中国の習近平国家主席の任期が廃止された事をわかりやすく解説して下さい



中国の北京で開催された第13期全国人民代表大会で
国家主席の任期を撤廃する、憲法改正法案が賛成多数で選ばれました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説していきたいと思います。




全国人民代表大会は「全人代」などと訳されますが、日本で言えば国会のようなものですね。

何をするかと言いますと憲法の修正したり、首相や国家主席という職務に任命したり、予算をどのくらい使うかなどを話し合ったり、決定したりします。

全人代は年に1回、3月に10日から2週間ほど開かれまして、国会議員が3000人ほど集まります。

3000人も集まったら話し合いなんてまとまらないんじゃ・・と思うかもしれませんが、共産主義ですからね。
国がこの方針で行くと決めたら大体その通りに国会議員も賛成したりするわけです。

ですが、一応賛成、反対の票は手元にあるボタンを押すと、電光掲示板に表示されます。(匿名にはなっているみたいですが、そこはわかりません。)

今回の全人代のメインテーマはブログの題名にもありましたように、国家主席の任期についてでした。

現在の中国国家主席は「習近平(シュウキンペイ)」さんですね。共産党に所属しています。

国家主席というのは首相よりさらに上の方です。
ちなみに現在の首相は「李克強(リコクキョウ)」さんです。

ちょっと話はズレますが、中国の共産党には二つの派閥があります。
一つは中国共産主義青年団。
もう一つは太子党(たいしとう)です。

中国共産主義青年団は一般の人が幹部に登りつめた人達の事を指します。
太子党というのは親が共産党の重要ポストにいて、そのコネ(表現が悪いですが)で入った人達の事を指します。

李克強さんは中国共産主義青年団でして、習近平さんは太子党ですので、二人には派閥があります。テレビで見ると二人の仲が悪そうに見えますw

習近平国家主席は2013年に国家主席となりました。

習近平さんの怖い所はトップに君臨しますと、それまで首相の仕事であったものをすべて自分の力の及ぶものに変えていったんです。

ですから、国家主席と言ってますがいろんな肩書きがあります。中央軍事委員会主席、中央外事指導小組組長、中央インターネット安全指導小組組長なんていう肩書きもありますね。

また、議員の中で蔓延して放置状態だった汚職を取り締まりまくって、逮捕したりクビにしちゃいました。

さあ、そんな国家主席の任期ですが、今までは1期5年で、継続したい場合は2期まで可能でした。(つまり10年経ったら交代)

この事は1982年に鄧小平(トウショウヘイ)さんが決めました。権力が一人の人物に集中されないようにする為です。

しかし、今回の全人代でこの任期を撤廃する憲法改正案が99.8%(3000人が投票し、反対票は2票、棄権票は3票)で賛成されたのです。

さらに憲法には習近平国家主席の思想まで含まれる事になりました。

この事で今後も習近平国家主席が最高指導者として君臨し続けるという見方が強まっています。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/03/12(月) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

台湾と中国とアメリカの関係と台湾旅行法ができる事で起こる摩擦をわかりやすく解説して下さい



アメリカ議会で台湾旅行法の法案が可決されました。

今回はこの法案がアメリカ議会で可決した事で、台湾と中国とアメリカがどのような関係になるのか、わかりやすく解説したいと思います。



まずは台湾旅行法って何だろうって話です。

台湾旅行法は簡単に言いますと、アメリカのお偉いさんでも台湾に行けるし、台湾のお偉いさんもアメリカに行けるよ!と言う法律です。

これはアメリカの議員さん達だけが賛成して法案が通ったという段階ですので注意が必要です。
(大統領が署名して、初めて法律として施行されます。)

で、もしこの法律が出来ればアメリカにいる行政上のお仕事をする方とか高官とか、議員さんといった地位の高い人と、台湾にいるそう言った方がアメリカと台湾間を渡航して会談する事ができるようになります。

え?そんな事が今までできなかったの?と思うかもしれませんが、・・できなかったんです。

しかもこの法律ができてしまうと、なんと中国がめっちゃ怒るんです。

なぜこんな事になってしまうのでしょうか?
それについては中国と台湾の関係を知ることでわかって来ます。

中国と台湾には溝があります。
なんで2つの国はあまり仲が宜しくないかということですが、中国の清の時代まで遡ります。

清は1616年から1912年まで現在の中国に存在していた国です。
清の最期の皇帝、ラストエンペラーの愛新覚羅 溥儀(あいしんかくらふぎ)は有名ですよね。

清はヨーロッパや日本と戦争を行い、負けてしまったので多額の賠償金を支払ったり、国の一部を奪われてしまいます。

清はなんとか増税して国を立て直そうとしますが、国民の一部は反乱を起こしたりしていました。

そんな反乱を起こした人物で有名なのが、皆さんご存知の「孫文」です。



孫文は清を潰して新しい近代国家を作ろう!と言う事で、「中華民国」を作ります。(辛亥革命(しんがいがくめい)なんて言います。)

そして中華民国に政治を運営する『中国国民党』という政党を作りました。
しかしながら中国国民党に対抗するもう一つの勢力がいました。

『中国共産党』です。
中国共産党はロシアの共産主義の考えを持った政党です。

中国共産党の代表は、これまた皆さんもご存知の名前、毛沢東です。



孫文と毛沢東の二人は考えが違いましたが、この二人が生きている間は仲はよかったのです。

しかし、孫文が亡くなりますと孫文の後継者である『蒋介石(しょうかいせき)』が中国国民党を引き継ぎます。



蒋介石と毛沢東は・・仲が悪くて、結局は『中国国民党』対『中国共産党』の内戦になりソビエト(ロシア)から武器を貰っていた中国共産党が最終的に勝利します。

さて、ここで台湾が出てきます。
台湾は第二次世界大戦中は日本の領土でしたが、戦争が終わりますと中華民国の中国国民党が回収して臨時政府を台湾に置きます。

先程もあったように中国国民党と共産党の内戦で、国民党は台湾に逃れたのです。

国民党が臨時政府を置きましたが、共産党も台湾まで攻めて来ようとします。
しかし、あとちょっとという所で国民党は共産党を食い止める事に成功するのです。

つまり中国の国民党は台湾を、中国の共産党は中国を統治していると言うのが現在も続いている構図となります。

中国に住んでいる方は台湾も全てが中国のものであり、「一つの中国」という考えがあります。
一方、台湾に住んでいる方にとっては、台湾は独立した一つの中国代表国だと主張しているのです。

両国の溝がわかった所で、ここにアメリカの台湾旅行法が関わってきますとどうなるか?という話に移ります。

実は台湾という国は多くの国から独立国として認められていません。(両国の関係性なども含めて日本も認めていないんですよ)

しかしアメリカは台湾との間に『台湾関係法』という法律が1979年に制定されています。
台湾を一つの国家として認めるという内容のものです。

この法律に加えて台湾旅行法というものができますと、

「何!?台湾は中国のものですけど!アメリカが政府の高官とか会うのは台湾じゃなくて中国なんですけど!勝手に外交関係とか築かないで欲しいんですけど!」

と中国は怒るわけなんですね。

アメリカが台湾旅行法を作ったのは、中国が近年海洋進出をしたり、中国とアメリカの貿易で赤字が減少しないなどの警戒感などで行ったと言われています。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/03/02(金) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

ギリシャ国民はなぜマケドニア共和国を認めないのか理由をわかりやすく解説して下さい



ギリシャの首都アテネで4日、マケドニアがマケドニア国名を使っている事に対し、大規模なデモ行動がありました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



まずはマケドニアとギリシャがどこにあるのか見て見ましょう。

ギリシャはエーゲ海に面している国でマケドニアはギリシャの北側にありますね。


実はマケドニア共和国という国名はヨーロッパ諸国や、ここ日本でも公式にこのようには呼んでいません。

じゃあ何て呼んでいるのかと言いますと、「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」です。

この名称は1993年にマケドニア共和国が国連に加盟した時の暫定的な呼び方なのです。

なんでこんな事になっているのかといいますと、当時からマケドニアは「マケドニア共和国」を名乗りたい!と言ってるのに対し、ギリシャはマケドニア共和国の呼び方を認めておらず紛争となっていたからです。

そこで世界のレフェリー役を果たしている国連は「うーん・・まいったな・・」となってしまい、とりあえず国連に加盟した時に呼び方をマケドニア旧ユーゴスラビア共和国という名前に暫定的に置いたのです。

ただ名前がいかんせん長過ぎるので、日本でもマケドニア共和国と略して呼んでしまっています。

じゃあなぜギリシャはマケドニアという名前を認めないのでしょうか?
これは細かく話をしますと一冊の本ができるくらいの複雑な話になってしまうので簡潔に話します。

マケドニアというそもそもの名前は紀元前7世紀頃に出来た古代ギリシア世界の北方に位置した王国の名前です。

これは地図を見た方がわかりやすいので、地図を見てください。
--で囲んだ部分がマケドニア王国が昔あった場所です。



現代のマケドニア共和国、ギリシャ、ブルガリア、アルバニアにまたいで存在していたわけです。

じゃあ今のマケドニア共和国も入っているんだから名乗ってもいいじゃん。
・・というわけにはこれがなかなかいかないわけです。



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7859297220454570"
data-ad-slot="5856024247">



何故ならマケドニア王国が一番栄えた時にいた王様が現在のギリシャにある北部出身だったからです。

皆さまも一度は世界史の教科書でも見たと思います。アレクサンドロス3世です。



そして地図の通りギリシャが領域の大部分を占めており、ギリシャもマケドニアという名前を使っていたわけです。

マケドニア王国はその後アレクサンドロス3世が亡くなり、ローマ帝国が進出してマケドニア王国を取り込んでしまって、マケドニア王国はなくなりました。

その後、現在のマケドニア共和国にウクライナ方面から来たスラブ人という民族が移住してきたわけです。

ちなみに旧ユーゴスラビアってなんじゃい?って話ですが、以前は6の共和国(スロベニア、スロベニア、クロアチア、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、マケドニア)が集まって作られた国の事です。

今回のニュースにはあまり関係ない話なので省きますが、1991年にユーゴスラビアから独立して「マケドニア共和国」と名乗りました。

つまりギリシャ人の主張というのは

「お前らはマケドニア人じゃなくてスラブ人やん」
「マケドニアの本家はギリシャやん」

って言うわけですね。

さて、マケドニア共和国の国旗は以前、このような国旗を掲げていました。



この国旗はアレキサンドロス3世のシンボルマークなのです。これは「ヴェルギナの星(ヴェルギナの太陽とも言います。)」と言います。

しかし、この旗を掲げた事にギリシャ人は怒ってしまい、なんと経済封鎖までしてしまいました。

国旗一つでこんな事になってしまったマケドニア共和国。そこで国旗を改定して今の国旗に変えてしまった歴史もあるのです。



今回はそんなマケドニア共和国にギリシャ国民14万人がデモに参加して「マケドニアって名乗るな!」と怒っていた・・というのがニュースなわけです。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/02/06(火) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

サウジアラビアの汚職問題についてわかりやすく解説してください



サウジアラビアの汚職で没収した金額が11兆円以上に登る事がわかりました。
今回はサウジアラビアの汚職問題についてわかりやすく解説したいと思います。



サウジアラビアは人口3300万人、イラクやイエメンに隣接する国です。
宗教はイスラム教でアラビア語が公用語として使われています。

サウジアラビアと言えば石油ですが、世界第2位の埋蔵量がある石油王国です。
よくテレビなんかで度肝を抜かれる宮殿が公開されたり、ペットにライオンを飼ってる謎の光景も見れたりします。



一見裕福で何も問題がない国家のように見られるかもしれませんが、やはりどこの国でも問題は抱えているものです。

サウジアラビアの歴史から話しますと大変長くなりますので割愛しますが、1932年にサウジアラビアという国が建国されました。

その時の初代国王がアブドゥルアズィーズ・イブン=サウードという方でして、このサウードという名前がサウジアラビアの国名の由来でもあります。

つまりサウード家というのがこの国を統治しています。ですから政治の形態は絶対王政です。

国王は何度か変わっているのですが、第7代国王がサルマン氏でした。しかし80歳を超える歳で、またアルツハイマーの兆候がでている(これは事実かどうか不明)などで後継者を譲る事になったわけです。

サウジアラビアでは一夫多妻制の為、サルマン国王の子供が何人いるかはっきりわかってはいませんし、歴代の国王の子供も合わせると沢山いるかと思います。

恐らく継承者争いがドロドロとはあったとは思いますが、次の公式な継承者となったのがムハンマド・ビン・サルマン皇太子(32歳)です。

さあ、この方が今回のニュースの主人公です。

サルマン皇太子は国を改革したいと考えています。
改革は立場によっては都合が悪くなったり、良くなったりしますので、良い悪いは置いておいて、とにかく国の改革をしようと考えたのですね。

そしてサルマン皇太子はこんな改革を進めています。

・女性の車の運転を認める
・宗教警察を抑えた
・石油依存脱却
・反腐敗運動
など



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7859297220454570"
data-ad-slot="5856024247">



イスラム教では長いこと宗教上の理由で女性の運転は禁止でした。(女性が車を使いたい時は代行を頼んだりしてました。)つまり女性の権利を認めてくれたわけですね。

宗教警察というのは正式には「勧善懲悪委員会」などと言います。伝統的なイスラム教を守るために、例えばですがアルコールを飲んだりした人を捕まえたりする組織です。
この宗教警察の規制をもっと緩くしました。

石油依存脱却とは、その名前の通り石油を主軸にした経済ではなく、もっと他の産業などで経済を発展させるようにしていく事です。

まあ一言でいいますと古い伝統的な慣習に囚われない「近代的なサウジアラビア」にする改革路線をとったのですね。

その路線に方向転換にするにあたり、いままで汚職や政治を腐敗させているような人物を昨年の11月に捕まえてしまい、新しい国作りをしようとしてるわけです。

こうやって捕まえた人達の株や現金などを集めたらなんと11兆円以上の金額になったのです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/02/01(木) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

フィリピンのマヨン山と噴火の種類についてわかりやすく解説して下さい


フィリピン・ルソン島にあるマヨン火山で再び噴火活動が始ままた事がニュースとなっています。
今回は火山についていろいろとわかりやすく解説したいと思います。



マヨン火山はフィリピンのルソン島南部にある、標高2463メートルの活火山です。富士山の様に円錐形の形をしていて、マヨンという名前も「美しい」という意味を持っています。

ではよく耳にする活火山とはどのような定義でしょうか?

活火山というのは過去1万年以内に噴火した事がある、または現在活動中の火山の事を呼んでいます。

昔は現在噴火している山を「活火山」、大昔に噴火した事が文献として記録に残ってるけど今は噴火していない山を「休火山」、そして記録に残っておらず今も活動していない山を「死火山」と分けていました。

しかし、火山の噴火周期というのは数百年単位だったりしますので、1960年頃から過去1万年以内に噴火の記録があるものは全て活火山と呼ぶようになりました。

噴火と言えば頂上からマグマが飛び出て噴煙を上げるイメージですが、噴火にもいろいろと種類があります。

例えばハワイのキラウエア火山は爆発したりするわけではなく、ドロドロと溶岩がずっと流れ続けています。(ハワイ式噴火)

また地下に溜まった水がマグマで温められて爆発する「水蒸気爆発」だったり、マグマ自体が噴出する「マグマ噴火」があったりします。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7859297220454570"
data-ad-slot="8364076969"
data-ad-format="auto">



ハワイ式の噴火はマグマがドロドロ流れているので一見、恐ろしく見えますが、実はあまりこわくはありません。

怖いのはやはり爆発する火山です。なぜなら爆発とともに沢山のマグマや岩石が不特定に飛んでいって被害をもたらすからです。

今回のマヨン火山もこのタイプですね。(まだ大規模な爆発はなく、溶岩が流れているのが観測されています。)

では日本には活火山はどのくらいあるのか?と言いますと、現在は111の活火山があります。

有名なのが桜島や雲仙岳、富士山もそうですよね。富士山なんかは前に道路が盛り上がったりして、近々噴火するのではないか?と騒がれたりしました。

今回噴火したマヨン火山は1616年以来、47回の噴火を繰り返していました。今までこの山の噴火によってたくさんの方が亡くなっています。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 文章力を生かせる就職先を探しています!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/01/18(木) | 国際事情のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »