FC2ブログ

イランがホルムズ海峡を封鎖すると示唆したニュースをわかりやすく解説して下さい



イランのロウハニ大統領がイラン産の原油の輸入停止を行った場合、ホルムズ海峡を封鎖する可能性を示唆しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。

201807241919496ad.jpeg


イランとアメリカは昔から仲が悪いです。
それこそ話すと長くなってしまうのですが、近年はこんな事でさらに険悪となっています。

イランの核問題ですね。

2002年にアメリカの諜報部でイランが秘密裏にウランの濃縮(原子力発電や核兵器を作る時に行う工程)を行なっている事がわかりました。

これをイランに叩きつけますと、「核兵器を作るタメじゃないよ。平和利用(原子力発電)の為に使うんだよ」と否定しました。

最終的には国連でイランへの経済制裁が決まり、長いことイラン産の原油を世界中の国で買うことを禁止したのです。

しかし2015年にイランがウランの濃縮をしたりするのをやめるよ。と言い、条件付きでイランの経済制裁が解除されたのです。

EU圏などではイランは核合意を守ってるよ。と言うスタンスなんですが、対してアメリカではイランは核合意なんて守ってないぞ!核合意は穴だらけの合意文書だと批判しました。

そしてアメリカは世界の国にイランの石油は買っちゃダメ!と呼びかけて経済制裁を継続させるように今しているわけです。

このような険悪な状況下でイランのロウハニ大統領は「ホルムズ海峡を閉鎖するぞ」と脅してきたわけです。

ホルムズ海峡は原油と密接な繋がりがあるのです。

まずホルムズ海峡がどこにあるか知りましょう。

201807241920070af.jpeg


ホルムズ海峡は北のイラン、南のオマーンやアラブ首長国連邦を挟んでいる海峡です。

かつてこの付近にホルムズ国と言う国があったのでこのような名前が付いています。

ここは図の通り、石油産油国に囲まれていてここの海峡を石油を積んだ大型タンカーが毎日通って世界に原油が輸出されます。

なんと1日に1700万バレル(1バレルは大体160リットルです。)が運ばれています。

もしここが通れなくなってしまいますと当然原油が供給されません。日本へは87%もここから運ばれる原油に頼っているのでダメージはとても大きいです。

ホルムズ海峡はイランとオマーンの領海です。

領海とはある国の海の領域ですね。日本にも領海は当然あり、よく中国の船が領海侵犯をした!と日本の領海へ侵入したニュースが報道されます。

領海は12海里(約22キロ)までと国連の「海洋条約法」で決められています。

ホルムズ海峡は最も狭い所で33キロの幅しかなく、おまけに小さな島や岩礁があるのでここをイランが封鎖してしまうと通れなくなってしまうのです。

封鎖しても勝手に通っちゃえば?と思うかもしれませんが、非常に危険です。

何故なら機雷を設置している可能性があるからです。機雷は海に漂う爆弾です。船が機雷に触れますとどんな大型タンカーでも爆発、沈没します。

20180724191958364.jpeg


ですからホルムズ海峡の封鎖は原油の価格に大きく影響しますし、私達も困ってしまうのです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/07/24(火) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

ハーグ条約って何ですか?わかりやすく解説して下さい



13歳の息子を連れて帰国した母親に対し、ハーグ条約に基づいて米国在住の父親に息子の引き渡しを認める判決を言い渡しました。

今回はハーグ条約についてをわかりやすく解説して行きたいと思います。

201807181340038f5.jpeg


現在、日本人と外国人の国際結婚の数は2万組くらいだと言われています。2006年には4万組くらいいましたが減少しています。

これは入管法の改正で厳しくなり外国人が簡単に日本へ入国する事が厳しくなり、外国人との出会いが減ったからだと言われていますね。

もしも外国人と結婚をして、うまくやっていければ良いですが、中には何らかの理由で離婚をしてしまう事があるかと思います。

夫婦のみであればまだ良いかもしれませんが、子供がいますとこれが一気に複雑化してしまい裁判で争ったりもすることでしょう。

子供の親権をどちらにさせるか?離婚してそれぞれの国に帰った場合は子供はどちらの国で暮らすようにさせるか?

こういった問題が上がります。

日本では減っていますが世界規模でみますと国際結婚は右肩上がりです。しかし国際結婚をして子供のいる家庭が離婚した際に問題が多々起こりました。

その中の一つが子供の連れ去りです。

連れ去りと言うのは、片方の親の国に子供を連れて行ってしまって、そのまま帰って来ない状態となるのです。

そうしますと残された親とは一生、生き別れの人生となってしまうケースもあり、このような紛争に対応する国際的な枠組みとして次のようなものが作られました。

『ハーグ条約』です。

正式名は「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約」という名前です。
1980年にオランダのハーグで条約が締結したのでこのような名前となっています。

ハーグ条約ができる前は大変でした。

残された親がもし子供に会いに行ったり、連れ戻しに行く場合は現地の当局に問い合わせをして、裁判をして、連れ去りを証明するという行為を一人で行っていたのです。

英語が出来ない場合は翻訳家を雇って、何もかもを一人でやるので莫大な費用と労力がかかったのです。

ハーグ条約はそう言った事を16歳未満の子供であればサポートをしてくれます。

また子供との面会や交流ができるようにしたり、何よりハーグ条約は、親権を持った親が子の返還を申し立てると、子どもを元住んでいた国に返還する事になっています。(ただし裁判所で子供を返還しなくても良いと判断される事もあります。)

やはり子供が今まで生活を送っていた国の環境で両親の判断を行うのが望ましいと考えられているからです。

もしハーグ条約に加入している国で勝手に連れ去ってしまった場合は刑事罰になったり、誘拐した被疑者となり逮捕される事もあります。(ただ、国によってもその辺りはマチマチです。)

ですから子供を連れて国外に移動する場合は自分の国の法制度をしっかりと確認しなくてはいけなくなるのです。

2017年では世界の98か国がこのハーグ条約に入っています。

日本では非常に遅い加入でしたが、2013年にハーグ条約をしますと約束して、2014年の4月から施行されています。

さて、今回ニュースはアメリカで暮らしていた日本人夫婦がいまして、子供を連れて日本に帰った母親に対してアメリカにいる父親が息子の引き渡しを求めた裁判でした。

そして、裁判所で父親の請求を認めると判決を言い渡したのです。

母親が返還命令に従わずに息子を引き渡ししなかったと言うのが結論でした。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/07/18(水) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

サウジアラビアの女性は差別?それとも過保護?についてわかりやすく解説して下さい



サウジアラビアで女性の車の運転が解禁されました。

今回はサウジアラビアの女性は何故こんなにも厳しくされているのか?をわかりやすく解説していきたいと思います。

20180628083711b8a.jpeg


まずサウジアラビアの位置を確認しましょう。

イランやイラク、エジプトやイエメンなど様々な国から囲まれた国で、世界第一位の埋蔵量を持つ石油大国です。

人口は3228万人(2017年度)、首都はリヤドで、アラビア語を話します。
そして、このニュースと関係のある宗教ですが、イスラム教です。

2018062808370274b.jpeg


サウジアラビアを取り囲んでいる国も同じ様にイスラム教ですが、特に厳格にイスラム教を守っているのが、ここサウジアラビアなのです。

もちろんイスラム教以外の宗教に身を置くことは禁止です。宗教の自由はありません。

ではちょっとだけイスラム教について学んでみましょう。
◼︎ イスラムって何?
イスラムと言うのは「神への帰依」と言う意味ですね。深く信仰して教えに従いますよと言う事を言っているのです。

◼︎アッラーって何?
アッラーは「神」と言う意味です。アッラーっていう名前の神様ではないです。イスラム教では唯一無二の存在がアッラーなんです。

◼︎ムハンマドって何者?
ムハンマドは神様から啓示(神様の言葉を受けた)人です。

◼︎コーラン
ムハンマドさんが神様からの啓示を本にまとめたものです。ここにイスラム教の教えが載ってるのです。

イスラム教の有名なものでこんな事が禁止されています。
・アルコールはダメ
・豚肉は食べちゃダメ
・肌を露出しちゃダメ

ではサウジアラビアの女性にはどのような禁止事項があるのでしょうか?

・女性はアバヤ(黒衣)を着用して肌を露出してはいけません。
・夫と親族以外の男性に顔を見せたり会話してはいけません。
・結婚は親に決められた相手
・強姦された女性は罪にとらわれる事があります。
・基本的に一人での外出はNG

なんだか理不尽な事ばかりが決められていますね。
私達の文化からしたら自由が無さそうです。

また女性が積極的に社会進出している自由の国、アメリカから見たらもはや差別と言ってもいいくらいに思われるでしょう。

しかしこれはそのような文化に身を置いているからこそ感じる事なのかもしれません。

まず、勘違いをしてはいけないのが、大前提としてコーランは「女性を差別するようにせよ」なんて事は書かれていません。

むしろ女性を保護したり大事にするような事が書かれているのです。初めからそんな事が書いてあればとっくに女性はどこかに逃げてます。

先程、女性の禁止事項を書きましたが、その中の「一人で外出しては行けない」という項目を見て見ましょう。

サウジアラビアは昔はとても治安の悪い国でした。(まあ今も悪いですが)ですから女性が一人で歩いてしまうと、いろいろと危険な目にあったのです。

そこでコーランの教えにより、女性を一人で外出させないようにして危険な目に遭わせないようにしたのです。

「アバヤの着用」はどうでしょうか。非常に暑い国では外に出て肌を露出しますと熱射病や身体に大きな負担がかかります。

そこで、アバヤを着用するようにさせて身体を守るようにさせたり、全身を覆う事で男性達の性的欲求を掻き立てないようにさせたのです。

今回のニュースのように車の運転が禁止だったのは、コーランにそのように書いてあるわけではありません。(そもそも車が登場する前から存在するコーランで車の運転が禁止なんて書けない)

サウジアラビアの車の運転は荒いですから、女性が運転するのはちょっと危険なんです。

そして、女性は一人で外出するのは危ないという延長線上で男性だけが車の運転をできるようにさせていたと言われています。

単に車の運転は法律で禁止していただけで、宗教とは実はあまり関係ないとも言われていますね。

まあ、言ってみれば女性を守るための教えが女性を苦しめてしまっていると言った所でしょうか。

そしてこのような本質を知らずに男性有利と勘違いしたサウジアラビアの男性が女性に暴力をしたり、男性が全ての権利を持っていると思い込んでいるのかもしれません。

20180628083720c48.jpeg


サウジアラビアにいる女性は、こうした女性への禁止事項については意見が分かれているようです。

イスラム教で自分達を守ってくれていると考えていて、アバヤも着用しなくては下着で出掛けているのと同じ!

と保守的に考える一方、

今の考えは古い!いちいち男の人を呼んで車を運転してもらったら面倒だわ!アバヤじゃなくてもっとオシャレな服が着たい!

と、革新的に考える人もいるのです。

実際の街中では、レディーファーストだったり、「出かけるから運転しなさいよ!」と女性が強く出ている場面があったりもするので「イスラム教が女性を差別している」と言う偏り過ぎる考えは一度リセットした方が良さそうですね。

サウジアラビアも時代にあった変化をしつつあるので、現地へ行って文化を見てくると何かがわかるかもしれません。

おっと、女性はアバヤの着用は忘れずに。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/06/28(木) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

アメリカに不法移民した親子の引き離し政策を停止したニュースをわかりやすく解説して下さい



アメリカのトランプ大統領が不法移民した親子の引き離し政策について停止する、大統領令に署名しました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

20180621202225cdc.jpeg


アメリカは1776年の建国からずっと移民を受け入れて発展して来た国です。

もともとアメリカには先住民がいましたが、そこにイギリス人が移り住み独立をしました。(つまり移民)

それからゴールドラッシュ(金を発掘するブーム)などが起こりヨーロッパやアジアなどから次々に移民して来ました。

みなさんもご存知のタイタニック号もアメリカに移民する目的で乗って来た人達が沢山乗船してたんですよ。

現在のアメリカ国民は3億人ほど。
そのうち、仕事をする為の就労ビザや留学の為の留学ビザを取得して住んでいる方は4千万人ほどいます。

この方達は当然問題ありません。

しかしその裏でアメリカには1000万〜1200万人以上の不法移民がいると言われてるのです。

なぜ不法入国してくるのかと言いますと仕事を得る為だったり、自分の国が貧しいので豊かなアメリカにチャンスを求めて渡って来るのです。

どのような国から不法に移民してくるかと言いますとこんな国からです。

・メキシコ
・エルサルバドル
・ブラジル
・韓国
・インド

この中で最も多い国はメキシコです。
おおよそ65万人以上はいるとされていますが、詳しくはあまりわかってはいません。

アメリカに不法に入国する事はとても大変です。
例えばアメリカとメキシコの間では国境警備隊がパトロールしています。

国境警備隊が比較的少ない所は見渡す限り砂漠だったりと徒歩で渡るには危険な所です。見つかれば強制送還ですし、銃で撃たれる事もあるそうです。

20180621202234e1d.jpeg


何とか見つからずにアメリカに入国出来たとしても、アメリカンドリームを掴める人はほぼいません。

なぜならまず彼らは社会保障番号も身分証もないので社会保障も受けられず、まともな職には就けないからです。

明らかに最低賃金を下回る給料で、重労働だったり皿洗いや農業従事者、工事現場などで働いているのです。もちろん文句も言えません。

ただ、不法移民が問題にはなっていますが、この様に不法移民の方が安い賃金で働く事によってアメリカ経済が支えられている事も事実です。

さて、アメリカでは移民者に対してこの様にしてます。

●不法移民・・・アメリカ国民ではない
●不法移民者がアメリカで産んだ子供・・アメリカ国民

つまり、不法移民している人はアメリカ国民ではないですが、その不法移民者がアメリカで子供を産んだら、その子供はアメリカ国民としとるわけです。

アメリカは公立学校であれば高校生になるまで身分証を必要としないまま義務教育を受けることができます。

しかし身分証を受けた際に、実は親が不法移民だったという事がよくあるそうです。

また子供が小さい時に親が不法移民とわかってしまった場合は悲惨な事になります。親は強制送還されてしまい、子供がたった一人アメリカにとり残されてしまうのです。

取り残された子供は施設に収容されて生活をする事になります。

このようなケースで先月末までの6週間の間だけで2000人もいました。

下の写真はメキシコの国境で撮影された写真です。ホンジュラス出身の2歳の女の子の親がボディチェックされている母親を見上げて泣いています。

20180621202243a91.jpeg


ここ最近では親と子供を引き離すのは非人道的だという批判がアメリカ国内で高まっていました。

そういった反対運動もあり、ついに6月20日に親子を引き離して収容する措置をやめる大統領令にトランプ大統領が署名したわけです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/06/21(木) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

船の燃料は何が使われていますか?重油を使った船とLNGを使った船をわかりやすく解説して下さい




地球温暖化対策として、燃料をLNGに変えた船の建造が今後加速する事になりました。

本日はこのニュースをわかりやすく解説して行きたいと思います。

20180419074448f6d.jpeg


地球温暖化の原因は本当の所を言いますと「よくわからない」と言われています。
ですが、一般的な原因として二酸化炭素の増加によるものとされていますので、これをベースに話を進めて行きます。

世界中の海を走っている商船、大きなタンカーといった船の燃料は何が使われているでしょうか?

ガソリンではありません。

答えは重油です。

たまにタンカーなどが座礁して、ドロドロの黒い物質が海面に漂い、海鳥が真っ黒になってしまうのをテレビなどで見た人もいるかもしれませんね。

あれは船の燃料なんです。

重油ってなんだ?と言うことですが、重油は原油(地中から掘り出したもの。石油とも言います。)を精製して作られます。

原油は精製する工程で沸点温度(液体が沸騰し始める温度)の違いによって気化させてガソリンや灯油、軽油、重油と言った物を作ります。

沸点が一番低いのがLPガスです。
沸点は35度です。家庭用のガスに使われたりしています。

ガソリンは30度〜220度の温度の範囲でできます。
ハイオクとかレギュラーとか分けられますが、沸点温度の違いで精製していて作っています。

そして、LPガスやガソリン、灯油と言った物を作り、最後に残ったのが重油です。

重油は粘土質なんですが、粘り気によってもさらに分けられています。
A重油、B重油、C重油と分けられていて、大きなタンカーなどの船はC重油を使っています。

C重油は常温だと固まってしまうくらいの粘度です。価格はとても安いのですが、不純物が多く含まれています。

燃やすとそのような不純物が残ってしまい(スラッジといいます)、大きな船ですと一日に1〜2トンも出てしまます。また燃やした際に出る二酸化炭素の量も多く環境には悪いのです。

そこでLNGガスで動く船の建造を増やす事にしたのです。

LNGはメタンとエタンと言う天然ガスを液体化したものを言います。そのため「液化天然ガス」と言います。

天然ガスを持ち運ぶには冷却をして液体にしなくてはなりません。常温では気化してしまうからです。
また冷却しますと体積は気体の1/600程に小さくなります。

このLNGはマイナス162度と超低温にしなければいけないのですが、長い航海となると温度の上昇によって気化してしまいます。

この気化した部分を燃料として使用するわけです。

燃料として使用してもスラッグは出ないですし、重油よりも二酸化炭素の量が少ないので、環境には◯と言うわけなんですね。

船から出る温室効果ガスは、国連の専門機関で2050年までに排出量を半分にするという国際的な削減目標を設けられています。

ですので今後、世界の海運会社がLNGを使用するような対応を迫られます。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/04/19(木) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »