2016年度の子育て世帯臨時特例給付金の減額をわかりやすく



政府が子育て給付金を2016年も検討しているらしいですね。
このニュースを今回は詳しく解説していきたいと思います。


子育て給付金とは「子育て世帯臨時特例給付金」と正式名称は言います。
長ったらしい名前ですね。
混同される方もいらっしゃるので、最初に言っておきますが、「児童手当」とは別のものですから注意です。

この給付金は2014年度に最寄の自治体から支給されました。
支給対象者を下に簡単にまとめます。

■15才までの子供に支給されます。
■2013年度に児童手当が支給されていた人達は貰えます(所得がたくさんある家では貰えないのです。)
■臨時福祉給付金(所得の低い人に対して一時的に支払われる給付金のこと)を貰っている所はもらえません。
■老齢基礎年金だとか、特別障害者手当なんかをもらっているご家庭は+5000円支給されます。

この支給は年間に一度です。
「臨時」という言葉がついてますからとにかく一回限りです。
貰うためには、市役所に申請書を提出します。

実はこの給付金は減らされていること知ってました??
2014年度・・・一人につき1万円
2015年度・・・一人に付き3000円

なんと7000円もマイナスなんですよw

ちなみにもう一度言っておきますが、児童手当は減らされていませんよ。
減ったのは子育て世帯臨時特例給付金ですからね。おまちがえなく。

この給付金はなぜに行うことになったのかですが、もちろん「子供を支援するため」ですが、やはり一番の理由はこれです。

消費税8%の引き上げです。

やはり、この8%という数字は大きいですよね。
子育て世帯なんてのは、とても消費税の負担が大きいです。
そこでこの支給が考案され、支給されることになったわけです。

さて、2016年度ですが、ひきつづき継続して支給されることが検討されたようですが、
残念ながら一万円!というわけでなく3000円程度におさめるというわけです。
この給付金にかかる総額は600億円ほどです。

私のニュースはあくまでわかりやすく解説だけをするので、あまり自分の感情をいれないようにしているわけですが、
ですがね、

少なっっ!

20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
スポンサーリンク


自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2015/12/14(月) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bakademonews.com/tb.php/237-02acff02
 |  HOME  |