電力の自由化と発送電分離をわかりやすく解説して下さい



みなさんご自分で使っている電気はどこと契約していますか?

そんなもん東京電力に決まっているでしょうが!
とおっしゃられるかと思います。もちろん私の家も東京電力です。

これは東京に住んでいるから東京電力なのです。
関西に住んでいる方は関西電力に決まってるやん!といってたかと思います。
電力といいますのは、地域で決められているわけです。ですから必然的に東京地域に住んでいた場合、東京電力と契約せざるおえないわけです。
しかし、この度2016年からはちょっと違ってきます。

今までどおり、地域ごとに勝手に契約されていた電力会社ではなく、今度からは自由に電力会社をみなさんが決められます。

実は電力会社といいますのは、今みたいに東京電力とか関西電力といった大きな電力会社だけでなく、たくさんありました。
ですが、小さな電力会社ってのは市場の原理で潰れたり、他の大きな電力会社とくっついたりして今のようになってきまして、事実上は独占事業のようになったわけです。

しかし1995年からはちょっと変わってきました。
「電力だっていろんな企業がもっと参加してもいいはずだ。電力で市場に競争を持たせよう。」という声が出て、
この時に電気事業法という法律が改正されたのです。

電気事業法といいますのは電気を使う人も、電気を提供する人も、安全、安心に電気を作ったり使ったりできるようにしましょう、
という目的で作られた法律です。電気事業者はこの法律に基づいて事業を営むことになっています。

この電気事業法はこんな風に改定されました。
まず独立系発電事業者(これをIPPと言います)が電力を発電して、電力会社へ売ってもいいですよ~と言う風に変わりました。
独立系発電事業者といいますのは、例えば自分の会社でゴミを燃やしてついでにその火力で発電をしている企業ですとか、ガス会社とか、太陽発電の会社とかいろいろあります。

けっこう昔から、電力は売ることが可能になったんです。

それからまた新たに法律は変わって行って、より電力の自由化が進んでいきました。

電気を使用する建物の電力が2000KW(キロワット)で20000V(ボルト)以上の場所(例えば工場とかオフィスビルとか)に、
地域の電力会社(東京電力とか)以外の独立系電力会社でも売ってもいいですよ~という法律になったり、
またさらに自由化が進み、電力を使用する建物が50KWで6000V以上の所(例えばスーパーとか)でも売ってもいいですよ~となりました。

つまり段階的に規制が緩くなってきたわけですね。

そして、今現在言われている、2016年4月からは我々のような一般家庭でも売ってもいいですよ~と言う風になってきたわけです。

さあ、ここでちょっと疑問に思ったことはありませんか?
あの・・・電力は電線で送っているんだよね?電線って地域の電力会社が作ったものじゃないの?

はい、これが後に「発送電分離」という単語につながります。

電力は電線で当然送っています。
しかし、この電線やら鉄塔(送電設備と言います)やらはとんでもないお金がかかります。
小さな電力会社がもしこういった送電設備を作って、電力を送るとなる場合、莫大なコストがかかってきます。
それに、これ以上電柱が増えたら邪魔でどうしようもないです。

今ある送電設備といいますのは大きな電力会社(東京電力とかね)のものです。

この場合、小さな電力会社が電気を送る際は、この大きな電力会社の送電設備を使わせてもらうしかありません。
使う場合はもちろんお金がかかります。

そこで、こういう案があります。
今ある送電設備を完全に切り離しちゃって、送電設備だけに特化した会社にしてしまうのです。

例えば東京電力は今現在発電も送電も行っていますが、この東京電力をただの発電会社にしてしまうわけです。
そして、東京電力から送電設備をとって、新しい独立した会社にしてしまうのですね。

こうすれば全ての発電会社が公平に送電設備を使うことが出来るわけです。

この発送電分離は2020年4月から実施されます。
こうなると、電力会社の競争はますます加速されますね。

ただ、こうなってしまうと・・・昔のように小さな電力会社はつぶれたり、電力会社が合併を繰り返して、
結局大きな電力会社が残るのでは・・・?ということが考えられるのでは??
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2016/01/10(日) | 経済のお話 | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

maa

『』

なるほど。他国では自由化後、電気料が上がったけども、日本ではこれからの各社のプランや開発次第では自由化前より安くなる可能性もあるとゆうことですね。ありがとうございました!

2016/01/12(火) 12:07:52 | URL | [ 編集]

大佐

『maaさん』

コメントありがとうございます。
よくご存知ですね。世界でもこれまで電力の自由化で電気代が劇的に下がったと言うところはありません。

特に日本なんかは電力を起こす燃料を輸入に頼っていますから、エネルギーを原油に頼っていれば同じコストになってしまいます。消費者のためと言うよりかは、新規参入して、会社に利益をもたらすのが理由だけのような感じがします。
一体なんの為に新規参入させるんだろう・・・?と思うかもしれません。

しかし、こうも考えられるのです。
新規参入することによって、各社の電気料金のプランが増え、消費者もいろいろと自分に合ったプランを選べるようになったりもして、差別化がはかれます。

そして特に重要なのが「新エネルギーの開発」です。
今は電力の供給の大部分は、原油に頼っていますが、原油よりコストを抑えた電力の開発を、さまざまな企業が考えています。
企業同士の競争によって、日本の電力へのエネルギー供給方法が変わる可能性もあります。

細かく言えば他にもいろいろとあるのですが、まだまだこの電力自由化というものは、可能性もありますし、問題点も多々あります。

2016/01/11(月) 20:41:08 | URL | [ 編集]

maa

『』

電力自由化した国のほとんどが自由化前よりも電気料金が上がったとゆうのを聞きました。国民にとっては自由化しない方がいいんでしょうか?

2016/01/11(月) 17:42:16 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bakademonews.com/tb.php/257-43e947dc
 |  HOME  |