FC2ブログ

東京から屋久島に行ってキャンプして縄文杉を見に行く。⑮帰るぜバカヤロー



5月1日。
令和となったこの日も朝から雨です。

昨日の夜は帰りのルートをどうしようか悩んでおりました。実は飛行機の予約は取っておらず、新幹線で帰ろうか思案してました。

スマホで日本地図を開きますが、鹿児島から東京までって改めて見ると結構な距離です。

むっちゃ遠いやん・・。

そんなわけでギリギリの所で飛行機を予約します。
案外連休中でも取れるもんでした。
5月1日18時44分の飛行機が取れました。

20190523185312741.jpeg


さあ、起きて朝食です。
残りの食料を全部頂こうとしたら、こうなりました。見事にインスタ映えしてます。

高速船は12時に既に予約してあります。
が、しかし問題はこの雨です。

雨の中歩けばカッパは濡れますし、どうしたもんかと考えます。ずぶ濡れのテントもコインランドリーで乾かしたい所です。

しばらくすると雨が止み始めたので、このチャンスに賭けて急いでテントを畳み支度します。

さらばキャンプ場。
もう二度と来ることないと思う。
そんなに好きじゃないのにカレーばっかだったわ。

移動してコインランドリーに入ります。
本当にコインランドリーがなければ今回の旅は地獄絵図と化す所でした。

屋久島の神は結局コインランドリーでした。

テントも乾いてバスに乗ります。
このバスにも世話になった・・。

高速船乗り場までは行かず、一旦お土産屋さんを覗いてみます。

20190523185326c34.jpeg


屋久杉で作った彫刻のお土産が並んでいます。
縄文杉のポストカードを思わず買ってしまいました。

「これ、入れておきますねー。」

と言われて後で見たら、ポストカードと同じくらいのサイズのハガキが入ってまして、こんな事が書いてありました。

「あなたを令和である5月1日に屋久島で過ごした事を証明します。」
全然嬉しくない・・。

20190523190449ad8.jpeg


外に出るとまた雨が降ってきました。
山の上はさらに酷い雨が降っていると思います。

20190523190435045.jpeg


高速船乗り場に着き、時間通りに高速船に乗ります。テレビという文明にホッと致します。

20190523185343237.jpeg


「やった!帰れる!」

コーラを飲みながら船に乗り、2時間半程で鹿児島本島に着きます。
高速船乗り場からは鹿児島空港まで行けるリムジンバスが出ていますので、これに乗ります。

交通の便、めっちゃええやん。

チケットも余裕で買え、リムジンバスと言う響きにも慣れて安心して乗れます。
自分、成長した気がします。

201905231853591bb.jpeg


空港のチケットも発券機で一発で取れました。
自分、成長した気がします。

20190523185416c56.jpeg


鹿児島空港で黒豚のカツ丼とか頼んじゃいます。
自分、成長した気がします。

鹿児島空港には様々なお土産が並んでいます。
楽しい。

20190523185430434.jpeg


人は旅なんかしなくても生きれますし、結婚やら恋愛やらしなくても生きれます。

あ、これウマそうですね。

20190523185501fb5.jpeg


そう言えば最近、ニンテンドーDSでヨッシーのクラフトパークって言うゲームやってるんですよ。

このTシャツ好きです。

201905231854449f6.jpeg


ゲームって一面から最終面までありますけど、ただゴールを目指して進む事もできますよね。

でもゲームの中でコインを取ったり、アイテム取ったりミニゲームをして、ラスボスを倒してエンディングを迎えるのと、どっちが楽しいか?と言ったら明らかに後者です。

九州の甘い醤油気になります。

20190523185515904.jpeg


ただゲームをクリアするのか?
それともゲーム内のコインやミニゲームをやって全部楽しんでクリアするのか?

人それぞれかもしれませんが、僕は後者の方が楽しいと思いますね。

「かるかん」って何ですか?九州の方教えて下さい。

2019052318553630a.jpeg


自分の時間には限りがあります。
だから回り道やアイテムを取ったり、ミニゲームをしてみて下さい。

たぶん死ぬ時に後悔しないと思います。



家にツイター!! \\\\٩( 'ω' )و ////


おしまい。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/05/23(木) | エンターテイメント | トラックバック(0) | コメント(0)

東京から屋久島に行ってキャンプして縄文杉を見に行く。⑭キャンプで休暇を過ごす



4月30日、起きます。

雨です。

当初の予定では「よーし!この日はもっと屋久島を満喫してやるぜー!?」と、いう日にしていました。

ですが足は筋肉痛だし、こんな雨の中を出かける気なんてさらさらありません。

201905221837402cf.jpeg


まずは遅目の朝食を取ります。
と言っても7時くらいですからね。
凄く普通です。

今日は何をしようかと思案しますが、一日テントの中で寝てるのも退屈です。

「そうだ。テント生活を快適にしよう。」

わざわざ屋久島まで来て行う意味は全くないのですが、一日の目的は欲しいところです。

実は先程の朝食に写っていた箸とスプーンは即席で適当な枝を拾って作ったのですが、どうにも枝が曲がっていて使いづらい。

そんなわけで屋久杉を使って、記念にしっかりとした箸を作る事にしました。

雨が一瞬止んだ隙を狙って、海岸へ打ち上げられた枝を探します。
屋久杉は油分を含んでいるので、なかなか腐りにくい為、他の枝と大体は見分けがつきます。

20190522183806738.jpeg


ちょうど良さそうな枝が見つかり、加工します。
僕のナイフはノコギリまで付いているという、万能ナイフですからね。

木を削ると杉の良い香りがします。

201905221838262d8.jpeg


なかなかいいんじゃないすか?
自然の凹凸も残しつつ、野生感が出てる箸です。

次にカッパを乾かせるハンガーとフックを作ろう!と、思いまた海岸へ向かいます。

201905221838423d0.jpeg


ハンガーは全然うまく行きませんでしたが、フックは出来ました。
でもコレジャナイ感半端ないです。

20190522183859f8d.jpeg


ついでに貝殻まで拾ってきます。
この形、イモガイなんじゃ・・と思い始めます。

2019052218370201b.jpeg


イモガイは猛毒です。
イモガイは大きくわけで3種類あり、魚食性・貝食性・虫食性に分かれます。
最も危険なのは、魚食性のイモガイで、刺されると人間はイチコロです。

この種類に毒があるか謎ですが、まあ中身が無いので大丈夫です。

そんな事をしてますとあっという間にお昼となります。
お昼はカレーです。

暇なのでインスタ映えとかやってみたんですが、全然映えません。

20190522190044c80.jpeg


結局こうなります。

201905221839128ea.jpeg


お昼を食べてから今度はテントの修理に取り掛かります。実は長い雨でテント内は雨漏りしていまして、ビニールを切って雨漏りを防ごうとしますが、なんだか上手く行きません。

カニを捕まえようと奮闘したり

20190522184543dd3.jpeg


貝を取って味噌汁にしようとしたり

20190522184601254.jpeg


一瞬の雨上がりのチャンスに釣りをしたら、糸が絡まってぐちゃぐちゃになったりと言う、たわいもない一日となりました。

20190522184619b94.jpeg


仕方ないので屋久島最後の夕飯にします。

明日はいよいよ帰宅。
せめて最後くらいは豪勢な夕飯にしたい所です。

夕飯はカレーです。

201905221846407cb.jpeg

スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/05/22(水) | エンターテイメント | トラックバック(0) | コメント(0)

東京から屋久島に行ってキャンプして縄文杉を見に行く。⑬凄惨



みなさんは縄文杉を見終わって、その後に話のネタがさらに増える事ってあると思いますか?

普通は宿に無事に着いて良かった。
で終わるはずです。

これは一人の人間が苦労して縄文杉を見終わって、さらに苦労して夜寝るまでのノンフィクションです。

荒川登山口から乗った登山バスでは爆睡し、屋久杉自然館にはいつのまにか到着しました。

窓の外が凄い事になっております。
大雨に加えて強風が吹いております。

いやこれ台風でしょ・・。

とにかくまずは市営バスに乗らなくてはなりません。屋久杉自然館からキャンプ場がある宮浦小前まで行くバスを探します。

しかしながら疲れているのか、バスの時刻表がよく読めません。
というかそもそもわかりにくい・・・。

雨はザーザー降っていて、強風は吹きまくっています。屋久杉自然館に設置してある町内会で使う様なテントに水が溜まっています。

バスよくわからん・・

そう言ってバスの時刻表を眺めてましたら、強風が吹いた瞬間にテントに溜まっていた水が一気に流れて頭から被りました。

このバカ!!

ユニクロのウルトラライトダウンは水を吸い込み、もはやどうにもなりません。

そんな事をしてると一台のバスが停まります。
わざわざ道路を挟んで向こう側に停車します。

このバスなのか!?違うのか!?
降りしきる雨の中、確かめに行きます。

「安房行き」

怪しい!!
今の僕は野生のカンがビンビンに研ぎ澄まされてます。
こいつは乗ったらヤバイ!

乗るのをやめます。

次に来るバスはいつなんだ!?
というかもうタクシーに乗ろう。
屋久島のタクシー会社に電話をします。

しかし悪い予感しかしません。
というのは以前に大島という離島に行った事がありまして、離島のタクシーは全く捕まらない事を知ってたんです。

「タクシーはありません。」

というか、何を勘違いしてるのか、これから荒川登山口まで行くタクシーの手配と勘違いしてやがります。

雨音と強風で会話も全然聞こえません。

ちゃうわ!今から山なんか登るか!もうええわ!
そんなわけでバスの時刻表の解読を行い、17時半頃にバスが来る事を突き止めます。

201905211946453f0.jpeg


冷静になってスマホで見ればわかるんですが、この時は全く思いつきませんでした。

このバスに全神経を注ぎます。
これに乗らないと死んじゃいますから。

ようやくバスが来て乗り込みます。

外はさらにとんでも無い事になっております。
災害です。

みなさんは台風の日ってどう過ごしますか?

えぇ、そうですよね。
家にいると思います。

僕はこれから移動して、さらにキャンプとかしちゃうんですよ?

最初に怪しいと思って乗らなかった安房を経由して行きますが、特にこの辺りは尋常じゃない程の強風と雨が吹いており、地獄絵図です。

あのバスに乗っていたら、ここで降ろされる所でした。危ねぇ。

しかし、それよりさらに深刻な問題が。

テントです。

こんな台風に3980円のテントが耐えられるはずがありません。「しかしロープで固定して来たし、チャックもしっかり締めて来た。」と自分に言い聞かせます。

どっちにしろ今はバスに乗ってキャンプ地へ行くしかありません。

しかし、しばらく乗っていると急に雨と風が止んで、若干の晴れ間も見えて来ました。

なんだったんだ・・・。

でもキャンプ場は案外平気だったかも!
安堵感が出ます。

さて宮浦小前のバス停でバスを降ります。
まず何をしなくてはならないか?

服とリュックサックと靴を乾かす為に、バス停からすぐ近くのコインランドリーに駆け込みます。

20190513070246ef1.jpeg


よし!空いてる!

靴用の乾燥機にぶち込みます。
その間は裸足で過ごす事になります。

そしてTシャツと靴下、ユニクロのウルトラライトダウン、リュックサックを洗って、乾燥機にかけます。

これでは裸になってしまう為、ビニールで保護しておいた最後の着れる服、ダウンチョッキを裸の上に着ます。

裸の上にダウンチョッキ、濡れたジーパン、裸足。
これじゃあ芸人の杉ちゃんです。

こんなワイルド状態の人がいるコインランドリーに一人の青年が入ってきました。
「あ!山で何度か会いましたよね?」

下山してきた時に何度か抜きつ抜かれつしていた青年でした。
どうやら同じバスにも乗っていたらしいのですが、自分で精一杯だったので全く知りませんでした。

青年は全国をヒッチハイクで回っていると言ってました。
自由だな。

靴の乾燥機は一回では全く乾かず、結局3回もトライしました。それでもまだ乾いてなかったので半乾きで履く事にします。

201905211947048e2.jpeg


服は全て乾いたのでようやくマトモな姿になりました。

ただジーパンもパンツも濡れているので一旦キャンプ場に戻ってから、もう一回コインランドリーに行く事にします。

大丈夫だと思うけどテントは心配です。

キャンプ場までは普通に歩けば15分ほどかかります。しかし、このトレッキングで足がめっちゃ痛い。

右足を引きずりながら30分もかけてキャンプ場まで歩きました。

「いやー、疲れた。」
時刻は7時半を過ぎてます。

テントに近づきます。

・・・あれ?

テント・・なくね?

さらに近づくと、凄惨な現実が広がっておりました。

テントは吹っ飛ばされており、せんべいの様にペシャンコになって倒れております。
食器類もガスコンロも吹っ飛んでます。

恐る恐るテントのチャックを開けます・・。

テントなのに床上浸水しておりました。

全然大丈夫じゃなかった。
寝袋なんて水を吸って20倍くらいの重さになってます。

「くっ!重ぇぇぇ!」

とにかくテントを立て直して、水を排除して住める状態に戻します。
ジーパンも脱いでパンツも脱ぎます。

代わりのズボンなんて持って来てねぇよ・・
と思ったらなんと水着を持って来ているじゃないですか。

「暑かったら海で泳いじゃうぜー!」とか思って持って来た水着がここで役に立ちます。

こうしてノーパンで水着を履いて、寝袋とジーパンを持ってまた30分かけてコインランドリーに戻りました。

もう9時やん・・。

さっきの青年はまだいました。

「今日一日でコインランドリーに一番貢献したのは間違いなく俺だろ。」

そう独り言を言ってゴトンゴトン唸る乾燥機を見つめるのでした。

2019052119473783f.jpeg


結局、夕飯を食べて寝たのは11時でした。
夕飯はもちろんカレーです。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/05/21(火) | エンターテイメント | トラックバック(0) | コメント(0)

東京から屋久島に行ってキャンプして縄文杉を見に行く。⑫屋久島牙を向く



最近、屋久島が大雨に見舞われて登山客が孤立したニュースがやっておりますが、僕もあそこまでは酷くはないですが大変な事となりました。

「さあ、帰ろう。」

縄文杉に着いてから一瞬だけ太陽が顔を出して、なかなか良い写真が撮れたので帰る事にします。

帰りも登って来た時間と同じくらいかかると思うとウンザリしますが、自分の足で下るしか方法は無いとです。

20190520184433190.jpeg


★縄文杉豆知識
縄文杉は観光客が増えて根を踏むので、木の柵で今は囲まれています。
この人工の柵によって「観光地」と言う感じがどうしてもしてしまいます。

帰り始めますと、なんだか行きより雨が降っている気がします。
最初は気のせいかと思ってたんですが、どうやら違うようです。

ジーパンが洗濯して脱水した直後みたいになっています。

★縄文杉豆知識
・上半身にカッパを着ていれば、行きはあまりズボンは濡れません。(多分登りだからだと)
しかし、帰りは濡れます。
帰りに下半身のカッパを着るのが良いかと思います。

僕は前述でも述べた通り、上半身しかカッパを持って行きませんでしたからね。
そして持って来たとしても今更着ようとは思わないでしょう。

次第にジーパンが重くなります。

そしてついにあの重量級のブーツにも雨水が侵入して来ます。なんか、雨水吸い込んで違う色になって、さらに重さが増してます。

あんなに行きは平気だったじゃないか!
ジーパンとブーツの裏切りに会います。

というか、なぜジーパンで登ったのか今では皆目わかりません。
ブーツも意味わかりません。
なんでバイク用なんだ。バカか。

★縄文杉豆知識
・靴はほぼ確実にビショビショになります。
長靴でもない限りは雨を通しますから。
なので、最初から靴を諦める覚悟が要ります。
・それか上手に防水対策して下さい。長靴を履いてるガイドもいましたから、案外長靴も良いかもしれません。

20190520184405ba1.jpeg


たまに普通のYシャツで傘を持って下山してる人もいましたが、たぶんコンビニに行こうとして迷い込んだんだと思います。

無視します。

無言の下山が続きます。
雨は容赦なく振り続け体力を奪います。
腹が減ります。

★縄文杉豆知識
・縄文杉へ行く為の食料は多い方が良いです。
僕はフランスパンとチョコレート1箱しか持って行きませんでしたが、これはマネしちゃダメです。
・普通のお弁当に加えておにぎり、パンなど片手で食べれる食べ物が欲しいところです。
・ガイドが味噌汁を配ってるのを見ましたが、これは温まりますし、体力が回復します。塩分のある梅干しも重要なアイテムです。
・チョコレートなども大目に持って行きましょう。雨の下山は本当に辛いので、食べ物が気分を和らげます。

20190520184457693.jpeg


下山して行くに連れて雨はさらに強まります。
雨の中、下に下るのって結構怖いんですよね。

ようやくトロッコ道に出ます。

前にずっと一人で歩いてる青年がおり、抜きつ抜かれつ歩きます。
この青年とは後で運命的な出会いを果たしました。

途中で登って来た中年のオッサンの幽霊に出会います。
「楠木川行かれますか!?」と言われます。

なぜ、その質問を僕に急にしてくる?
しかも今からの時間で登山は無謀過ぎるし、なんだか変な格好してます。

これは多分幽霊なので、適当に相槌を打って下ります。怖いですね。

トロッコ道は途中から山から流れる雨で水没してます。

オイオイ・・本格的にヤバイな・・。
この時に靴は諦めました。

行きとは全然違う森の様子にビビります。
川なんて洪水の様になってますし、トロッコ道に上から滝の様に水が落ちています。

しかしココを通らないと帰れないので意を決して通ります。
電化製品と財布以外はここで全てを諦めます。

森が我々に牙を向きました。
自然こぇぇ。

自然の脅威にさらされてどうにか荒川登山口に着きます。

さて、バスにこれから乗るわけですが、なかなかバスは来てくれません。
これがかなり辛いのです。

★縄文杉豆知識
・荒川登山口への迎えのバスはなかなか来ません。
この間、濡れた体だと本当に寒いですし、風邪ひきます。(引きました。)
・荒川登山口には着替える所があるので、ここで乾いた服に着替えるのがベストです。その為、着替えを必ず持って行く事が良いです。
・ここでバスに乗る人達にプラスチックのタグが配られます。次に乗る人は青色のタグ、その次に乗る人は黄色のタグという様に、整理券がわりに配られます。


アカン、このままでは風邪引くわ!と、ビニールに入れていたユニクロのウルトラライトダウンを取り出し、更衣室で濡れた服を脱いで裸の上に来ます。

皆がいる中で、この一枚の下が裸だと思うと興奮してしまいます。

結局は風邪を引いたわけですが、しかし乾いた服を持っている事は非常に大事だと知りました。

二度といかないですが、もう一度行く時はさらにちゃんとした着替えを持ってく事でしょう。

30分程バスを待ち続け、ようやくこの山から解放されました。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/05/20(月) | エンターテイメント | トラックバック(0) | コメント(0)

東京から屋久島に行ってキャンプして縄文杉を見に行く。⑪父なる神



★縄文杉豆知識
荒川登山口から縄文杉まではざっと5時間かかると言われています。往復10時間(帰りは下りの為、30分くらいは早く行けます。)

僕は最初、ネットに書いてある時間より早く着くだろうと思っていましたが、本当にこのくらいかかりました。(僕は5時間半)

人の体力や気力にもよりますが、やはり若干体力を付けて挑まないと途中で挫折するかもしれません。

201905172156012a6.jpeg


山道は険しく、相変わらず雨が降っています。ただガイドが引き連れたグループが周りにいるので、所要時間としては順調のようです。

山道には上りの人が優先で、お互い挨拶を交わすという、誰が作ったか知りませんがそのようなマナーがあります。

僕もトレッキングをしている最中に大体は下ってくる人が道を開けてくれました。

ただ、もう疲れてくると挨拶とか道を開けてくれた人にお礼を言うのがおっくうなんですよね。

だんだんとコレが体育会系の挨拶のように思えて来まして、「なんだろうこの風習」と思うようになりました。

まあ、すれ違う人が無愛想だと気分が悪いですからね。そこは守って行きましょう。

そういえば映画「もののけ姫」ではサンが山道をガシガシ走り回っていましたね。
あれ、無理です。

まず第1に石とか木がメッチャ滑ります。
第2にあんな険しい道を走れるわけがありません。
自衛隊のレンジャー部隊だって無理。

さっきから何でこんな事を書いているかと言いますと、これから先はただ気力で歩いていて別段何もないからなんです。

そんな事をしていますと突如、大木が現れます。
「大王杉」です。

201905172156312f8.jpeg


樹高24.7m
胸高周囲11.1m
推定樹齢3000年
標高1190m

下から見上げるような位置にたたずんでいる、太古からある杉。
今までどのような世界を見てきたのでしょうか。

道はまだまだ続きます。
下って来た通りすがりのオッチャンに「大丈夫?」と声をかけられます。

話を聞くとまだまだだって。
本当にこの先に神はいるのでしょうか。

20190517215659c1b.jpeg


これまで数々の杉の写真を撮って来ましたが、あんなにも巨大な杉が写真で撮ると迫力のない写真となります。

またインスタ映えするなら雨の方が良いらしいですが、僕は晴れの方が普通に良いです。
インスタ?バカ言ってんじゃない。雨の中5時間も歩いたら萎えるわ。

★縄文杉豆知識
・写真で撮ると迫力がなくなります。
・インスタ映えは雨の方がよい(らしい)


さらに進んでいくと二本の杉が出現します。
「夫婦杉」です。

20190517215722114.jpeg



樹高 22.5m
胸高周囲 5.8m
推定樹齢 1500年
標高 1230m


樹高 22.9m
胸高周囲 10.9m
推定樹齢 2000年
標高 1230m

この夫婦は500年経ってから夫と妻が出会い、1500年もの間一緒に暮らして来たのです。
人間はたかだか50年ぐらいしか夫婦の時間がありません。


夫婦って書いてあるのに、夫の方しか撮ってこないと言う始末です。
この杉のすぐ横には本当は妻の杉が立っています。

完全に疲れてますね。

20190517215803b29.jpeg


縄文杉は私の夢の一つでした。
もののけ姫を見て以来、「いつか屋久島に行って縄文杉を見てやろう」と片隅で思っていました。

大学時代はその機会を逃し、さらに社会人になると夢なんて追ってる暇はなく、目の前にある仕事を片付け、週末は疲れ果てています。

海外とは違い、有給を取りにくく長い休みも日本にはありません。チャンスがないのです。

チャンスを作れ?

それには何かを犠牲にしなくてはなりません。家族だったり仕事だったり、自分自身さえも犠牲にしなくてはならないのです。

生きていてチャンスに巡り会えるなんて事はほとんどないのです。

年を取ってからではこの様な道を登る事もできません。もし行けたとしてもその時はあの巨木達が立っている姿を見れないかもしれないのです。

だから大事にしてください。
チャンスを。

歩き始めてから5時間半。
そこにはこの島、最大級の巨木が力強く立っていました。
「縄文杉」です。

2019051722041241c.png


樹高 25.3m
胸高周囲 16.4m
推定樹齢 2000年〜7200年
標高 1300m

風が吹く中、堂々と、我々に興味もなく、ただそこに父なる神は根を張り佇んでいました。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2019/05/17(金) | エンターテイメント | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »