FC2ブログ

コロナウイルス期間限定記事〜砂嵐〜


ほんと、コロナウイルス飽きちゃいました。
でももうすぐ終わりましすから、みなさんこのブログ読んで元気を出しましょう!

中学生のころエロに夢中だった。

そこにエロ本が落ちているなら10キロ離れた山にでも自転車で拾いに行くパワーがあった。

そこにエロビデオが捨ててあるなら雨が降っていようと拾いに行った。

エロの為なら、何でもする。
もはや頭の中はエロエロだった。

もうバカになっちゃうんじゃないかと本気で自分を心配してた。
実際バカだった。

そんなエロエロな僕だったんですけど、中学の時にすごい話を耳にしたんですよ。

その日は担任と一部の生徒がなんやら盛り上がっていたんです。
で、なんだろうな~とか思って話を聞きに行ったんです。

2020031510083303c.jpeg


そしたらエロトークで盛り上がっていましてね。

まあ担任も男の人ですし、そこに僕らみたいなエロスに関心のある男達が集まればそういう話するのも当たり前なんですが、一応担任は生徒達に対し常識の範囲内でテレビのエロい番組の話とかをしてたと思います。

で、その先生が「じゃあ、夜中に凄いテレビやってるの知ってる?」って言い出したんです。

その輪の中の一人の生徒はその話を知ってるみたいで「ああそれか」みたいな顔してたんですけど、僕ももちろんのこと、ほとんどの生徒は知らない感じのようで、「ええ~?なんですかそれ?」と騒ぎ出したんです。

「『砂嵐』って言ってね、うっかりこれを夜中に見ちゃうと凄いんだよ。」

で、それを知ってると思われる生徒も「いや、俺も見た時は手に持ってたものをポロッて落としたもん」とか言うじゃないですか。

「何チャンネルでやってるんですか!?」
「何時にやってるんですか!?」

そのエロいと思われる番組について、生徒はめちゃくちゃ興奮しました。

もちろん僕も例外でなく興味深々ですよ。
なんせ頭の中はエロでいっぱいですからね。

しかしどんなに聞いても「夜中の二時くらいにやっている」というだけで、後の事はさっぱり教えてくれないんですよ。

友達もしゃべらないし、そんだけ言っておいて詳細な事は何一つ教えてくれないんですね。

そこで偏差値13ぐらいしかないバカな僕はこう考えるわけです。

(ひょっとして、他人にも教えられないとんでもないエロい番組なんだ!!)

当時、深夜のエロ番組では『トゥナイト』『ギルガメッシュナイト』『しようよ』(知りたかったら後でぐぐってね。)と言う、三代エロ番組がやってたんですが、聞く所によるとどうやらそれをしのぐエロい番組のようなんです。

 「持ってたものをポロッて落とす」というくらいですよ?

日常生活、そうそう持ってたものをポロッて落とす時なんてないじゃないですか。

ちなみにどうでもいいですがこの当時『美少女H』と言う番組もやってまして、極楽とんぼの加藤浩次の嫁さんが出演してたドラマもありました。

僕が何度も頑張って起き続けて見ても全然エロいシーンが無くて、結局全然エロいドラマじゃなかったことがわかり、今も憤りを感じます。

紛らわしいドラマタイトル付けるな。

しかし、それほど凄いらしい番組。
『砂嵐』・・・一体どれほどエロい番組なんだ・・・!?

僕の胸にしっかりと刻み込まれた、とんでもなくエロいと思われる番組。

一気に妄想が膨らみます。
絶対に見なければ・・・。

さっそく家に帰って新聞の番組表を見たんですけど載っていません。

「くそ・・・今日はやらないのか・・・」

悔しいですが、明日にかけます。
しかしですね、次の日も、その次の日も『砂嵐』と言う番組が一向に掲載されないんですよ。

最初は番組表を見逃してしまっているのかと思ったんですけど、やっぱり翌週も掲載されなかったんですね。

そこでバカな僕はこう考えたわけです。

(そうか・・・あまりにもエロ過ぎるから番組表にも載らないんだ!)

冷静に考えて番組表に載らないわけがないんですけど、凄い事に気づいたと思った僕は、さっそく番組欄にも掲載されない幻のエロ番組を探すこととなったんです。

番組表にも掲載されない幻のエロ番組をどうやって探すのか?

深夜2時ごろにテレビで放映してないか実際にチェックする方法です。

その日から幻のエロ番組「砂嵐」を探す砂嵐掃討作戦が始まったのです。

ほぼ毎日夜中まで起きたり、わざわざ目覚ましかけて、夜中に起きる事までしてました。

テレビがデジタル放送に変わった今ではテレビ番組が終了するとどうなるのか知りませんが、アナログ当時はテレビ番組が全て終了すると、カラフルな画面が出て、ピーーって言う信号音が流れた後に、ザーーーーって言う音と共に画面に何も表示されなくなるんですね。

そうなるまで僕は何日も何日も砂嵐掃討作戦をし続けていました。

ザーーーーーーー・・・・

深夜に鳴り響く電子音と何も表示されない画面。
今日も頑張った・・・
幻の『砂嵐』やらなかったな・・・。

すでに『砂嵐』を求めて二ヶ月が経過してました。
それでも見ることができない幻のエロ番組。

一体いつやってるんだ。。。

そんな事を考えながらザーーーーーーー・・・・と言う電子音と何も表示されない画面を眺めていたのです。

ザーーーーーーー・・・・
・・・
・・・

僕ね、ハッとしたんです。
いえ、僕は見てたんです。
『砂嵐』、何度も見てたんですよ。

もう頭の良い皆さんならお分かりでしょう。
ザーーーーーーー・・・・っと言う電子音と何も表示されない画面。

何も表示されないという表現じゃわかりにくいかもしれないですが、確かにテレビの画面には映ってたんです。

白と黒がチカチカした、まるで砂嵐の中にいるような画面が。

そしてザーーーーーーー・・・・っという砂嵐の様な電子音。

あああ・・・映ってる・・・
確かに砂嵐映ってるよ・・・

「うっかり見ちゃうと凄いんだよ」

確かに深夜にテレビをつけて、急にこの画面だと一瞬停止しちゃいます。

だ・・・騙された・・・。

二ヶ月もの間、幻のエロ番組を追い続けた日々。
深夜二時まで起き続け、目覚まし時計までかけてエロを求めた日々。

走馬灯の様にその光景が流れ、握り締めていたテレビのリモコンがポロっと畳の上に落ちました。

スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2020/03/15(日) | エンターテイメント | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bakademonews.com/tb.php/778-2fb495c7
 |  HOME  |