ノーベル物理学賞の重力波観測とはどのような事かわかりやすく解説して下さい



2017年度のノーベル物理学賞は重力波の研究が選ばれました。今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



重力波は100年前にアインシュタインがこの存在の予測をしました。
しかし、検証するには困難だとして「あるだろうなぁ〜」だけにとどまりました。

というのは重力波をしっかりと観測するには大きな実験施設や極めて分かりにくい変化をとらえなくてはならないからです。

重力波とはいったいなんだろうか?
という事ですが、重力波は重力の波と書きますね。

池の水に石を投げると石が沈んでいくと共に、水が下の方へ沈み波をうって広がります。(波紋(はもん)といいます)
これを宇宙で言いますと水が宇宙空間です。
石は重力の高い星です。

宇宙空間を平坦な空間として考えるのは難しいんですがとにかくそう考えて下さい。

そこに質量の重い星(重力が強い星)が爆発したり、星と星どうしが引き合ってくっついたりする運動が起こった場合に巨大なエネルギーが生まれて宇宙空間にまるで水のように歪み波が起こり、時間的な変化が現れるのです。

この重力波の検出のために作られた機械がLIGO(ライゴ)、レーザー干渉計重力波観測装置です。
LIGOはアメリカにある世界で一番精度の高い観測装置です。
日本にも似たような検証機、KAGRAと言うものがあります。




観測するためにはLIGOでは長さ4キロメートルのL字型に交差する2本のパイプにレーザー光線を走らせます。

パイプの両端には鏡が付いていて、その中に光を通すのです。そして、それぞれの光の線が往復するわずかな時間差を測ることで重力波をとらえます。

とにかく、光の届く時間差の変化によって重力波を観測するのですね。



しかしながらこのような観測装置を作ったとしてもまず星が爆発するか星同士が合体する現象が起きなければ観測ができません。
まず、この現象がめったに起こりません。

もっと遠くの銀河にあるそれらの現象をとらえる事が出来れば、もう少し多くの観測ができるでしょうが、世界一の感度を誇るLIGOでも一ヶ月に一回の頻度ぐらいでしか観測できないらしいです。

しかし観測したからといっても簡単に公表できません。何故ならそれが本物のシグナルかどうか検証しなくてはいけないからです。
公式発表とするには5ヶ月くらいになります。(現在、公式発表で4度ほど確認しています。)

ところで、この研究によって何がわかるのか?と言う事ですよね。

●アインシュタインが唱えた一般相対性理論が正しいのかどうかが検証できます。
●宇宙がどのくらいのスピードで膨張しているか。
●ブラックホールなどがいつどこで起こったかがわかる。

などです。
まあ、こう言ってはなんなんですがあまり私達の生活には役立ちそうにはな・・いや、研究というのはそういうものなのかもしれません。

ノーベル物理学賞はアメリカのマサチューセッツ工科大学『レイナー・ワイス名誉教授』、カリフォルニア工科大学『バリー・バリッシュ名誉教授』、『キップ・ソーン名誉教授』が選ばれました。

今回はこのようなことがニュースとなっているのです。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/10/05(木) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

水俣病とスイスで行われた水銀の国際規制をわかりやすく解説して下さい



スイスのジュネーブで150か国以上の代表者が集まり水銀の国際規制について話し合われました。
今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



皆さんは水俣病という病名はご存知かと思います。
日本の四大公害病(水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそく)の一つです。

水俣病は1956年に最初に熊本県水俣湾周辺で発生したことからこの病名が付きました。

工場排水に含まれているメチル水銀化合物が魚や貝の体内に取り込まれ、人間がこれらを食べる事によって引き起こされたのです。

当時は第二次世界対戦後。
日本では急ピッチで経済復興をしていました。それこそ環境問題なんて二の次でしたので、いろいろな会社が開発や生産をしており、チッソ株式会社もその一つでした。

チッソ株式会社は化学工場の会社です。(新潟水俣病は昭和電工株式会社が原因)
今は水俣病患者の為の保証業務を行う会社となり、JNC株式会社に全て業務を移管して持ち株会社となっています。

水俣病の症状が現れたのは最初はネコでした。その付近に住むネコが急にフラフラ歩いたりしているのを見つけますがよくわかりませんでした。

それから今度はネコの症状と同じように人間に感覚障害や運動障害といった症状が現れたのです。
そして原因の特定をする事となり、廃液に含まれていたメチル水銀が原因という事が判明したわけです。

メチル水銀は生体に吸収されやすく、分解されにくいという性質があります。
これらが海の生物の食物連鎖によって次々と濃縮されて行って、最後に人間が食べて脳の特定場所に異常を起こし、先程のような症状を引き起こしたのです。

水俣病の被害者は行政により認められた数で13800人ほどですが、実はこれ以上にたくさんの被害者がいました。

しかし、当時は水俣病にかかった方が差別や偏見を受けた為に行政に届け出なかったり、亡くなってしまったりしたので、正式な被害者数と言うのはわかってはいません。

それからようやく現在になって水銀の国際的な規制が発行されました。
2017年8月16日に『水俣条約』というものです。

これは簡単に言いますと、
●新しく水銀の鉱山を採掘するのは禁止
●工場などで使う水銀を減らしたり禁止する
●水銀を含んだ廃棄物を管理する
●そもそもの排出を削減する

というものです。
水俣条約は現時点で世界74ヶ国以上で締結(約束)されました。

この水俣条約の発行を受けてから、今回初めてスイスのジュネーブで国際会議(1回締約国会議)が開かれ150ヶ国以上の代表者が集まったわけです。

発展途上国では今も水銀を使わざるを得ない国があったりしますので、水銀に変わる物質を使うよう呼びかけたり、資金を援助したりするような話が行われます。

今回はこのような事がニュースとなっているのですね。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/09/27(水) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

『人生100年会議』と『人づくり革命』についてわかりやすく解説して下さい



安倍総理が掲げる看板政策である『人づくり革命』に基づいて『人生100年会議』が開かれました。
今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



私達日本人の江戸時代の寿命はというと大体30歳〜40歳ほどだと言われています。
当時は子供の死亡率が高く理論上はこのような数値になったようです。

それから1947年は男女共に50歳となり、年代が経つにつれて寿命が大きく伸びます。
今では男性が80.79歳、女性が87.05歳という統計が出ています。

少し前までは『人生80年』と言われていましたが、これももう古い言葉となりつつあります。

今後、医療の発達などで益々日本人の寿命が伸び、今10歳の子供の2人に1人は107歳まで生きるという統計が出ています。

つまりおよそ日本人の寿命を100歳までと想定して
日本を考えなくてはいけなくなるのです。

平均寿命が100歳となった場合はいろいろと変えなくてはいけない事があります。
最近では公務員の定年退職が65歳になりましたよね?これに伴って一般企業でも65歳が検討されております。

このように定年だけではなくあらゆる事を考えなくてはなりません。

100歳を想定した新しい日本の成長戦略を行って日本全体の生産性を高める狙いとして安倍総理も『人づくり革命』という看板政策を掲げて行っていこうとしてるのです。

この人づくり革命の政策を根底に、先日政府が『人生100年会議』という会議を初めて開いたわけです。

初会合ではこのような事を話し合いました。

●幼児教育や大学の無償化

●企業の人材採用の多元化
人材の確保の年齢幅を広げたり、定年後も働けるように企業に促していく。

●全ての世代を対象とした社会保障の見直し
ひっぱくする社会保障を見直して、例えば社会保障の適用年齢を変えたりする。

などです。
しかし大きな壁となるのがやはり財源です。

もし就学前の0歳から5歳までの完全無償化をする場合は年間1兆2000億円が必要とされています。
莫大に膨れ上がる医療費についても考えなくてはなりません。

安倍総理は「財源がなければ政策は実現できない」と話をして財源を早く確保する手段を見つけて、具体的に政策を進めていくように指示をしました。

まずは年内に中間報告をまとめて、これから改革を実行していく考えです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/09/13(水) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

電波を民間に開放するというのはどういう意味なのかわかりやすく教えて下さい



国や自治体に割り当てられている公共用の電波を民間に開放する方針を固めた事がニュースとなっています。
今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



私達は日常であらゆる電波を使用していますね。
携帯電話やカーナビ、ラジオと私達の生活には電波はかかせません。

電波は電波という字のごとく波のような形を表しております。この波が1秒間に繰り返して示す尺度を『周波数』と言います。

そして1秒間に波が一回繰り返したものを1Hz(ヘルツ)と言います。ですから100MHzと言った時は1秒間に1億回波が繰り返した場合を指します。

電波にはこんな特性があります。
●建物に当たると跳ね返る(よくエレベーターの中で圏外になりますが、あれはエレベーターを囲っている金属が外の電波を跳ね返しているから圏外になるのです。)

●建物や山を回り込んで電波を届ける(ただしその分電波は弱くなる)

●長距離は飛ばない(長距離を飛ばすには中継して貰って電波の出力を強くしてもらう)

●いろんな電波が集中すると電波が届きにくくなる

この電波には『電波法』という法律によって色々な事が決められています。
特に重要な決まりごとは周波数ごとに区分けしているという点です。

今はもうダイヤルを回して放送しているチャンネル(周波数)に合わせてラジオを聴くという方法は古いかもしれませんが、例えばAMのラジオなんかは周波数526.5kHz〜1606.5kHzの間にしか放送しているチャンネルはありません。

従ってラジオ自体もこの間しか受信できないような仕組みにしています。
1606.5kHzから先は船舶や航空機の通信用などに使われております。

なぜこのように区分けしているかと言いますと、混線してしまったり、電子機器に障害を起こしたりしてしまうからです。
勝手気ままな周波数を使ってしまったら、携帯電話の相手からラジオが聞こえてしまったりと、大混乱となってしまいますからね。

ですから、特定の区分の電波を使用して発信したい場合には免許や許可が入ります。
もしあなたがラジオ局を作りたいのでしたら申請して許可を得らなければできません。

さて、電波を利用して情報を伝送する無線設備や操作する人をまとめて『無線局』というのですが、日本では無線局が約1億5700万局ほどあります。

このうち、92パーセントはなんと携帯電話の電波に使用されています。
そして年々この無線局は増えています。

電波というのは残念ながら、日本ではここまでの範囲しか使ってはいけませんよという決まり事があり、使える範囲が限られています。

つまり有限なんです。

携帯電話として使っている周波数の区分も無線局が増え過ぎてしまうとなくなってしまうわけですね。

こういう事もあり、政府が国や自治体に割り当てられている公共用の電波を民間企業へ開放をするように拡大していく事になったわけです。

公共用に割り当てられている電波は、消防だったり、自衛隊だったりいろんな事に使われているのですが、結構使われていない周波数帯も多くあり、かなり無駄な部分が多いのです。

それを民間(携帯電話会社など)に開放する事でもっと効率よく電波を使用する事ができるというわけですね。

今回はこのような事がニュースとなっているわけです。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/09/11(月) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

さい帯血とはなんですか?逮捕された経緯をわかりやすく解説して下さい



さい帯血の販売に関わったクリニックの委員長や業者ら男女6人が逮捕されました。
今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



さい帯血とは『臍帯血』と書きます。(ただし常用漢字ではなく、難しい字なのでニュースではひらがなで表示されています。)

さい帯血は赤ちゃんのへその緒とお母さんの胎盤にある血液の事です。
へその緒の両端をクリップで止めて注射器で吸い出します。だいたい70〜80ccほど取れるそうです。

この中には血液のもととなる細胞が含まれています。個体差がありますがこんな感じです。
●4〜6億個・・3割
●6〜8億個・・3割
●8〜10億個・・2割
●10億個以上・・1割

赤血球や白血球、ヘモグロビンなどいろいろと含まれているのですが、簡単に言えば普通の成人の血液より、さい帯血は成分が濃いのです。

このさい帯血を使うとどのような事ができるのかと言いますと、白血病や先天性免疫不全症(生まれつき免疫力が弱いという症状)、先天性代謝異常疾患(生まれつき代謝機能がうまく機能せず、肝臓や脳に異常物質が蓄積されてしまう症状)などの治療ができます。

骨髄移植では何日も入院したり、ドナーの都合で骨髄提供を断られたりして移植を受けれない時があったりします。
しかし、さい帯血の場合は冷凍保存されているので治療に使いたい時はすぐに使用する事ができるのです。

しかし、骨髄移植などより比較的に容易になったとは言えもちろんこれは医療行為です。

事件の経緯は民間のさい帯血バンク「つくばブレーンズ」というさい帯血を集めた民間の団体がありました。
しかし経営に行き詰まり、大量のさい帯血を抱えたまま8年前に倒産してしまい、さい帯血バンクに出資していた篠崎庸雄容疑者がおよそ800人分のさい帯血を引き取って保管することになりました。

ですが保管施設の維持などに費用がかかりすぎてしまい、違法とはわかっていたのですが、さい帯血を
売ることにしたのです。

こういう行為をするには国に届け出をしなくてはなりません。

しかし東京のクリニック院長は法律知っていたが、さい帯血の販売業者から投与する行為は違法ではないと聞いて医療行為をしたと述べています。

これらは『再生医療技術』というのですが、まだまだ新しい技術です。
ゆえにルールなどもあいまいだったり、医者や業者がわかっていない事もあったりします。

適当な管理下や厳格な法律がない下で医療行為をしてしまった場合は重大な医療事故が起こってしまいます。

今回の事件で東京・渋谷区にあるクリニックの院長や販売業社、男女6名が逮捕されてしまいました。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/08/28(月) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »