バカでも小学生でも猿でもわかるわかりやすいニュースサイト

難しいニュースをとことんわかりやすく解説して、社会人に役立つ情報をお届けします。

大阪の豊中市の国有地が格安で販売された問題をわかりやすく解説してください。

財務省近畿財務局が大阪府豊中市の国有地を近隣にある国有地と比べて、10分の1程度の価格で学校法人「森友学園」に売ってしまったことがニュースとなっています。
今回はこのニュースを詳しく解説していきたいと思います。

20170222054001d1d.jpg

まず、国有地というのはなんでしょうか?

国有地といいますのは国が所有している土地のことです。
土地ですから当然財産にもなることから、「国有財産」という枠の中の1つになります(国有財産の中には株式や宿舎、庁舎といったものがあります。)

「国有」なんて言葉がついているので政府のものと勘違いしてしまう人もいるかもしれませんが、国民の共有物という概念があります。
ですから、社会福祉施設を作りたいという要望があったりしたら、国が土地を売却したり貸付を行ったり、災害時にはテントや仮設住宅を立てたりと有効活用されます。

では今回のニュースとはどんな問題があったのでしょうか?

大阪府豊中市に国有地がありました。
この国有地が2016年に売却されました。

この売却された土地をどこが買ったのかといいますと、大阪の学校法人、「森友学園」という所です。
新しく校舎を現在建設中で、今年の4月から開校される予定です。

ですが、この土地の売却価格が何故か非公開となっていたのです。
これに大阪府豊中市の市議会議員(木村真(きむらまこと)議員)が気づき、一体いくらで売却したのか明らかにするように言ったのです。

明らかになった金額は「1億3400万円」という金額でした。

これが高いのか安いのかと言うことですが、明らかに安すぎです。

と、言いますのは、国有地といいますのは毎年必ずその土地がいくらくらいの価値になるのか専門家が割り出して、「評価額」というものを決めているのです。
この国有地だった評価額は「9億5600万円」という金額でした。

つまり8億円も値段を下げて破格の価格で森友学園へ売却してしまっているのです。

「森友学園」ってそもそもなんなんでしょうか?
森友学園というのはそういう教育学園ですね。
日本の伝統文化を大事にして教育を行っていくという基本コンセプトを持っているようです。

塚本幼稚園という幼稚園もありますし、肇國舎(ちょうこくしゃ)高等森友学園保育園という保育園もあります。
園児たちが、礼儀正しく学んでいる姿がメディアで放送されました。

今回、大阪府豊中市に立てられる予定のものは、「学校法人 瑞穂の國記念小學院」というものです。
さて、ここからがちょっと黒い話になります。

新しく建設される「学校法人 瑞穂の國記念小學院」。
ここの名誉校長を務めるのが何を隠そう、安倍首相の夫人、安倍昭恵(あべあきえ)夫人です。

夫の権力なのでは・・・?
という不信感は確かに感じてしまいますよね。

また、何故8億円もの価格を下げたのか?という問いかけにこのように説明がされています。
「売却された国有地には廃材やゴミなどが詰まっていて、そのような撤去費用分を差し引いたからこのような値段で売却をしました。」とのことです。

実はこの建設予定地ですが、以前は別の学校法人がこの土地を買いたいと手を上げていました。
その時は5億8000万円でしたが、売却の許可が何故か下りませんでした。
もちろん廃材やゴミなどの撤去費用分も含めていました。

当然、「撤去費に8億円もの費用が果たしてかかるのか?」という疑問を政府になげかけたのですが、これに対して政府側はあいまいな返答をしています。

【スポンサーリンク】


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7859297220454570"
data-ad-slot="5856024247">



大佐
自己紹介
ブログ管理人:大佐

趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。
IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。
また、ブログのアクセスアップのアドバイスもしています。
20170212213257a08.png
[ 2017/02/22 05:42 ] 時事のお話 | TB(0) | CM(0)

アメリカ大統領の給料や福利厚生、また退任した後はどのような生活をするのですか?わかりやすく解説してください。


1月20日をもって、バラク・オバマ大統領は8年の大統領を終え退任いたしました。
今回は大統領の退任後はどのような生活をするのかわかりやすく解説をしていきたいと思います。

おばまん

アメリカ大統領の在任中は、とても忙しいですがリッチな生活を送ることが出来ます。

オバマ大統領の年収は4600万円。(日本の総理大臣とあまり変わらない給料です。)
その他に1万2000ドル(日本円で136万円くらい)の娯楽費、10万ドル(日本円で1137万円)の旅費を与えられます。

その他にも得点が付きます。
ヘリコプターや大統領専用の飛行機が無料、リムジンもついて送り迎えしてくれます。
休日は世界最高のシェフを付けて、ホワイトハウスにも住むことが出来ます。
また別荘で過ごす姿も見たりしますね。

当然大統領ですから、いつ暗殺されるのかわかりません。
その為に、必ずSPが付いています。

さて、大統領が退職した後というのはどのような生活を送るのでしょうか?

まずは大統領から一般人の生活に慣れるために7ヶ月間は「一般人へなるための支援サービス」というものを受けます。
今までの多忙な生活から、普通の生活へ戻るための訓練ですね。

基本的に歴代の大統領は退任後にワシントンへ住むことはありません。
地元に戻ったりして第二の人生を生きることが多いようです。

では、お金はどうやりくりするのでしょうか?

大統領には退職金と言うものはありません。
その代わり、年金が支払われます。

年金はなんと年間20万ドル(日本円で2300万円ほど)です。
驚くほどの額が貰えるのですね。

そして元大統領には公務出張費や個人事務所が提供されます。
大統領が終わったのに、出張費や個人事務所は何に使うのと思うかもしれません。

しかし、大統領と言いますのはやはり大統領が終わったとしましても、「国を豊かにしたい」という思いは強いです。
ですから個人事務所でいろいろとお仕事をします。

例えば講演会ですね。
やはり元大統領ですからいろいろな講演会に呼ばれるようになります。
日本の元首相も講演会などをよくしていますね。

ちなみにクリントン元大統領さんは講演会で日本円にして119億5000億円も稼いでいます。

また本を出版するために執筆活動もされます。
大統領が書いた本と言うのは凄くみなさんが買いたがります。

このように講演会や執筆活動をするために出張費や個人事務所の提供がされ、こういった活動でお金を稼ぎます。

その他にはSPも10年間無料で付き、医療保険もつけられます。
手厚い退職後のフォローが、大統領にはあるのですね。

オバマさんは次女のサーシャさんが高校を卒業するまで、しばらくはワシントンにいるようですよ。

【スポンサーリンク】


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7859297220454570"
data-ad-slot="5856024247">



大佐
自己紹介
ブログ管理人:大佐

趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。
IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。
また、ブログのアクセスアップのアドバイスもしています。
20170212213257a08.png
[ 2017/01/25 11:01 ] 時事のお話 | TB(0) | CM(0)

日本と大麻栽培の関わり、商業用と嗜好品大麻の違いをわかりやすく教えてください。


三重県の一般社団法人「伊勢麻振興会」という団体が国内の大麻農家が減少し、神事などに使う大麻製品が不足してしまっていることから、大麻栽培の許可を申請しましたが県側はこれを却下してしまいました。

一体日本と大麻にはどのような関わりがあったのでしょうか?何故大麻栽培が却下されたのか、わかりやすく解説していきましょう。

しめなわ

大麻はもちろんあの大麻です。
日本で大麻を使用、輸入、所持した場合、もちろん大麻取締法にによって警察に捕まってしまいます。

ですが、世界では大麻の使用が少量であれば合法であるところ(例えばオーストラリアやウルグアイなんかがそうです)もありますし、鎮痛薬などので医療用大麻として使用が認められている国もあります。

日本でも大麻の歴史は古く、昔から大麻は使用されておりました。

なんと縄文時代からです。
土器の文様では大麻の縄で付けられた形跡があったり、大麻の種が出土されたりしています。

そして今でこそ大麻は悪いイメージになっていますが、実は大麻は「神の象徴」として崇められる存在でした。
これには諸説ありますが、大麻は「罪穢れ(つみけがれ)をはらう」という存在で、邪悪なもの、悪いものをお祓いしてくれると言うことからでした。

その証拠に、現在でも神社にある「しめ縄」や神殿に吊るしてある鈴の縄も大麻で作られています。
(お相撲さんの横綱が付けている神聖な化粧綱も大麻で作られています。)
世界でも大麻は多くの儀式や神事に使用されていますね。

さて、個人が勝手に大麻を栽培するのは禁止なのですが、日本でも大麻が栽培されていることはご存知でしょうか?
日本では「産業用大麻特区」という所を設けて産業用の大麻であれば栽培しても良いことになっています。

どういうことかといいますと、実は大麻と言う言葉といいますのは正確には「麻」という植物名が正しいのです。
麻にはTHC(テトラヒドロカンナビノ-ル)という成分が含まれており、これが体に入ると俗に言う「ラリる」ようになるんですね。

しかし麻には種類があり、種類によってこのTHCの含有量が変わってきます。
嗜好品として使う麻には、このTHCという成分が5~20%ほど入っていますが、産業用の麻には0.3%未満しか含まれていません。

嗜好品で使うものと産業用の大麻の種類は全然違うんですね。

日本の大麻取締法にはこんな事が書かれています。
「大麻草の成熟した茎およびその製品、大麻草の種子およびその製品は合法である。」と言う部分です。

この産業用の麻ですが、成熟しますと葉っぱの表面の繊維、種子にはTHCは含まれていません。
(ただ麻には雄株、雌株があり、雌株の花の所にTHCの含有量があります。)

ですから、しめ縄と言ったものに使われても捕まったりすることはないですし、麻の服を安心して着られ、産業用の大麻を栽培できるというわけなんですね。

ちなみに「七味にも大麻が使われている」と聞いた事があるかもしれませんが、確かに大麻は使われているのですが全くTHCは含まれていません。

この産業用大麻ですが都道府県の許可がないともちろん栽培することができません。
やはり、勝手に進入されて大麻が採られてしまったり、個人が勝手に栽培をする事件があったりするので慎重にならざるをえません。

現在では北海道の北見市といったごくわずかな地域でしか産業用の大麻は栽培されていません。

1950年頃は大麻の農業がかなりたくさんあり、作付け面積が4049.2ha(ヘクタール)、農業者も25000人ほどいました。
しかし、今では農業者も100人もおらず、作付け面積も10haほどです。(1ヘクタールは100m×100m=1000㎡)

ですから日本の大麻農家というのはかなり絶滅の危機にあるんですね。

そんな折に三重県の一般社団法人「伊勢麻振興会」は神事などに使う麻製品が不足してしまっていることから、大麻栽培の許可を申請しました。
しかし、これが却下されてしまいました。

現在では化学製品の代替品もありますし、外国産の大麻繊維もあるので、三重県でわざわざ作る必要性はないという判断からでした。
協会側は再度申請内容を修正して、今年4月から栽培をしたいと考えています。

【スポンサーリンク】


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7859297220454570"
data-ad-slot="5856024247">



大佐
自己紹介
ブログ管理人:大佐

趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。
IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。
また、ブログのアクセスアップのアドバイスもしています。
20170212213257a08.png
[ 2017/01/09 05:00 ] 時事のお話 | TB(0) | CM(0)

アメリカ大統領就任式ではどんな流れで何をするんですか?わかりやすく教えてください。


2017年1月20日に、第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏の就任式が行われます。
就任式では一体どんなことをするのか、わかりやすく解説していきましょう。

就任式

アメリカ大統領の任期は4年です。
ですが、次の大統領も同じ大統領が良いと言うことであれば最大で2期(8年)勤めることができます。

オバマ大統領は2期勤めた大統領なので、これ以上大統領ではいられません。
ですから2017年1月20日に任期が終了し、変わってドナルド・トランプ氏が就任式を終えて大統領となります。

就任式は必ず1月20日に行われ(この日はアメリカは祝日となります。)、だいたい正午より少し前に始まります。(オバマ大統領の時も12時頃から行われました。)

場所はもちろんワシントンD.Cです。

最初は聖職者によって祈祷されて、音楽と共に大勢の観客の前でアメリカの副大統領が登場して宣誓が行われます。
あれれ?副大統領って誰?と言う話ですが、ヒラリー・クリントンさんではありませんよ(笑)

マイク・ペンスと言う方が今回のアメリカ副大統領です。
誰・・・?と思う方は多いかと思います。

ちょっと大統領選挙の仕組みの話になってしまうのですが、大統領選というのは一つの党(例えば共和党とか)の中に大統領になりたいと思っているたくさんの候補者がいます。

そこから最終的には一人代表候補者を決めていくのですが、その代表候補者がほぼ確定した時に、その人は「ランニングメイト」と呼ばれる人物を決めて発表しなくてはいけなくなるのです。

この「ランニングメイト」こそが副大統領となれる可能性のある人物です。(ただし、代表候補者が大統領選で負けたら副大統領も副大統領にはほぼ確実になれません。)

なかなか副大統領と言うのは目立たないのであまり話題にはならないのですが、実は大統領の候補者とランニングメイトは二人三脚で一緒に各地を回って顔と名前を売ってきていたんですね。

とにかくその選挙の最中にドナルド・トランプ氏が指名したのがマイク・ペンス氏です。
この方は前職は弁護士をしており、インディアナ州の知事もしていました。

副大統領の宣誓が終わりますとファンファーレが4回鳴り、「Hail Columbia」という曲が流れます。

次は本命の大統領の登場です。
まずは合衆国最高裁判長の前で宣誓を言います。

合衆国最高裁判長が宣誓の言葉を読み上げ、その後に続いて宣誓をしていきます。
この時、左手を聖書の上に乗せます。
「神に誓ってその言葉を言っていますよ」と表現しているんですね。

この就任式ではこんな事を言います。
「私は合衆国大統領の職務を忠実に遂行し、力の限りを尽くし合衆国を守ります」
そして最後に「So help me god(神に誓って)」と言います。

宣誓後に、再度ファンファーレが4回鳴り、またまた今度は「Hail to the Chief」という曲が流れます。
そして、21発の礼砲を撃つのです(大砲で(空砲)を撃ちます)

何故21発なのかと言いますと、これはその受ける人(受礼者(じゅれいしゃ)といいます。)の階級によってわけられているのです。

例えばこんな感じですね↓
・国旗、元首(天皇とか大統領とか国王と言う人物)、皇族・・・21発
・副大統領や首相・・・19発
・閣僚や特命全権大使など・・・17発

礼砲は昔から行っている儀式ですが、1675年に海軍本部書記官長のサミュエル・ピープスという人物が、経費節約の為に最大の礼砲の数を21発と決めました。
それが今に至っているわけですね。ですから、21発以上の上はありません。

礼砲を行った後に、大統領のスピーチを行います。

就任式では大統領のこのスピーチが非常に注目されます。
何故ならここで伝説的なスピーチをした場合、後世に語り継がれるからです。

例えばですが、オバマ大統領のスピーチはこんな事を言いました。
こちらを見てみましょう↓
スピーチを見る

非常にすばらしいスピーチですよね。
ですから特に今回は暴言を吐く事で有名なトランプ氏のスピーチと言うのは全世界が注目するはずです。

スピーチが終わり、祝賀昼食会を行った後には、議会で書類に署名をします。(最初の業務ですね。)

そして、最後にホワイトハウスまで続くペンシルバニア通りを通ってパレードをします。
この時、車から途中で降りて徒歩で移動することが慣例です。

これは、第39代アメリカ大統領(1977/1/20~1981/1/20)、ジミー・カーターが行った事から始まりました。

もちろん、その夜は豪華な祝賀晩餐会が開かれます。
すばらしい料理がたくさん出てきます。
しかし、私達はそれを見ることも食べることもちょっとできないですね。


大佐
自己紹介
ブログ管理人:大佐

趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。
IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。
また、ブログのアクセスアップのアドバイスもしています。
20170212213257a08.png
[ 2017/01/06 05:29 ] 時事のお話 | TB(0) | CM(0)

IoT化とはどんな技術で何に使われているのかわかりやすく教えてください。


IoTという技術が現在注目されつつあります。
一体どんなものなのかわかりやすく解説していきましょう。

IoT.gif

私達は今、スマートフォンを使っていろいろなことができるようになりました。
音楽をダウンロードしたり、メールを送ったりできるのはインターネットという技術が発達したからです。

しかし、まだまだこの技術の可能性は広がります。
それがIoTという技術です。

IoT(アイ・オー・ティー)といいますのは、Internet of Thingsの略称です。
これは第4次産業革命とも言われており、「モノのインターネット」という意味を表します。

第1次産業革命は「蒸気」すなわち蒸気機関によって新しく産業が発展しました。
第2次産業革命では、電気や石油によって世の中に自動車や電灯といったものが登場しました。
そして第3次産業革命によってコンピューターが普及し、世の中が便利になりました。

そして第4次産業革命が今まさに起ころうとしているのです。

今までの場合ですと、人間が機械を調整したり調節したりしてきました。
例えばですが、何かの器械が壊れてしまった場合、人間が調整して壊れている場所を探し出し、ダメな部品をどこかの業者に発注してる流れでした。

第4次産業革命では人間の変わりにAI(人工知能)が行ってくれるようになるのです。
器械が壊れたときに、AIが探し出してくれて、それに必要な部品も自動的に取り寄せてくれるようになるのです。
おまけにいつ故障しそうなのか?そういったことも計算して情報を提供してくれたりもします。

つまり、人間が介入する部分を自動化させて、モノとモノやモノと人間が接続して、よりよい人間生活を送るようにできることを可能にさせてくれるのです。
これを応用すると、さまざまな事ができるようになります。

例えばですが、家の電灯やお風呂などあらゆるものにセンサーを付けておきます。
そして、私達が会社から帰るときになったら、自分のスマートフォンに「家に帰る」というボタンを押します。

すると、自動的に今から家に着く時間を電車や交通渋滞などの予測を計算し、家に着く1分前には電気が灯され、丁度良い温度でお風呂が沸いています。
暖かいコーヒーだって勝手に作られているはずです。

このIoTの技術は既にいろいろな所で使われ始めています。

例えば、株式の取引ですね。
人間が行うとどうしても「欲」の部分がでてしまい、まだまだ株価が上がるぞ~と思っているうちに、あれよあれよと株価が下がってしまい結局損をしてしまうことがあります。

しかし、IoTの技術を使用したソフトで取引を行っている場合は違います。
今までの蓄積されたデータや今後の予測値を計算し、自動的に株の売買をしてくれます。
AIという人工知能を持った器械ですから人間の感情抜きに取引を行ってくれるため、損がほとんど出ないと言われています。

スペインのバルセロナ市ではこんな事が行われています。
このバルセロナ市では市内全体をWi-Fiで接続されています。

そこで「スマートパーキングメーター」と呼ばれている機械を使います。
この「スマートパーキングメーター」は膨大なビッグデータと呼ばれるものの中から駐車場の状況を分析しています。

これによって、ユーザーはどこの駐車場が空いているのかリアルタイムで見ることができ、すぐに空いている駐車場へ車を停めることができるのです。

総務省では2020年のIoTによる経済効果は4兆9300億円、雇用創出効果は44万9300人と発表をしております。
このIoT化はまずます発展して、よりよい生活環境を与えてくれるのは間違いなさそうですね。

【スポンサーリンク】


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7859297220454570"
data-ad-slot="5856024247">



大佐
自己紹介
ブログ管理人:大佐

趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。
IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。
また、ブログのアクセスアップのアドバイスもしています。
20170212213257a08.png
[ 2017/01/04 05:00 ] 時事のお話 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

大佐

Author:大佐
ブログ管理人の大佐です。
ニュースをわかりやすく解説しながら会社員をしております!
みなさんに役立つ内容をと、奮闘中です。
わからないことは気楽にメールで聞いて下さい。



★大佐へのメッセージは

ココをクリック

スポンサーリンク