イラク政府とクルド人が対立している理由をわかりやすく解説して下さい。



イラク政府とクルド人の対立がここ最近ニュースとして取り上げられています。
今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



まず、クルド人という民族はそもそもどういう民族なのでしょうか?

クルド人は第一次世界大戦が起きるまでは、オスマン帝国という国の中で住んでいました。
クルディスタントと呼ばれる先住民族です。

今現在はイラン、イラク、シリア、トルコ、アルメニアという国がありますが、昔はオスマン帝国という国があったのですね。

第一次世界大戦後、このオスマン帝国が滅んで今のようなイラクやトルコといった国々が独立して自分達の国を作り国境を引きます。
(実はこの話は詳しく話しますとイギリスやらフランスやらロシアやらアラブ人やらが出て来て、めちゃくちゃ複雑なので省略します。)

クルド人はというともともとオスマン帝国という一つの国の中にいたのですが、それぞれの国が独立して勝手に国境を引いたものですからバラバラに引き裂かれてしまうのです。



この時点でクルド人達は自分の国というものがなくなってしまいました。

クルド人はよく少数民族と言われます。

実はクルド人の人口は全体で3000万人ほどいると言われているのですが、イラクやシリア、トルコといった国単位で見ますと人口は少なく見えてしまい、それが少数民族と言われるゆえんです。

時代は進み、1980年に変わります。
1980年にイラクのサダム・フセイン大統領が就任して直ぐにイラン・イラク戦争が起こります。

この時、イラクに住んでいたクルド人はイラン側に付きます。そして戦争が終結した1988年イラン側についたクルド人はイラク軍によって弾圧され毒ガスなどによって多数殺されました。

またまた時代が進みます。
1991年、アメリカとイラクの湾岸戦争が勃発しました。

アメリカはクルド人に「クルドの独立を支援するからイラクを倒そうぜ!」とクルド人をイラク軍と戦わせます。しかしクルド人はイラク軍によって壊滅されてしまいます。クルド人に大量の難民が出ます。

2003年になりますと大量破壊兵器があるとの事でアメリカとイラクで今度はイラク戦争が起こります。これによりようやくイラクが倒れフセイン政権が倒されます。

イラクに住んでいたクルド人は今までイラクと戦って来たという事でイラクの一部の中に『クルド人自治区』というクルド人の住める場所が認められました。



ようやく安住の地をクルド人が手に入れられた・・というわけではありません。ここからイラク政府とクルド人が対立している話になります。

イラクはフセイン政権は倒れましたが、それに変わって新しく新イラク政府が出来上がりました。
クルド人はクルド人で『自治区』ではなくクルディスタントという独立国を作りたいのでした。

そんな折、新しい敵が現れます。
みなさんもご存知のISIS(イスラム国)です。

ISISは豊富な資金源と兵力で次々に勢力を広げていきイラクやクルド人自治区にも攻撃をし始めました。

このままではISISに占領されてしまう・・。
イラク政府とクルド人は戦います。

両者はアメリカからの支援を受けていましたが、イラク政府軍はなんとISISに負けて逃げてしまいます。イラク政府軍弱し・・・。

ですがクルド人は自分達の自治区を守るため、そして今後の独立の資金源となるキルクークの近郊にある大油田地帯を守るために戦います。

この大油田地帯はイラク全体の石油輸出量の半分を占めるという超重要な油田です。

クルド人自治区というのは、この油田によって凄く栄えており、大きなビル群がたくさんあります。
(第二のドバイとも呼ばれたりします。)

これらをISISに取られまいと戦い、そしてついにやっつけてしまうわけです。

さあ、クルド人はこの守った油田を実質管理するようになり、敵がいなくなった今こそクルド人の夢、クルディスタントという独立国を作るぞー!となったのです。

はい、イラク政府にとっては重要な油田が取られてしまいますし自分達の国の一部がクルド人のものとなってしまいます。

クルド人は独立したい!
イラク政府はクルド人の独立はさせない!

と、こういう対立をイラク政府とクルド人はしているわけです。

今回はこのようなことがニュースとなっているのですね。

(今回はこれでもかなり端折りましたが、本当はもっともっと複雑な話が絡んで来ます。一冊の本になってしまうくらいです。中東というのは複雑なんですw)
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2017/11/01(水) | 宗教・戦争のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bakademonews.com/tb.php/533-a27abbdb
 |  HOME  |