農産物の関税がなくなる理由を教えてください



TPP交渉で、農産物の関税が撤廃されるそうですね。
いまさらですが軽くおさらいしましょう。

関税とは、国内の漁業や畜産、農産物になどに対して、安い輸入製品から守るために輸入製品に税金をかけることです。

今回、何で農産物がの関税が撤廃されることになったのか・・・?
一部の農産物では非常に高い関税がかけられているものもありますが、農産物全品のうち、24%が関税ゼロ、20%以下の関税は48%と合わせて72%と、200%以上の関税がかけられているものがほとんどないからです。

言うまでもなく日本政府は、日本の漁業や畜産、農産物の生産量を上げなければならないですから、必然と関税が撤廃されても日本の生産者に対してダメージが少ないものを選んだわけです。

ただ、農産物の生産者達のダメージを少なくするため政府が税金で助けたりすることになりますが、一体こうなると、TPPってなんなんですかね・・・と思います。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2015/11/17(火) | 経済のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bakademonews.com/tb.php/214-1a3b56c6
 |  HOME  |