FC2ブログ

アメリカ国内で生まれた人がアメリカ国籍になる制度(出生地主義)を廃止するニュースをわかりやすく解説して下さい



アメリカ国内で生まれた子に自動的にアメリカ国籍を付与する制度を廃止する大統領令を検討している事がニュースとなっています。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

20181101200955e3f.jpeg


アメリカの憲法ではこのような事が決められています。

『アメリカで生まれ、また帰化した人は、アメリカ合衆国の市民である』

つまりアメリカで生まれれば親がアメリカ人ではなくても、アメリカ国籍を取得する事が出来るのです。

このように、ある国で生まれたら、そのある国の国籍を取得できることを「出生地主義(しゅっしょうちしゅぎ)」と言います。

反対語として「血統主義」と言う言葉があります。

どこで生まれても、父または母の国籍を与えると言うものです。日本は血統主義ですね。

数としては出生地主義の方が少ないですが、国によっては両方を取り入れていたりもします。(条件がついていて、どちらかが採用されます。)

ちなみにもし日本人が、アメリカで出産をしたとします。こうなりますとアメリカの国籍、そして日本国籍も取得する事ができてしまいますね。

つまり二重国籍です。
この場合、日本では22才になる前にどちらの国籍を取るか選択するように決まっています。

ではなぜアメリカは出生地主義にしてきたのでしょう?
これはアメリカの歴史に関係があるのです。

アメリカは植民地でしたが、やがて独立をします。
まだまだ当初のアメリカは新興国。人口も少ないですから、当然経済力もありません。

ですから人口を増やす為に出生地主義にして、様々な移民を受け入れ易くしていたわけです(というかせざるおえない状況)。仮に血統主義にしていたら大変な事が起こります。

国籍を持たない人が大勢増えてしまい、国籍を持てないですから自国に帰ってしまったり、お金を自国にいる家族に送ったりしてしまい、アメリカの経済力は上がりません。

そういうわけで出生地主義をアメリカはとり続け、人口を増やし、経済力を上げ現在に至るわけです。

20181101201003681.jpeg


所が先進国となったアメリカで現在も出生地主義にしていたら不都合が起きたのです。


「アメリカ国籍を持たない移民が大量に押し寄せてきて、アメリカで子供を産む」と言う行動が問題になってしまったのですね。

アメリカは他国に比べて景気が良く仕事があります。

景気の悪い国から景気の良いアメリカに不法に入国して故意に出産をしてしまえば、子供にアメリカ国籍をが与えられます。

しかも子供にアメリカ国籍を持たせると、今度はその子供が成人年齢に達した場合は家族の永住権を申請することができるのです。

つまり、親もアメリカ国籍を取得する事ができるのですね。

そうなれば自動的に公共サービスや社会保障を受けられるようになるわけで、これにトランプ大統領が怒っているわけです。

移民問題で既に怒っていて、さらにアメリカで産まれたらアメリカ国籍となってしまうこの問題・・。

そこで大統領令で出生地主義を撤廃してしまおう!
と検討し出したのです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/11/01(木) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

アメリカがロシアとのINF(中距離核戦略全廃条約)を破棄する理由をわかりやすく解説して下さい




アメリカのトランプ大統領がロシアとのINF(中距離核戦略全廃条約)を破棄する考えを表明しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

20181022193108496.jpeg


INFと言うのはIntermediate-Range Nuclear Forces Treatyの略称です。
日本語では「中距離核戦略全廃条約」と言っています。

ミサイルには様々な種類がありますが、ミサイルの射程距離で大体4つにわかれてこのように呼ばれています。

●大陸間弾道ミサイル
5500キロ以上
●中距離弾道ミサイル
2400〜5500キロ
●準距離弾道ミサイル
800〜2400キロ
●短距離弾道ミサイル
150〜800キロ

※射程距離の数字は報道によって多少バラツキがあります。きっちりこのように分かれているわけではないです。

大陸間弾道ミサイルは北朝鮮のミサイル問題で話題になりました。大陸間弾道ミサイルを「ICBM」と言う言葉で報道していたのを覚えてますかね?

北朝鮮が核開発に成功し、かつICBMの開発も成功したので脅威となり、世界中で北朝鮮の核問題について話し合われました。

どのミサイルが一番怖いか?と言われますと、一概にコレ!とは言えません。と言うのはミサイルとはミサイルに搭載するモノによって脅威が変わるからです。

確かに射程距離の長い大陸間弾道ミサイルは遠い国まで届きますが、これがただの爆弾を積んだミサイルでしたら被害は少なく済むかもしれません。

逆に距離の短い短距離弾道ミサイルに核兵器を積んで爆発させた場合は、こちらの方が被害は甚大です。

ミサイルとはミサイルに搭載するモノによって被害の大きさが変わるわけですね。

さてINF(中距離核戦略全廃条約)とは500キロから5500キロ程の射程距離を持つミサイルについて、アメリカとロシアの間で削減・破棄しましょうと言う約束です。(開発もダメ)

20181022193118794.jpeg


1987年にアメリカのレーガン大統領とロシア(この時はまだソビエト連邦でした。)のゴルバチョフ大統領が調印(重要な取り決めを交わすこと)しました。

なんで両国がこのような調印をしたかと言いますと、アメリカとロシアの間で起こっていた冷戦ですね。

ロシアの社会主義思想とアメリカの資本主義思想がぶつかり、二国間だけでなく、様々な国が巻き込まれて第三次世界大戦も起こりそうな緊張が続きました。

そして両国でミサイル開発が行われ続けていましたが、ゴルバチョフ大統領から積極的にINFに歩み寄り、両国で合意されたのです。

これにより、ロシアとアメリカの緊張が緩和されたのです。

20181022193129fe4.jpeg


では何故いまINFを破棄するとアメリカが言っているのでしょうか?

きっかけはロシアが2014年に条約に違反して地上発射型巡航ミサイルを開発していると言う事でアメリカが批判した事に始まります。

ロシアは否定していますが、もし条約に違反していたらロシアが悪い!と、思うかもしれません。

が、事はそう単純な事ではないのです。

INFについてロシアは2005年頃から疑問を持ち始めました。

というのは中国やインドと言った国が軍事力を強化し始め、さらに他の国でもミサイル開発や核開発を行い始めたからです。

結局、北朝鮮はICBMの他に核兵器も保持してしまいましたよね?

アメリカとロシアでINFに調印してバカみたいに守ってて、そんな事してるウチに他の国が軍事力を強化して、非常に脅威となってんじゃん。

これじゃあ他国のミサイルや核兵器がロシアにとっても脅威やん・・。こんなん守ってられんわ・・。

そしてロシアは「他国が中距離弾道ミサイルを作るならロシアはINFから脱退する」と、示唆し、アメリカはロシアが密かにミサイル開発をしてる!と批判したのです。

ロシアが本当にミサイル開発をしてるかはわかりませんが、でもコレはアメリカにとっても同じように脅威な事です。

現に北朝鮮が核を保持した事でアメリカと北朝鮮で一時期、緊張状態が続きました。

だからアメリカにとってもINFはちょっと邪魔な存在。

そこで「ロシアが約束破ったから、じゃあアメリカもINFは破棄する!」・・といい具合な理由ができて、ロシアを悪者扱いして言えたのかもしれませんね。

まあとにかくアメリカはロシアがINFを破ったからアメリカはINFを破棄すると言うのが理由とされています。

これによって、両国のミサイル開発が懸念されています。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/10/22(月) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

ボリビアとチリの太平洋の出口についてをわかりやすく解説して下さい



ボリビアが太平洋の「出口」をめぐり、チリに交渉に応じるよう、国際司法裁判所に訴えました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。

20181004120901b59.jpeg


今回のニュースに関係する国は、主役のボリビア、チリ、脇役のペルーです。
ちょっと位置関係を見て見ましょう。

20181004120929e05.jpeg


この三国が隣接しており、よく見るとボリビアだけが海に面していません。
これがこのニュースのキーですね。

この三国は実は昔、戦争をしていました。
その名も「太平洋戦争」です。

日本の第二次世界大戦を太平洋戦争と呼びますが、この戦いも太平洋戦争と言います。
チリがペルーとボリビアに戦線布告して、1879年から1884年まで続きました。

三国が戦争をする前はヨーロッパの植民地となっていましたが、1818年頃からチリ→ペルー→ボリビアの順に独立をしました。

ボリビアは現在、内陸部しかありませんが、昔から海に面していなかったわけではありません。

建国当時はチリにあるアタカマ砂漠がある辺りでボリビアとチリで土地を分け合っていました。

太平洋側に400キロメートルに及ぶ海岸線があり、12万平方キロの土地があったのです。

2018100412092153e.jpeg


この辺りでは硝石(しょうせき)と言う、硝酸カリウムから出来ている鉱物が取れました。グアノとも言います。

硝石は火薬の材料にもなりますが、その当時は農業用肥料として珍重されていました。

ヨーロッパから独立した三国。硝石もあるし順風満帆じゃないの?と思うかもしれませんが、全ての国がそううまくはいきませんでした。

うまく行っていたのはチリ。
実は硝石はチリの企業がペルーやボリビアに進出して、チリの企業が硝石を主に取っていたのです。(勝手に取っていたわけではなく、もちろん契約して)

20181004120911169.jpeg


ペルーとボリビアは経済的にうまくはいかず、特にボリビアでは大統領も無能だったようで、トラブル続出。

ボリビアではインフレ(お金の価値が無くなり、物価が高くなる現象)となってしまいました。その為、大事な鉱山などもチリに売ってしまいます。

ペルーもボリビアもお金がありません。

そこでチリだけがうまく行ってしまったので、ペルーとボリビアは密かに協力し合います。

ペルーは自分の国で硝石を取っているチリ企業を接収(国などの権力が所有物を取り上げてしまうこと)しちゃいます。

「契約してチリ企業がウチの硝石を取ってるかもしれないけど、硝石はペルーの資源だから。取るならお金を払いなさい。」と、ペルー。

ボリビアは硝石を取っているチリ企業に対して、ボリビアに収める法人税を高くして、税金を取り始めます。

チリからしたら、急になんやねん!!
と怒ってしまいますよね。

そして、ついにはチリが戦線布告して戦争となってしまったのです。

ボリビアとペルーは勝てる!と最初は考えていました。

が・・チリは強かった。
あっという間に首都を占領して5年間の戦争で勝利しました。

この戦争によってボリビアは海岸線の土地を奪われてしまい、現在は内陸部しかないのですね。

ただこのままでボリビアが港も使えないとなると困ってしまうので、チリに使用料や税金を払ってチリ領の港を貸して貰っているのです。

ボリビアは毎年3月23日を海の日として、海を取り戻せ運動をしています。

そして、ここ最近になってボリビアが国際司法裁判所にチリの海岸線を返して貰うように訴えたのです。

国際司法裁判所は国連の司法機関で、国同士の紛争について裁判したりする所です。

しかしながら、「チリが交渉する義務はないですね。」と、国際司法裁判所でボリビアの訴えを棄却しました。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/10/04(木) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

ロシアの石油会社「ロスネフチ」が損害賠償を求めたニュースをわかりやすく解説して下さい




ロシアの国営石油会社「ロスネフチ」が日本とアメリカに1500億円余りの損害賠償を求めていました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

201810021153259f4.jpeg


まずはロシアの国営石油会社「ロスネフチ」について解説していきましょう。

国営石油会社と言うのは国が出資をして経営や管理をしています(民間の企業ではない)。石油の産出国では大部分の国で国営にしています。

やはり石油は「資源」ですから、民間の企業に託すような事はせずに、国が様々な方針を固めて経営や管理して行く方が動きやすいからです。

ロスネフチはソ連時代(当初はロスネフチェガス)から続いている大きな石油会社です。(1991年に設立)

傘下には石油を生産したり、精製(原油を加工してガソリンや灯油などを作ったりする)したり販売する子会社があります。

ちなみにロシアの石油埋蔵量は世界第6位です。また天然ガスに至っては世界第1位の資源大国です。

そんなロシアの石油や天然ガス資源をロシアと共同で掘り出しましょうと言うことになったのが、「サハリン1」と言うプロジェクトです。

サハリンとは日本で言う、樺太島の事です。
樺太島は日本とロシアで様々な因縁があった島ですね。

20181002115334d28.jpeg


一時期は日本とロシアで取りっこして、半分こする事になったんですが、ロシアが後に実効支配。

日本は北方四島(国後島、択捉島、歯舞島、色丹島)は返還の対象としてますが、いろいろあって樺太島に関しては返還対象としていないスタンスです。

サハリンで眠っている石油と天然ガスの共同開発は、1995年から始まり、2003年に本格的に海底油田の掘削作業が始まりました。

関わった企業は5社でアメリカのエクソンモービルの子会社と、日本の政府と民間会社(丸紅や伊藤忠商事など)が出資するサハリン石油ガス開発(SODECO)。

そして、インドの国営企業のインド会社石油天然ガス公社(ONGC)、ロスネフチ子会社2社が出資して共同開発をしました。

所がここ最近になって、国営石油会社のロスネフチが5社に対して訴訟を起こし、総額1570億円の支払いを命じました。

なぜこんな事になったか?ですが、実は詳細は公表されていません。

が、権益の問題だと言われています。ロスネフチが管轄する掘削場所から流れ出た石油を他の会社が採掘して利益を得た事によって訴訟が起こったと言うわけです。

地下に溜まっている原油と言うのは湖みたいに溜まっているわけではありません。
地下の泥や岩石の中に存在しています。

地下には圧力がかかっており、そこに掘削機を入れると圧力で噴出するのです。

ですが地上から掘削すると圧力がかかっていない場合もあり、その場合は水や水蒸気を送り込んで圧力を加えて取り出します。

地下の原油の状況は専門家でも難しいのですが、、5社は「地下で原油が逆流することもある」と反論しました。

ですが、結局は1500億円の訴訟に対し5社合わせて260億円払う事で落ち着きました。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/10/02(火) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

ドイツとロシアを結ぶガスパイプラインにアメリカが反対しているニュースをわかりやすく解説して下さい



ドイツとロシアの間で「ノルド・ストリーム2」のガスパイプラインの工事が進み、アメリカ(トランプ大統領)が反対しています。

今回はこのニュースをわかりやすく解説していきます。

20180914204110bfc.jpeg


ノルド・ストリーム2があると言う事は、ノルド・ストリーム1もあるんですが、そもそもこれは何なのか?という事から解説して行きましょう。

ノルド・ストリームはパイプラインです。
パイプに何を通しているのかと言うと、天然ガスですね。

ロシアから産出された天然ガスをドイツまでパイプラインを繋いで、それを運ぶわけです。

最初に作られたノルドストリームは、なんと約1200キロもあり(日本列島は3000キロくらい)、バルト海の海底を通してドイツまで運んでいます。

ドイツまで運ばれた天然ガスは、そこからさらに各国にガスが行き渡ります。

2005年に作ってみっか!と始まりまして、2011年11月8日から既に稼働していますが、総工費は1兆4500億円にものぼりました。

そして今回はノルド・ストリーム2という訳です。

ノルド・ストリーム2も1と同じようなルートで海底にパイプラインを通すのですが、技術の進歩もあり最初に作られたものよりは安く済むと言われています。

20180914204102be7.jpeg


それでも1兆590億円ほどの試算と言われています。

ではここでちょっと問題です。

ロシアとドイツは陸続きなのですが、陸路でパイプラインを繋げは安くあがるのに、なんでわざわざ海底にパイプラインを沈めて天然ガスを輸出しているのでしょうか?



答え:陸路のガスパイプラインはリスクがあるから

はい、実は陸路では既にロシアから引いてるガスパイプラインが1970年代から次々に作られて、それこそユーラシア大陸全土に広がっています。

2018091420412499d.jpeg


じゃあそれを使えばいいじゃんと思うかもしれませんが、新しく海底にパイプラインを沈めたのはこんな理由がありました。

欧州へ天然ガスを送るパイプラインは当然ながら「どこかの国」を経由して送らなくてはなりません。

その「どこかの国」の中の一つがウクライナでした。

20180914204713eb1.jpeg


パイプラインがウクライナ領を通って、もちろん経由するウクライナへもロシアの天然ガスが送られていました。

しかしロシアの天然ガスの価格に合意できないウクライナ。そこで天然ガスの料金を未払いしたり、勝手にパイプラインから天然ガスを盗んじゃったんですね。

で、ロシアはウクライナへ供給をやめる為に要はガスの元栓を閉めてしまったのです。元栓を閉めたら欧州への天然ガスも当然ストップしちゃいます。

ロシアは欧州へ天然ガスを供給しなくてはならないのでウクライナと交渉しながら天然ガスの供給を継続したりストップしたりしていました。

(ちなみにロシアはガスの供給をストップした事で世界からバッシングを受けます。)

でも交渉はうまくはいかず。欧州もロシアの天然ガスに頼っていますから、たびたび天然ガスが供給されなくなったりと非常に困ってしまったわけです。

そんな状況下でノルド・ストリームが出来たわけですね。

陸路だとロシアにとっても欧州にとってもリスキーなので、バルト海の海底にパイプラインを沈めて天然ガスを供給したわけです。

じゃあ何でノルドストリームに対してアメリカ(トランプ大統領)は怒っているのでしょうか?

アメリカはこのように主張しています。
「欧州のロシアのエネルギー依存度が強まる」

ノルドストリーム2ができますと、益々ヨーロッパはロシアの天然ガスに依存しなくてはなりません。

一つの国に資源の依存をするというのは実はあまり良い事ではないんです。

アメリカとロシアは仲が悪いですが、例えばそれで戦争になった場合、ロシアが欧州の天然ガスの供給を止める!と欧州を脅したらどうなるでしょう?

欧州にとっては天然ガスの供給が止まったら困ってしまいますから、もしかしたらロシア側に味方する可能性もありますよね?

日本もかつて同じことが起こりました。第二次世界大戦で日本がアジアに勢力を伸ばして行ったのは石油を確保する為でした。

経済制裁で日本への石油の輸出が禁止されたので、日本はアジアに進出して石油資源を奪うことになったわけです。

こうして戦争は拡大してしまいました。

資源に依存してしまうと争いの元となってしまうのです。

また、現在のウクライナの大統領であるポロシェンコさんは反ロシアで、親米派です。
となると、アメリカは当然ウクライナの味方をしています。

さらに言うなら、アメリカから石油(シェールオイル)を買いなさい。と欧州に言ってるわけですね。

けれどアメリカの石油はロシアの天然ガスよりは割高ですから、あまり購入するメリットはありません。

そんなわけでアメリカはノルド・ストリームに対して反対して、トランプ大統領は怒っているわけです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/09/14(金) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »