アメリカのジョージタウン大学が奴隷の人身売買をしていたニュースをわかりやすく教えてください。


この大学はアメリカのワシントンD.C.の近くにある、ジョージタウンと言う町の中にある大学です。

ジョージタウン大学


日本にある東大よりもレベルの高い大学です。
多くの政治家や外交官を輩出してきまして、大統領選で話題になっている、ヒラリー・クリントン氏の夫、ビル・クリントン元大統領もここの大学出身です。

1789年にこの大学はカトリック教とイエズス会の大司教(その宗教の中で偉い人)によって創立されました。
イエズス会と言いますのは、カトリック教とキリスト教の「男子修道会」のことです。

この大学は過去にメリーランド州と言う場所にあるの農園で黒人の奴隷を働かせて、農産物による利益を大学の資金として補填(ほてん)していました。
しかし、1838年に大学の資金難の為、黒人奴隷272人をルイジアナ州の農園に売り払ったことがわかりました。

なぜ判明したのか?
といいますと、この大学外で有識者(専門家といった、知識の広い人達のことです。)を集めて、この大学の歴史を研究したのです。
そんな折、このような歴史が出てきたのです。

黒人奴隷の身元272人は全て判明しており、売った金額もわかりました。
その金額は現在の価値で約3億4000万円といわれています。

当時、大学で黒人の奴隷を所有しているというのは、実はかなりあったようです。(明るみには出てはいませんが)
現在のハーバード大学、コロンビア大学なんてのも奴隷がいたようです。
時代的にもまだまだ黒人差別なんてのは当たり前ですし、奴隷というものが濃厚な時代でもあったわけです。

ここの学長が、このような背景を知り、謝罪を先日行ったのですね。
そして、この判明している272人の黒人奴隷の子孫だった方に、無償で大学を入学させるよう優遇をいたしました。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2016/09/05(月) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bakademonews.com/tb.php/340-78e88386
 |  HOME  |