お酒の税金



 ビールの値段が変わるらしいですね。
単純に下がったり上がったりするのではなく、350mlの缶一本に対し、一律酒税額を55円にそろえるということでございます。
普通のビールは少し安くなり、発泡酒、第三のビールは高くなるのです。

なんでこんなことをするのかといいますと、「似ているビールなのに税額が異なるのは税制上問題があり、ビールメーカーの競争環境をゆがめている」のだそう。

結局は税金を多くとるための対策なんですよ。

みなさんよく考えてください。今までも政府はこの一部の価格は下げますけど、ちょっとだけ税金を上げさせてもらいますよ~と、
お得感を前面に出してくる政策をとっていますよね。

税金なんて国民全員がいろんなものから払ってますから、よくわかりにくいように出来てまして、損しているように感じないわけです。
 結局は多く税金を取られているのです。

20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
スポンサーリンク


自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2015/11/17(火) | 経済のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bakademonews.com/tb.php/213-b63f8710
 |  HOME  |