超党派議員とは何?ロシアの超党派議員が北朝鮮へ訪朝する理由をわかりやすく解説して下さい。



ロシアの超党派議員が26日に訪朝致しました。今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



まず、超党派議員という言葉から見ていきましょう。

日本には社民党やら自民党といった政党がありますよね。もちろんロシアにもあります。

ロシアの最大の政党は『第一ロシア』という政党です。日本では安倍首相が自民党に所属していますが、プーチン大統領が所属している党がこの第一ロシアという政党です。

実に国会議員の7割弱を占めている大きな党です。
続いて共産党、自由民主党となります。

しかしこのような政党に属してはいるものの全ての議員さんが所属してる政党の考えと一致しているわけではないですよね?

「所属してる政党のやり方はおおむね理解はできるけど、一部はちょっと違うなぁ・・」と思ったり、「このようにして行きたい!」と思ったりするわけです。

そうやって一部、自分と同じような考えや目標を持った議員さん達が集まり、政党という枠を超えて何かしらの行動を取っていくのが『超党派議員』と呼ばれる議員さんです。
(日本でも超党派議員というのはおりますよ。)

ではロシアの超党派議員は何故北朝鮮に訪朝する事となったのでしょうか?

それはアメリカへのけん制のためだと言われています。

今、アメリカは北朝鮮との対立を深めています。
その為に北朝鮮の周りにミサイルをもっと設置したいし、海には空母や原子力潜水艦を配置したいと考えています。

いざ北朝鮮がミサイルなどを発射した場合に直ぐに対処したいからです。

そこでアメリカと関係がよい韓国にはアメリカのミサイルが既に設置されているのですが、アメリカがさらにミサイルを設置したりすると今度は周辺国にとって脅威となってしまうのです。

周辺諸国、それは中国やロシアです。

両国は北朝鮮と仲良くしてはいますが、アメリカとはあまり仲が良くありません。

アメリカは北朝鮮のけん制としての目的で軍備を進めているのですが、一方ではミサイルを設置したり軍備を整えたりするのはロシアや中国へのけん制目的でもあったりするのです。

そこでロシアの超党派議員は北朝鮮を訪問し、「ロシアと北朝鮮は仲が良いですから、北朝鮮の為にミサイルを置いたり、軍備を拡大するのはロシアにも喧嘩を売ってますよ。」

と言ってアメリカをけん制してるわけですね。

今回はこのような事がニュースとなっているのです。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/11/29(水) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

ムガベ大統領は何故辞任をしたのかわかりやすく解説して下さい。



ジンバブエのムガベ大統領が辞任を致しました。
今回は何故辞任をしたのか?とジンバブエの背景を含めて解説したいと思います。



まずは地図でジンバブエがどこにあるか確認をしましょう。



アフリカ大陸の南部にある国ですね。
ジンバブエといったら100兆ジンバブエドル札などが発行されたハイパーインフレで有名の国ですね。
お金の価値が無く、リンゴ一個買うにしても風呂敷一杯の札束が必要な国です。(今はアメリカのドル札を代用しています。)


今のジンバブエという国名はもともと13世紀〜14世紀に栄えたモノモタパ王国の都の名前から来ています。
しかし、ジンバブエはかつて「南ローデシア」と名前が変わってしまった時代があるのです。

19世紀になりますと多くの白人がアフリカへ進出して金鉱山などの採掘を行う様になります。

このジンバブエも同じように白人が進出して、一方的に南ローデシアと言う名前をつけて、ついにはイギリスの植民地となってしまいます。

黒人の方達はこれによって多くの迫害や人種差別を受けた事は言うまでもありません。
ムガベ大統領はこの南ローデシアの独立に活躍した人物です。

ムガベ大統領は黒人の解放を望むジンバブエ・アフリカ同盟の代表で1980年、見事にイギリスから独立を果たし、ジンバブエの首相となります。

この時ジンバブエの政治形態はイギリスの政治形態である議院内閣制(日本の政治形態ですね。議会が首相を決めたり首相が閣僚を選んだりするやり方です。)を用いてました。

その時にいた大統領というのは、カナーン・バナナという大統領です。

しかしその後、1987年に第2代大統領としてムガベ大統領が誕生します。
が、ここで政治形態に変化が起きます。

議院内閣制から「大統領制」に変わるのです。

大統領制はアメリカなんかがそうですよね。
大統領は国民の選挙によって決められ、大統領に非常に強い権限が与えられます。

そして37年間に渡り(もちろん大統領制ですから選挙によって選ばれるのですが何度も再選しています。)ジンバブエの大統領を行ったわけです。

ムガベ大統領は多くの国から独裁的な大統領と呼ばれていました。何故、ムガベ大統領は独裁的と呼ばれていたのでしょうか?

ムガベ大統領の年齢は93歳。
なんと辞任するまでは世界最高齢の大統領でした。
ムガベ大統領は黒人と白人との融和政策に努めたり、教育の水準を上げたり乳幼児死亡率を減らしたりと、なかなか良い功績を持っています。

しかし2000年代に入ると独裁的と呼ばれて非難されるようになります。

何故こんな事になってしまったかと言いますと、一番のきっかけは白人の農場主から土地を強制的に回収して黒人の労働者に分配した事でした。

これをきっかに欧米諸国との関係が悪化して、独裁者と呼ばれるようになるわけです。

はい。
ちょっと一旦中断して、ここまでのジンバブエの背景を踏まえた上で、ムガベ大統領が行なった行為を考えてみましょう。
いろんな意見があるかと思います。

さてその後、欧米諸国から経済制裁をされてしまいます。経済制裁というのは対象となった国と貿易を断ったり、銀行とのやり取りを行えなくしてしまったりする事です。

これによってジンバブエの経済に深刻なダメージを与えられ、なんやかんやありまして、冒頭でも話したようなハイパーインフレ国となってしまいました。

ムガベ大統領は白人に対しても非常に敵意を持っており、白人への言動や国の政策に失敗した(これは大統領)にも関わらず37年間に渡って大統領をしているという事で独裁者と呼ばれていたのです。

ただ、同国ではムガベ大統領を尊敬している国民も多くいらっしゃいますし、反対している国民もいます。

実は今回大統領が辞任したのは、国民が総結して大統領を辞めろ!といって辞めたわけではありません。自ら率いていた与党の考えが異なり分裂してしまったのです。

そして、分裂したムガベ大統領反対派とジンバブエの軍がムガベ大統領を辞任するよう求め、そして11月21日、37年間務めた大統領の座を自ら降りたのです。

今回のニュースはこのような事を言っているのですね。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/11/22(水) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

日本が核兵器禁止条約に参加しない理由をわかりやすく解説して下さい。



バチカンで核兵器廃絶と軍事的な事を縮小させていく事を目指す国際会議が開かれました。
今回は何故日本が唯一の核被爆国にも関わらず、核兵器禁止条約に参加しないのかをわかりやすく解説したいと思います。



今年(2017年)7月7日にこのような条約が採択(取り入れるかどうか決める事になり、取り入れる事になった)されました。

『核兵器禁止条約』です。

これは核兵器の使用はもちろんの事、開発(実験など)や保有、そして核兵器を他国に渡す事を禁止したり、核兵器を保有している国の廃棄規定に関する事を記載した国際条約です。

この条約に国連加盟国193ヶ国の内、122ヶ国が賛成をしました。
しかし、約40ヶ国はこの国際会議に反対する所か参加さえもしませんでした。

参加しなかった国・・それは核兵器保有国でした。
アメリカやロシア、イギリス、中国、インド・・と言った国々です。

では日本はどうしたか?と言いますとお察しの通り、日本もボイコットをしました。
みなさんもご存知、1945年8月に二発の原子爆弾を落とされたにも関わらずです。

何故日本は参加しなかったのでしょうか?

まずは日本の立場を見てみましょう。
日本はアメリカと『日米安全保障条約』という条約を結んでいます。

日本が攻撃を受けた場合は友好国であるアメリカが一緒に戦ってくれると言うものです。
これは核攻撃された場合も同じ事が言え、攻撃した相手国にアメリカの核ミサイルが飛んで行くわけです。

つまり日本は日本に核ミサイルが無い代わりにアメリカの核ミサイルによって守られているわけです。
このように核保有国に働く抑止の機能を非核保有国に及ぼす状態を『核の傘』と言います。

そうしますと、もし日本が「核兵器を無くそう」と言ってしまうと、アメリカの核ミサイルに守られているのに何を主張しているんだ!とこうなってしまうわけです。

場合によってはアメリカの日米安全保障条約を見直す事になってしまうかもしれません。特に今はトランプ大統領がアメリカに守って欲しけりゃ金を払いなさいと言うスタンスです。

これが理由のほとんどを占めます。

次に条約の『実現性が低い』というのが挙げられます。まず、核兵器を今すぐ完全に無くすなんて事はほぼ不可能に近い事です。

借りに北朝鮮製以外の国が核兵器を廃棄したとしたらどうなるでしょう?
世界は北朝鮮製の言いなりとなってしまいます。

そう、核兵器とは互いの国が存続する為の抑止力として存在しているわけです。

ですから核兵器を簡単に廃棄なんて話はそもそも土台無理な話の為、日本も実現性が低すぎる国際会議に参加をしなかったわけです。

最後に『核兵器保有国が参加しなくては意味がない』という事です。
この核兵器禁止条約は核兵器を保有している国に対して有効的な条約です。

結局、核兵器を保有していない国々が集まったとしても大した意味がなくなってしまうわけです。

もちろん、どこの国がこの国際会議に出席するかは事前にわかってますから、日本としても参加するメリットがなかったわけですね。

こうして被爆国であるにも関わらず日本は参加しないという選択肢をとったわけです。

日本の被爆団体は日本も参加するよう求めています。

今回はこのような事がニュースとなっているのですね。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/11/12(日) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

アメリカがカスペルスキー製品を排除する理由をわかりやすく教えて下さい



アメリカ政府内でカスペルスキー製品の情報システムを撤去するようにする動きがあります。
今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



諜報活動、いわゆるスパイは世界にどのくらいいるでしょうか?

スパイと呼ぶと秘密めいた感じになりますが、いろいろな国の情報を掴むための活動は世界中で行われております。

アメリカでは中央情報局『CIA』が有名ですよね。
ロシアではロシア連邦保安庁『FSB』と呼ばれている、ソ連時代にKGBと呼ばれる諜報部に変わって作られた組織があります。

日本でも内閣情報調査室(CIRO サイロ)と呼ばれる所に200人ほどの職員が働いています。

各国には必ずと言ってよいくらい、このようなスパイ部隊が存在して、毎日情報を収集しています。

もちろんどのように情報を収集しているかは秘密です。表向きはスーパーの定員かもしれませんし、商社のビジネスマンかもしれません。

このニュースも同じ事で「スパイ活動をしているんじゃないか?」という疑いによるものですね。

カスペルスキーとはコンピューターのセキュリティ会社の事です。
ウイルス対策ソフトなどを販売している会社でして、1997年に設立され、ロシアのモスクワに本社があります。

このカスペルスキーのセキュリティソフトに対してアメリカは懸念を抱いたわけです。

アメリカの重要な政府機関のパソコンの一部には、このカスペルスキー製品が使われています。
もしこれがただのセキュリティソフトではなかった場合どうなるでしょう?

コンピューターには様々な脅威があります。
例えば、ネットワークを経由して遠隔操作する『ボット』というものや、内部から秘密裏に重要なデータを抜き出して相手先に送る『スパイウェア』 と言ったものがあります。

これらをまとめて『マルウェア』と呼んでいます。

アメリカ政府では、この様なプログラムがカスペルスキー製品には実は入っていて、カスペルスキー社とロシア政府が連携を取ってアメリカの重要な情報を収集しているんじゃ?
いや、カスペルスキーで集めた情報をロシア政府が秘密裏に盗んでいるんじゃ?

・・と疑っているわけですね。

そこでアメリカはカスペルスキー製品を重要な政府機関のどこで使われているのか30日以内に特定して、90日以内に使用中止するようにしたわけです。

カスペルスキー社側は政府とのは何のつながりもないですよと否定しており、政府の諜報活動を手助けすることもありませんと否定しています。

今回はこのような事がニュースとなっているのですね。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/09/15(金) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

何故スペインのカタルーニャ州は独立をしようとしているか理由をわかりやすく解説して下さい



スペインのカタルーニャ州が独立をしたいという声がここ最近盛んに起きています。
今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



まず問題です。
スペインの首都ってどこでしょうか?

わからない・・は置いておくとしまして、バルセロナと言う方やマドリードと言う方もいるかもしれません。

ちなみにここで私がどちらかを選んで断言した場合は恐らくサイトが炎上します。(日本語のブログなので大丈夫でしょうが。)

答えとしては『形式上として第1の首都がマドリード、第2の首都がバルセロナ』という答えが1番無難な答えかと思います。
なんでこんな事になっているのでしょうか?



スペインという国は実はかなりの他民族国家として有名な国です。
バスク人、カタルーニャ人、アンダルシア人・・と言った民族が同じスペインに住んでいます。

それもそのはず。
スペインはいろんな国家が入り混じって作られた国だからです。

このまま歴史を書いて行くと非常に内容がわかりにくくなってしまうので、簡単に言いますとスペインという国を継承する民族戦争があり、そこで先のような民族同士が戦ったわけです。

そして民族が敗北したり勝利したりという歴史があるのです。しかしスペインという国の中でそれぞれの民族は根絶やしになる事はなく、生き残り、そしてそれぞれの民族のアイデンティティを持って今もスペインの国で生きているのです。

サッカーに詳しい人はわかるかもしれませんが、同じスペインの国内にあるチームなのにバルセロナとマドリードは仲が非常に悪いですよね?

これはバルセロナを首都としているカタルーニャ人、マドリードを首都としているスペイン人(カスティーリャ人)という民族が
いるからなんです。

スペインでは1947年からフランコ政権時代という歴史があり、その時からスペイン人を優遇してカタルーニャ人を弾圧してきた歴史があり、今もスペイン人はスペイン人を優遇する考えがあり、カタルーニャ人はその優遇に憤りを感じています。

その為カタルーニャ人はスペインという国の枠に囚われず独自の文化を持っています。

面白い事にバルセロナには英語・スペイン語の他に彼らの言語であるカタルーニャ語が表記されていて、カタルーニャ語が独自に使われています。

おまけに街の作りもバルセロナとマドリードの雰囲気は違いますし、カタルーニャには専用の国旗があります。
なんと同じ国内なのに違う国旗があるわけです。
つまり、それだけ民族意識が高いわけです。





サッカーも民族戦争の代理戦争としているので、あんなに敵対心むき出しのサッカーの試合となっているのですね。

この考えにスペイン政府(マドリードを首都とするスペイン人)は危機意識を持っていて、カタルーニャ語を禁止するような処置を過去に行ったり、今でもよく思ってはいません。

さて、ここ最近になってカタルーニャ州が独立を目指す動きが激しく起こっています。

これは2014年頃から特に盛んに起こり始めたのですが、その時にカタルーニャで独立の是非を問う住民投票が非公式の形で行われたのです。
この時に国民の8割が独立を支持しました。

やはり過去にスペインの継承戦争に負けましたし、弾圧から解放されたいという気持ちが強く、独立をしたいのです。

それから今度は2015年に州の議会選挙が行われました。この時は独立派がぎりぎりで議会の過半数を超えました。

こうなって来ますとますます独立運動が激しさを増したのです。

カタルーニャ州が一つ独立するというのは非常にスペインにとっては痛手です。
というのはカタルーニャは平均GDP(国内総生産(自分の国で生産・消費する割合で国民の豊かさの一つの指標となる))が高い地域なのです。

スペインにとっては独立されてしまうと、経済的にも痛手なのです。
けれどスペインはカタルーニャ人を良く思ってはいない・・なんとも難しい国家です。

カタルーニャは来月、10月1日にカタルーニャの独立を支持するかどうかの住民投票をするという方針を固めました。

スペイン政府側は住民投票は認められないとして裁判所に法律を無効にする訴えを起こす構えです。
しかしカタルーニャ州の首相は、裁判所の判断にかかわらず住民投票を強行すると言っています。

今回はこんな事がニュースとなっているわけです。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/09/08(金) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »