FC2ブログ

NHKが「衛星放送を契約して下さい」とやってきた。④



今回でこのNHKシリーズは終了になります。

長々と申し訳ないですが、やはりNHKの契約に関してはちょっとおかしな点があり、それは私達国民も疑問に思っている方も多いと思います。

またそれだけでなく、NHKのふれあいセンターや訪問員だって正直疑問に思っている方もいると思います。

なぜテレビを見ないのに契約をしなくてはいけないのか?なぜBSを見ていないのに契約をしなくてはならないのか?

裁判官はなぜ契約の自由という憲法があるのに「契約をしなくてはならない」と判決を下してしまったのか?

これはもう私達国民が今一度しっかり『おかしい!』と声を上げなければ行けない事だと思うわけです。
でないと一生このままです。

20180802191028d25.jpeg


さて、そんなわけで最終章に入ります。
その前に前回までの事を整理しましょう。

【解決済み】
●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
→答え:BSアンテナがある条件で、テレビの後ろにあるケーブルをBSに付け変えて、リモコンのBSボタンを押す。
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?
→答え:上の条件で衛星放送が見れれば契約をしなくてはいけない。
●一体いくらかかるねん・・
→答え:998円。地上波と合わせたら2258円。
●コジマはドラクエ派かFF派か?
→答え:武道派
●地上波を契約した本人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?
→答え:謝り。地上波を契約した本人が必ずBSを契約しなくてはいけないという事ではない。
●BSのアンテナがあり、リモコンもBSのボタンがあり、テレビにはBSへの接続端子はあるが、地上波だけにケーブルを差し込んでいるだけなら契約はしなくても良い?
→答え:契約しなくてはならない。
差し替えるのは本人の自由ですが、差し替えてBSに繋がるのであれば繋がる環境があるとして契約をしなくてはいけない

【未解決】
●仮にテレビの接続端子部分が何らかの原因でキズが付いて衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?
●仮にテレビの接続端子が何らかの原因で完全に取れて失くなり、衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?

今回はこの未解決部分を聞くと言うところですね。

前回、NHKふれあいセンターに電話しましたが、上司まで出てくれまして対応。

しかしながら、この質問に関してはNHKふれあいセンターでは判断を下せないとの事で、地域にあるNHK営業所を紹介してもらい電話をかけたわけです。

「お待たせしました。担当の○○です。」

今回もめっちゃ優しそうなお姉さんです。
私もようやくコジマの顔を忘れられそうです。

そして、未解決部分の質問を投げかけました。
やはりこの質問は少し重かったようで、一旦保留となりました。

「故障していれのであれば契約する必要はございません。」

終了。

と言うか、それどころか解約の手続きまでしてくれそうになりましたからね。「イヤイヤ、仮の話なので解約とかは大丈夫です。」と慌てて言いました。

答えは、『壊れて映らなければ契約する必要はありません。』と言う事でした。

さてみなさん。
今回のNHKへの電話で私が思った事を素直に書かせて頂こうと思います。

私はNHKふれあいセンター、NHK訪問員、NHK営業所では契約に関してはかなり温度差を感じました。

訪問員は自分のノルマや契約をしたら給料に反映される為、個人差があるかと思いますが、デタラメな事をいったりするのだと思います。

これは本人のお金がかっているから、そう言った事を言う傾向になってしまうのも無理はない気がします。

だからと言って無知なのをいい事に「法律だから」と脅して契約するのは間違いだと思います。

NHKふれあいセンターはNHKではなく委託された企業ですから、契約に関して不明な部分があったり、正しい判断をなかなかできないのかなと感じました。

録音もしていますから勝手な事を言ってしまったら、後でNHK本部から怒られてしまうのだと。

ですから重要な部分に関してはNHKふれあいセンターでは判断できない。

NHK営業所は重要な部分に関しては判断をすぐに下してくれました。電話対応も悪い印象は全くありませんでした。

やはりイメージが悪いと企業もダメージを受けますからね。

結局何が悪いかと言いますと、NHKの契約は「現代に全く合っていない。」というのに、こんな状態を変えずに押し通してしまっている事なのだと思います。

この原因から様々な問題が起こってしまっているのだと思います。

私達は分厚い契約書や法律と言う言葉がでてしまうと、急に弱くなりひるんでしまいます。そこに付け込んで来る悪魔がいるわけです。

しかし法律だからとか、威圧的な態度を取ってくる訪問員が来ても『全く恐れる必要はない』のです。

どうか、『勇気を出して毅然とした態度で断って下さい。』

最後にこんな事を書かせて頂きます。
私達も法律によって守られています。
法律には法律で対処できます。

●訪問員が帰れと言っても帰らない。
→不退去法があります。帰らない場合は警察を呼べます。
●家の中に入って調べさせろ
→NHK訪問員を家にいれなきゃならない法律はありません。

また、あなたがもし契約の事でNHKに問い合わせているのであれば、「NHKに契約の事で問い合わせているので今現在は契約しません。もう来なくて結構です。」と断れば良いのです。

負けないで下さい。

スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/08/02(木) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(2)

NHKが「衛星放送を契約して下さい」とやってきた。③



NHKは1958年2月1日に最初の放送が行われました。当初は国民のみんなが見ていました。

しかし、時代が進んで他放送が出現したり、YouTubeやらHuluやら動画が出現してNHKを積極的に見る方も少なくなりました。

そして、国のお墨付きを得た事で、契約を半ば強制的に行うなどで随分と嫌われものになってしまいました。金額も高いですしね。

ただ、私はNHKの番組は嫌いじゃないです。子供も見ますしね。BSのコマーシャルを見ても、面白そうな番組があるなーとも思います。(実際、面白いと言う話も聞きます。)

20180728202034c93.jpeg


では、話の続きを行いたいと思います。

今回はかなり踏み入った話を「NHKふれあいセンター」に衛星放送の契約について投げかけて見ました。

その前に整理をしましょう。

【解決済み】
●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
→答え:BSアンテナがある条件で、テレビの後ろにあるケーブルをBSに付け変えて、リモコンのBSボタンを押す。
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?
→答え:上の条件で衛星放送が見れれば契約をしなくてはいけない。
●一体いくらかかるねん・・
→答え:998円。地上波と合わせたら2258円。
●コジマはドラクエ派かFF派か?
→答え:武道派


【残りの質問】
●地上波を契約した人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?

さて前回、NHKふれあいセンターに話をした後に私はふとこの様に思ったわけです。

BSのアンテナとテレビにBSの接続端子があり、リモコンにもBSのボタンがあれば契約しなくてはならないのはわかりました。

ですが、●地上波だけにケーブルを差し込んでいるのであればBSは当然見れないわけで、BSに差し替えなければこの場合は衛星放送の環境は整っていると言えないのではないか?

また、●仮にテレビの接続端子部分が何らかの原因でキズが付いて衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?

似たような話で●テレビの接続端子が何らかの原因で完全に取れて失くなり、衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?

では、「NHKふれあいセンター」に電話して聞いて見ましょう。

今回は多分30代くらいの女性が出ました。
でもコジマよりは全然良いです。

●地上波を契約した人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?

はい、これは謝りである事がわかりました。地上波を契約した本人が必ずBSを契約しなくてはいけないという事ではありませんでした。

つまりコジマは大佐がいないのを良いことに嫁さんに強引な話をしてすぐに契約に至ろうとしたわけですね。

絶対に許せん。

そういうわけで私の家に来た訪問員コジマの名前を出し、管轄している場所を教えて「必ず本人にその発言は間違いだと伝えて下さい。」と念を押しました。

次に電話した時に本人に伝えていなかった場合は、伝えるまで電話で待機してやる。

皆さんのウチにもしこの様な手法で強引に契約をしようと訪問員が来ましたら、それは明らかな間違いである事を言って下さい。

●地上波だけにケーブルを差し込んでいるだけなら例えBSへの接続端子があってもBSは見れる環境で
はないので、契約はしなくても良いとなるか?

これは契約をしなくてはならない。との事でした。
差し替えるのは本人の自由ですが、差し替えてBSに繋がるのであれば繋がる環境があるとして契約をしなくてはいけないとの事です。

●仮にテレビの接続端子部分が何らかの原因でキズが付いて衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?
●仮にテレビの接続端子が何らかの原因で完全に取れて失くなり、衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?

この質問に関しては、最初このような回答をされました。

「仮の話ではお応えしかねます。では、実際にそのような現象が起きたらまた電話して下さい。」

そこで僕ちゃんはこう答えました。「いや、現実に起ころうが、仮の話として起ころうが話す内容は同じなので、何故答えられないのでしょうか?」

すると・・

「すみません上の者に代わります。」

上の者キター!!───O(≧∇≦)O────

ここでちょっと言いますが、NHKふれあいセンターさんは全く悪くありません。一生懸命お仕事をしているだけです。

私も電話対応のお仕事もしていますから、気持ちはわかるんです。

悪いのは法律で決まってるから!と、無知な民間人に強引に契約させたり、ホームページにわざと解約の仕方をわかりにくく掲載するコズルイ真似をしたり、法律で守られたからと好き放題している奴らです。

さて、しばらく電話の待ち受け音が鳴り、どんな上司だろう・・もしかしたらヤクザみたいな奴だったらめっちゃ怖いと思いながら待ちました。

「お待たせしました。担当の○○です。」

めっちゃ優しそうなお姉さんです。
おいおい、ビックリしたよ。コジマだったらどうしようとか思ってたよ。

担当者はこのようにおっしゃいました。
「オペレーターではこの判断はお応えでき兼ねます。ですので地区にあるNHKの各営業所にお問い合わせ願います。」

そんな所があるんかい・・と思いましたが、そのような答えを頂きました。

そこで私の地区にあるNHKの営業所の番号を教えて貰いました。

平日の10時〜17時まで窓口が開いているそうです。

ありがとうNHKふれあいセンター。コジマに間違いである事を伝えたかどうか気にはなるが、これ以上かける事はもうなさそうだ。

ちなみに、
●勝手に私のテレビに「BSのボタンがあることが証明されました」
という勘違いを修正しなくてはいけないと言うミッションがありましたが、これは単に「わかりました。」で終わりました。

何も面白くない。

次は残っている下記の質問内容をNHK営業所に問い合わせてみたいと思います。

●仮にテレビの接続端子部分が何らかの原因でキズが付いて衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?
●仮にテレビの接続端子が何らかの原因で完全に取れて失くなり、衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?

つづく
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/07/28(土) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

NHKが「衛星放送を契約して下さい」とやってきた。②



はい。
それでは続きとなりますが、今回はNHK衛星放送の契約に関して少しでも皆さんの参考になるかと思います。

特に私は衛星放送の見方さえわからないど素人ですから、その様な方にとっては良いかと思います。

20180728201516e50.jpeg


前回の疑問点はこうでしたね。

●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?
●一体いくらかかるねん・・
●地上波を契約した人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?
●コジマはドラクエ派かFF派か?→答え:武道派

まず、これらの疑問を聞いて見たいと思います。

電話は「NHKのふれあいセンター」に電話をかけます。0570-077-077

NHKふれあいセンターは訪問員と同じように外部委託によって構成されている部署です。
ですが、NHKの窓口になります。契約や住所変更などの手続きもしてくれます。

受付時間は午前9時~午後8時までです。
土・日・祝日も受付をしてくれます。

ガイダンスに沿って電話します。
今回はその他の事なので3番を押します。

「はい。NHKふれあいセンターです。」

なかなか可愛い声じゃないか。
コジマの顔とは大きな違いだ。NHKもこういう子を訪問員にすりゃいいのに。

NHKふれあいセンターでは電話を録音しています。
あとあと面倒な事にならないようにする為ですね。

ではまずはこの疑問を投げかけたいとおもいます。

●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?

まずは衛星放送の見方です。

衛星放送を見るには「衛星放送アンテナ」が何処かしらについている事です。

20180727082410cf9.jpeg


自分の家なら衛星放送を付けたかどうかはわかるかと思いますが、私の様にマンションやアパートなどの場合はわからないと思います。

これは正直に言ってオーナーさんなどに聞くしかありません。付いていなければ衛星放送を見る環境が整っていませんので、衛星放送契約はしなくても良いとの話でした。

コジマはウチのマンションに衛星放送があるという事で来た様ですね。(しかし私は存在の有無はわかりません。)

では仮に衛星放送アンテナがあったとしましょう。

次に衛星放送の見方です。

テレビの裏を見て見ましょう。(※ちなみにこの画像は私の家の画像ではありません。)

2018072708241811a.jpeg


地上波はこの画像で言えば下の接続端子です。
衛星放送はこの上の「BS」とか言う単語が付いている部分に線をつけ直します。

みなさんはリモコンに「BS」と言うボタンが付いていますか?
BSと言うボタンが付いていたらそこを押せば衛星放送が見れるとの事です。

つまり衛星放送を契約しなくてはいけないのはこの条件がある人です。

●衛星放送アンテナがある
●テレビの後ろでBSのケーブルにつなぎ、リモコンでBSボタンを押して衛星放送が見れること。

この条件がある人は私の疑問のこれ、
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?

に対して「衛星放送を契約しなくてはいけない」と言われました。

また、料金に関してのこの疑問、
●一体いくらかかるねん・・
に対しては998円と言われました。

NHKの1260円に追加して998円ですから、仮に契約をした場合は月に2258円もかかってしまいます。

高杉!!!

ここで注意です、
大事なのは訪問員とNHKふれあいセンターのオペレーターにBSのボタンはありますか?とか、接続端子はありますか?などを聞かれて「あります」とか答えない事です。

私は訪問員がBSのボタンがあるかと聞かれたりしたんですがと言ったはずなのに、なぜか勝手に「お客様のテレビにはBSのボタンがあることが証明されました」とか言われました。

おそらく言葉の勘違いだと思いますが、NHKふれあいセンターでは録音をしていますので、しっかりと訂正をしてまた電話をします。

では、ここで一度まとめます。

●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
→答え:BSアンテナがある条件で、テレビの後ろにあるケーブルをBSに付け変えて、リモコンのBSボタンを押す。

●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?
→答え:上の条件で衛星放送が見れれば契約をしなくてはいけない。

●一体いくらかかるねん・・
→答え:998円。地上波と合わせたら2258円。

●コジマはドラクエ派かFF派か?
→答え:武道派

では「お客様のテレビにはBSのボタンがあることが証明されました」という勘違いを修正して話す事を忘れずにと、下の質問を次に質問します。

●地上波を契約した人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?

そして、いくつかの疑問点がうかびましたので、それも次の機会に話したいと思います。

つづく
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/07/27(金) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

NHKが「衛星放送を契約して下さい」とやってきた。①



NHKの受信料支払いに関しては未だ国民の皆様、そして当ブログを読んで頂いてる皆様は納得されていない方も多いと思います。

今回はいつもの中立的に解説するブログと違い、私の感情を大いに出させて頂き、NHKの衛星放送契約との戦いを話して行きたいと思います。

20180726203928dec.jpeg


NHKが勝利(と思われる日)をした日は2017年の12月6日。

一人の男性がNHKと裁判を起こしてこの日に最高裁判所ではこの様な判決をし、男性は敗訴しました。

●受信料の支払いはテレビを設置したした時から生じます。

もし裁判をして敗訴した場合は、裁判で「この日が設置日です」と断定された日から遡って受信料を払う義務が生じます。

(現在は大体の人が正確な設置日はわからないと思いますから、NHKと契約を交わした日から払う事になります。)

●受信料は合憲です。

NHKは表現の自由のもとで、国民の知る権利を充たす放送法の趣旨にかなう合理的なものと解釈できるので、「契約の自由(国民は好きに契約をする事ができる)」と言う憲法には違反していなく、合憲です。



僕ちゃん、この間いろいろと家庭の出費にかかる保険料やら携帯料金やらを見直していたんですよ。

バイクの保険には年間6万円やら、駐車場は1500円やら自分の保険は月に3000円やらと、もうホントやんなっちゃいますよね。

で、地震保険とかいう保険にうっかり入ってましてね。これは何を保証してくれるのかと契約書をよく読んでみたんです。

そしたらアンタ、地震が起きた時に家具一式に対して保険をかけるような内容でしてね。

しかも部屋が爆弾で木っ端微塵になるか、床上浸水(ウチ7階)しなくちゃ保険代が払われないような内容でしてね。

こんなボロい家具に毎月保険を払ってどーすんのよ!
なんなら家具一式燃やして貰っても構わんわ!!

と思いまして、地震保険を解約したんです。

いやー、少しでも出費が減ったな。次はバカ高い携帯料金を何とかしないとなーって思っていた矢先だったわけですよ。

いつもの様に仕事をしてましたら、嫁さんから一通のLINEが入ったわけです。

「NHKから衛星放送の契約をして下さい。って来たんだけど。」

もうね、イラっとしますよね。
せっかく出費を抑えるようにしているのにコレですよ。

ウチはテレビはあります。
そして、全然納得してませんがNHKの受信料は払っいますよ。

民間放送をメインに見る為にもアンテナにケーブルで繋げているのでNHKも勝手に映りますから、放送法と言う屁後のもと払っているわけですよ。

毎日見てる合計時間は30分とないですが!

それでも口座引落で月に1260円!(ちなみに振り込みは1310円です。)

高杉!!!!

で、今回いらっしゃったNHKの訪問者、コジマはこのように言って来たわけです。(大佐がいない時に嫁が対応。)

●マンションにBSのアンテナが付いてるから契約して下さい。
●リモコンにBSのボタンが付いているのでしたら契約して下さい。
●地上波の契約は嫁様がしているんですよね?では衛星放送も同じ嫁様が契約して下さい。

はい、いきなりインターホン越しに出まして契約をしなさいと一方的に話をして来ましたら普通の民間人は大混乱ですよ。

おそらくコジマもこの様な作戦で相手を混乱させて一気に契約を結ぼうと思ったのでしょう。

ドラクエで言ったらメダパーニャ。(混乱呪文)
FFで言ったらコンフュ。(混乱呪文)

コジマがドラクエ派なのかFF派なのかは知りませんけど、このこずるい手を使うのは頂けない。

契約と言うのはよく契約書を読んでから契約を交わすものです。

インターホン鳴らしてすぐに契約しろはあり得ない。まずコジマが全然NHKと関係ない奴で詐欺師だったらどうする。

コジマ、お前は誰だ?
せめてドラクエ派かFF派かはっきりしろ。

NHKの訪問員はほとんどが契約をお願いに廻っている業務受託業者、もしくは地域スタッフです。
NHKの社員ではないです。

で、この日は嫁さんが旦那に相談しますと話したわけです。

そしたらコジマは「嫁様が地上波を契約してるので契約して下さい。」と言ったわけですよ。

地上波を契約した人が衛星放送も契約して下さいとの事です。

確かにウチは嫁さんがNHK地上波を契約してます。

しかし、これは大佐がいないのをいいことに、とにかくそう言う事になっているので契約をさせるような思惑を感じますね。

しかし、その様な契約が地上波を契約した人にはあるのかもしれません。契約内容を確認しない限りはわかりません。

その日は何とか帰ってもらいました。
そりゃそうだ。

さて、こちら側としてはこんな気持ちでいっぱいです。

●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?
●一体いくらかかるねん・・
●地上波を契約した人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?
●コジマはドラクエ派かFF派か?

これらの疑問を持ち、次の日に「NHKのふれあいセンター」に電話をかけたわけです。

ちなみにコジマをインターホンの画像で見たらヤクザみたいな怖い顔でした。

こういう怖い顔の人をわざわざ訪問員にするのも問題であるので、是非辞めて欲しいものである。

コジマは多分ドラクエ派でもFF派でもなく武道派だと思う。

つづく
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/07/26(木) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

EUがグーグル(google)に5700億円の制裁金を科したニュースをわかりやすく解説して下さい



EU(ヨーロッパ連合)がグーグルに対して、43億4千万ユーロ(約5700億円)の制裁金を科すと発表しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

201807191856111d7.jpeg


EUはヨーロッパ28の国が加盟していて、戦争などをしないで加盟国同士で経済など協力してやって行きましょうとしている、国同士の集まりです。

グーグルはみなさんもご存知のアメリカの大企業、googleです。

このgoogleに対してEUが制裁金を科す事に決定しました。
なぜこんな事になったのでしょうか?

googleはスマートフォン向けに作った『アンドロイド(Android)』というOS(コンピュータ上で動かすソフト)を作成しました。

このOSが搭載されているので、スマホで電話ができたり、メールやインターネットに繋げて見る事ができます。

アンドロイドはオープンソースと言って、このプログラムを無料で公開しています。
無料ですから誰でも世界中の人がこのプログラムをインターネットで手に入れる事が出来ます。

無料でプログラムを公開してると言うことは、これを把握しながらメーカーはスマホの端末を作る事ができます。

また好きな様にプログラムをいじって貰っても良いので、メーカーは様々な機能の端末を独自に作り出す事が可能になります。

グーグルでももちろんプログラムを改良していますが、世界中にはメーカーなどがこれを基にして作ったプログラムが100万種類以上あると言われています。

ですから低価格のスマホが出来たり、ある機能で得意な分野があるスマホが出来たりして、それが消費者に提供されているわけですね。

さて、ここからが本題。

googleはこのアンドロイドを採用しているスマホを作るメーカーに、正規のアンドロイド(googleが作ったアンドロイドOS)を使用する様に要求していたと疑われています。

またインターネットで検索するアプリケーション、『グーグルサーチ』と、インターネットを閲覧する為のアプリケーション、『グーグルクローム』を製造する段階であらかじめスマホに搭載するように要求したと疑われています。

グーグルクロームのアプリケーション↓
20180719185622d36.jpeg


真実はどうなのか?と言うことは置いておいて、なぜ製造する段階でグーグルクロームやグーグルサーチを搭載するのかと言うことですね。

これはもちろんグーグルのアプリケーションを予め搭載しておけば、みなさんがスマホを手に入れた段階で使う事が多くなるからです。

グーグルのアプリケーションを使用すればそこにはグーグルの広告が載ったり、その他グーグルのサービスを受ける事となります。

そうすればグーグルは儲かりますよね。
(ただ、グーグルのアンドロイドとグーグルクロームなどのアプリケーションは相性がもちろん良いのです。動作不良とかが起こりにくいので、入れるのは間違いじゃないです。)

よくスマホを購入すると予め1ヶ月間は動画見放題!みたいなオプションサービスが付いてくるじゃないですか。

で、解約しないまま忘れて1ヶ月経過すると利用料が自動的にかかるみたいな、アレと似たようなもんです。

やはり頂点にいる企業ですから、こうなりますと他社で作ったアプリケーションの販売や開発が妨害されてしまいます。

独占的にgoogleだけが儲かってしまう事になってしまうので、それでEUが待ったをかけたのです。

そして、EU競争法(独占禁止法)の法に触れるとしてgoogleに制裁金として43億4千万ユーロ(約5700億円)を科すとしたわけです。

またEUはこのような行為を今後しないように90日以内に改めなければ追徴金をさらに払うよう求めました。

google側は意義を訴える意向です。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/07/19(木) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »