえます。

これらは簡単なケースとして上げましたが、アメリカと北朝鮮が戦争をした場合に日本がこのまま戦争に巻き込まれないで済むケースは難しいでしょう。

アメリカが戦争を始めた場合は何らかの支援をしなくてはなりません。
おまけに日本ではアメリカの様に仲が良い国が攻撃された場合は集団的自衛権を行使して戦う事になりました。

アメリカと北朝鮮の戦争に関しては日本にとって対岸の火事では済まされません。

スポンサーリンク


自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/04/16(日) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

スウェーデンで徴兵制が復活したというニュースをわかりやすく解説してください。


スウェーデンが情勢の変化を受けて徴兵制を復活させることになりました。
今回はこのニュースを詳しく解説していきたいと思います。

20170304064255ade.jpg

徴兵制度は国家が国民に対して強制的に兵役を義務付ける制度です。

世界には兵役を務めなくてはならない国がたくさんあります。
どのくらいかといいますと大体半分くらいの国で徴兵制があります。思っている以上に多いですね。

ただ、この徴兵制度は少しずつ廃止されたり、宗教や家庭の事情といった事で免除になったりと緩くなって来ているようです。

日本でももちろん戦前は徴兵制がありました。
第二次世界大戦では「臨時召集令」と呼ばれる、いわゆる赤紙が交付され、交付された人は戦争へ行かなくてはなりませんでした。(戦後に廃止されています。)

韓国では19歳から29歳の間に2年間の兵役があります。
今は韓流ブームではないので流れませんが、日本が韓流ブームだった時は韓流スターが兵役のために一度芸能活動を中止するという話題が上がったりしていました。

タイではなかなか面白いです。
くじ引きで空軍、海軍、陸軍、そして免除者が決まっていきます。
海軍がその中でも一番キツイので海軍だけは嫌がるそうですね。

さて、日本では現在徴兵制というものがありませんが、徴兵制を設けている国、設けていない国の違いは何でしょうか?

それは、「強力な軍隊を持って自分の国を守っていかなくてはならない」と危惧しているかしていないかです。

日本は昔から他国から攻められた歴史がほとんどといってよいくらい皆無の国ですので、あまり理解できないかもしれませんが、多くの国では他国から侵略された歴史を持っています。
その為、自分の国を守るという意識が非常に強いのです。

今回ニュースに上がっているスウェーデンも同じです。

スウェーデンと言えば「中立国」として有名です。どこの国の見方でもありませんという国ですね。
しかしながら、スウェーデンではかつて戦争によって、辛酸をなめるような結果となっていたのです。

例えば1700年から1721年にかけて行われた大北方戦争(だいほっぽうせんそう)という戦争が行われました。
しかし戦いに負けてロシアにバルト海の東・南岸の大部分を奪われてしまいました。

1808年から1809年に行われたフィンランド戦争もそうです。
この戦争後にロシアと講和条約(戦争を終わらせるための条約のことです)を結びましたがロシアへと広大な領土を譲り渡すことになってしまいました。

こういった経緯もあり、スウェーデンでは自分の国を守るために、そして世界の中立国であるとして強力な軍事力を必要として徴兵制を取っていました。
しかし、その後2010年に徴兵制度は廃止されていたのですが、今回徴兵制度がふたたび復活されました。

原因はロシアです。

今までの歴史を見てきたとおり、ロシアとスウェーデンはあまり仲がよくありません。
2013年にはロシアは軍事演習を行いましたが、スウェーデンの核攻撃を想定した軍事訓練もしています。

また以前(2014年)にロシアがクリミアを侵攻した事からも、スウェーデンは非常にロシアを警戒しています。
軍事費も2014年だったころは5800億円だったものが2015年には6000億円、これから2020年までには7500億円ほどの予算を設けています。

自分の国を取り巻く環境というのが非常に変わってきているのです。

こういったことで、スウェーデンで来年2018年から徴兵制を復活させて、国民を兵役につかせることとなったのです。
来年1月には4000人が兵役につく予定となっています。

スポンサーリンク


自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/03/04(土) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »