優生保護法とは何か?わかりやすく解説してください



優生保護法のもとで不妊手術を行なった事をめぐり、厚生労働省が早ければ来月下旬から全国調査を始める方針を伝えました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説して行きましょう。



今年に入って、優生保護法という言葉と共にデモを行なっているシーンをテレビなどで見かけるかと思います。

優生保護法という単語がテレビで出始めたのは、今年の1月に国を相手取って女性が裁判を起こした事がきっかけでした。

優生保護法は1948年に日本で作られました。
第二次世界対戦が終了してからすぐの事ですね。

優生とは「優生学」から来ています。優生学とは遺伝子的に良い遺伝子だけを残そうという考え方です。

例えば体に障害がある方や精神病を抱えている方が子孫を残した場合に、その子孫も受け継いでしまうとか、逆に健全な体を持った人の子孫は健全な体を受け継ぐという考えです。

優生学はイギリスのフランシス・ゴルトンという人物が考えたのですが、1904年に優生学を唱えてこの考えが世界中に広まりました。

ここから世界中がおかしな事になり始めます。

優生学をベースにした考え方になっていくのです。

例えばアメリカでは「断種法」という法律が州のあちこちで出来上がります。先天性な病気や障害を持った方などに対して、去勢手術をしてしまうのです。

犯罪者なんかも遺伝子的な問題が関係しているという事で去勢手術されてしまいます。

ドイツではヒトラーが政権を獲得しますと過激化して、断種法が作られます。
そして同じように身体や精神に障害を持った方は殺されてしまいます。

犠牲者は10万から20万人にも及ぶと言われています。

このように優生学は世界中で大ブームという背景でになり、日本でもこの考え方を支持するのです。

日本では優生保護法という法律ができる前に「国民優生法」という法律ができました。

これは精神病やハンセン氏病、結核などの病気を抱えた方に対して去勢手術をしたり中絶をさせるものでした。

ただ当時はこの考え方に対して反対する方も多く、また戦争中で、産めよ増やせよが奨励されていたので、断種の実行には様々な制約が課せられていました。

そして戦争が終わりますが、親の障害や疾患がそのまま子どもに遺伝するという考えは引き継がれ、優生保護法が1948年に作られます。

これにより、医師が不妊手術の必要性があると診察して、各自治体に設けられた審査会が許可を出せば強制的に不妊手術を行うことができるようになってしまいました。

しかも男性も女性も本人の同意なしです。

手術は時に別の手術だとだまして行われている事もあったようです。

この法律ですが、なんと1996年まで普通に残っていました。(1996年の法改正によりなくなります。)

強制的に不妊手術を受けさせられた人は男性は3割、女性は7割、全国でおよそ1万6000人にのぼるとされております。

しかし被害者の一人の女性をきっかけにこのような方の救済に向けた動きがいま急速に始まっていますが、残念ながら26の道府県で合わせて3300人分しかなく、2割ぐらいしか記録が残っていません。

そこで厚生労働省は関連資料を保存するように都道府県に要請したうえで、さらに実態を把握するために調査を始める事にしたのです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2018/03/29(木) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

ロシアの大統領選挙のしくみとプーチン氏の大統領歴をわかりやすく解説して下さい



ロシアでウラジミール・プーチン氏が大統領に再選されました。
今回はロシアの大統領選挙のしくみと、プーチン氏の大統領歴をわかりやすく解説したいと思います。



ロシアの大統領の任期は4年だったかなと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、任期は6年です。

以前は4年だったのですが2008年の憲法改正によって変わり、2012年に大統領に当選した人から6年の任期になったのです。

連続して大統領になれるのは2期までで、これは以前と変わっていません。つまり再選すれば12年間大統領になれます。

そして今回、再選で選ばれたのがプーチン氏です。

ロシアで大統領選挙なんかやってたのか・・と思った方もいるかもしれませんが、オリンピックもあったのであんまり報道されなかったですね。

プーチン大統領は2000年に第2代大統領に選ばれました。(その前はエリツィン大統領で、その時は首相を務めていました。)

その後2004年も大統領選で勝利して2008年まで2期、大統領を続けます。

最初に話した通り、この時はまだ大統領の任期は4年でしたからこれ以上は大統領になる事はできないので、2008年に違う人が今度は大統領になります。

ドミートリー・メドヴェージェフさんですね。



ちなみにこの時の大統領選ではイワノフさんという方が大統領に有力視されていたのですが、なぜかメドヴェージェフさんが大統領に当選し、論争は今もあります。

みなさんの中にはこの頃のプーチン氏とメドヴェージェフさんの関係が明らかになったことを覚えている方もいるかもしれません。

二人はどんな関係かと言いますと、親分と子分の関係です。
もちろん親分はプーチン氏です。

メドヴェージェフさんが大統領になりますと、プーチン氏は首相になりました。

ロシアでは大統領が絶対的な権力を持っており、首相というのは隅の方でなんかガチャガチャやってるのが特徴です。

しかしメドヴェージェフさんが大統領の時は、首相であるプーチン氏が実質的に政治を動かしていたといわれています。

まあ法律で仕方なくプーチン氏は首相をやってたけど、動かしていたのはプーチン氏だったわけですね。

そしてこの時に大統領の任期を6年に改正して、2012年に大統領になった人は、「2期までで12年間大統領をする事ができますよ」としたのです。

2012年になると4年間大統領を務めたメドヴェージェフさんはさっさと退任しちゃいます。

そして、2012年からまたプーチン氏が大統領を務め6年が経ち、さらに今回2018年の大統領選挙に勝利したのです。

メドヴェージェフさんはどうしたかですか?
もちろん首相となります。

うーん、なんだか怖いくらいの筋書き・・・に感じますねw

ただ、今回の大統領選挙はプーチン大統領を含めて8人が立候補していましたが、有力視された候補者はおりませんでした。

開票結果はなんと76%がプーチン大統領の票だったのですから驚きです。(プーチン側が不正を行っていたんじゃないかと現在抗議が起こっています。)

さて、ロシアの大統領は国民の「直接選挙」で選ばれます。

直接選挙というのは国民が直接代表者を選出します。つまり私達がプーチン大統領に票を入れればそれがそのまま反映されます。

また選挙は2回投票制となってます。

2回投票制というのは絶対に2回行うわけではなく、1回目の投票で過半数の票を得た場合はその人が当選して、それ以上は投票を行いません。

もし過半数を満たさなかった場合は、投票率が高い上位2人だけでもう一度だけ投票を行うのです。(決選投票なんて言います。)

大統領に選ばれますと、大統領は首相を選ぶ事ができます。メドヴェージェフさんが大統領になった時、当然首相をプーチン氏に選んだわけですね。

一応、議会による承認は受けますが、プーチン氏という人物に対して反抗するのはあまり得策ではないようです。

またロシアの大統領は大統領令をしたり、議会で可決した法案を否決したり、軍の指揮権も持ちます。
これはアメリカと同じですかね。

今回の再選でソ連時代にいた指導者スターリンに次ぐ長期政権となり、いつまでプーチン氏が権力を握るのかは不明です。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2018/03/20(火) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

亡くなったスティーブン・ホーキング博士はどのような人物なのかわかりやすく解説してください



2018年3月14日にイギリスの物理学者であるスティーブン・ホーキング博士が亡くなりました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



スティーブン・ウィリアム・ホーキング(Stephen William Hawking)博士は1942年1月8日に生まれました。

幼少期からホーキング博士の父親が教育熱心だったので、ウェストミンスタースクール(めっちゃ頭の良い人が入る所)を受験しようとします。

ですが、受験日に体調を崩してしまったので、通っていたセント・オルバンズ(頭の良い人が通う所)のハイスクールで過ごしました。

ただ、幼少期は飛び抜けて成績が良かったというわけではなかったようです。

それからホーキング博士は17才で有名なオックスフォード大学に入学します。

この頃になりますと、ホーキング博士は科学と物理にとても優れた能力を見せ始めます。
もちろん成績は優秀で、なんと大学からは奨学金を貰えるほどでした。

ただ、オックスフォード大学では授業が簡単過ぎたらしく失望します。

オックスフォード大学を卒業しますと今度はケンブリッジ大学大学院の応用数学・理論物理学科に入学します。

さてホーキング博士と言えば、優れた物理学者だというのはもちろんなんですが、車椅子に座って移動したりする一面を見た事があるかもしれません。

これは21才の時にある病気によって引き起こされたのです。

「筋萎縮性側索硬化症」(ALSともいいます。)という病気です。

皆さんが歩いたり食べたり出来るのは、脳から送られる命令を筋肉に伝える事ができているので、そのように行動ができます。

しかし、この伝えているニューロンと呼ばれる神経細胞が侵されてしまいますと、脳から筋肉にうまく命令を伝える事が出来なくなってしまうのです。

そうしますと、やがて筋肉が徐々に痩せて行ってしまい最後には動かせなくなってしまいます。
日本にもこの病気に苦しんでいる方が8300人ほどいると言われています。

ホーキング博士はこの病気で絶望してしまうのですが、後の妻となるジェイン・ワイルドに支えられ結婚しました。(子供もいますが91年に離婚します。その後に看護師のエレイン・メイソンと再婚しました。)

そして、ケンブリッジ大学で教授となり、熱弁を振るいました。

ではホーキング博士はどのような研究をして来たのでしょうか?

ホーキング博士と言えば宇宙です。

博士は宇宙についての研究をしてきました。
宇宙の構造やブラックホール、宇宙がどのように始まり、どこへ向かうのか?宇宙には終わりがあるのか?と言った研究です。

ホーキング博士はこの研究について、このような事を述べています。

「この研究で答えを見つけられたら、私たちは本当の意味で、神の意思を知ることになるだろう」

つまり宇宙について人類が答えを見出した時は、神の考えや意思を知る事が出来るという事です。

博士は、宇宙の研究をする一方で人類への警鐘も話しています。

現在の地球は環境問題や核戦争、遺伝子操作されたウィルスなどで非常に危険な状態に直面しており、宇宙へ進出しない限り、人類の未来はないと。

世界一頭の良い人がこう話しているわけですから、地球の未来は今のままではあまり良い結果にはなりそうもありませんね。

ただ、人生のほとんど全てを病気と共に過ごしてた博士でしたが、それが人生の成功を妨げることはなかったのですから、希望を見出す事はできます。

最も名高い物理学者、スティーブン・ウィリアム・ホーキング博士は76歳の生涯でした。

筆者は大ファンでした。




この本は読みやすくて面白かったので、読んでみて下さい。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2018/03/16(金) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

次世代通信方式5Gとは何かをわかりやすく解説して下さい




スペインでモバイル機器の展示会が2月26日に開催され、その中で次世代通信方式5Gが注目されました。

今回は5Gとは何か?どんな仕組みで何に活用できるのか?をわかりやすく解説したいと思います。



最近は5Gという言葉が巷で使われ始めていますよね。ちょっと前までは4Gという言葉が使われていて、何がなんだかついていけない方もいらっしゃると思います。

まず、「G」とは何かと言いますと、generationの事です。「世代」と訳します。

ですから1Gもありましたし3Gもありましたし、これから未来が進むに連れて6Gとか7Gとか出て来ると思います。

この「世代」というのは実は指すモノによっていろいろな呼び方が変わります。

例えば携帯電話であれば「第5世代携帯電話」といいますし、通信方式で言えば「第5世代移動通信方式」なんて言ったりします。

どれも5Gと略されますが、指すモノによって変わりますので、携帯電話を指して「5G」と言ったら第5世代携帯電話の事を言ってるんだな・・と得意な顔をしておきましょう。

じゃあ1Gとか5Gとか何が違うん?と思う方もいらっしゃると思います。

例えるのが一番わかりやすい携帯電話を例に解説していきましょう。

まず1Gと言うのはアナログの事を指します。
1Gは初めて登場した方式で、アナログの音声通話に対応していました。

アナログってそもそも何か?って事なんですが、今あなたが立っている位置って何も見ずに正確にわかりますか?

多分、地球の◯◯県の◯◯市の辺り・・くらいしかわからないでしょう。

しかし、デジタルの場合は北緯何度、経度何度といった具合に正確に数字で示してくれます。

ですから、アナログの場合はまた同じ位置に立とうと思っても、前と大体同じ位置にしか立てません。一方デジタルの場合は正確に数字で示してくれますから前と全く同じ位置に立つ事ができます。

アナログはおおまかでデジタルは正確に表してくれます。ちょっとわかりにくかったかもしれませんが、とにかく1G はアナログを指しているのです。

昔の黒電話なんかはアナログ回線ですから1G ですね。

2Gになりますと、アナログからデジタルに移行します。ここから一気に携帯電話が進化していき、携帯電話でインターネットに接続できたりメールができるようになります。

3Gとなりますと通信の速度が上がった事でテレビが見れたりと言うようにさらに進化した携帯電話が現れます。

4Gとなると今の様なiPhoneが出てきましたよね。
ゲームのアプリが出たり、ユーチューブが見れたりと何でもできる携帯となりました。

なぜこのようにいろいろな事が出来るようになったかと言いますと、「通信速度」が上がった事が大きいです。

1G が徒歩くらいだとしたら、4Gは新幹線くらいの速さと言った所でしょうか。
だから昔なら一日中かかって画像をダウンロードしてた事が数秒程度でできるようになったのです。

じゃあ5Gはといいますと、4Gよりさらに通信速度が早くなったのは言うまでもありませんが(10倍くらい早いです)、さらに特徴的な事があります。

それはIoTです。

IoTは「Internet of Things」の略です。あらゆるモノがインターネットにつながる事なのですが、簡単に言いますとモノにセンサーがついていて、それがインターネットと繋がっているので便利になるのです。

例えば鉢とインターネットが繋がってるとします。それでもし観葉植物の土が乾くと、鉢に付けられたセンサーが感知し、インターネットを通して「土が乾いてるからお水あげて!」と知らせてくれたりします。

このようにモノがインターネットに繋がっていく事が沢山増えますから接続する量が増えてしまいますが、従来より10倍〜100倍くらい接続を可能にしています。

4Gでも一部はモノとインターネットが繋がっていましたが、5Gは本格的なIoT向けのネットワークとなり期待がされているのです。

また通信速度が早い事で、離れた場所にいてもいろいろな遠隔操作をする事が可能となりました。

例えば今回の展示会では、人の動作をほぼリアルタイムで再現するロボットが披露されました。
と、言うことはこれを応用すれば離れた所にいても手術だってできてしまいます。

またラジコンのショベルカーに高画質の4Kカメラを付けて、カメラに映し出された動画を見ながら操作する様子を展示している所もありました。

4Kの様な高画質はどうしても大容量となってしまうから今までですと動画に遅れが出てしまいました。
しかし5Gであればそれもスイスイできちゃいます。

「5G」のサービスは、日本では2020年に一部の地域で始まる予定ですが、5Gに対応するために通信会社は多くの費用がかかるのが課題でもあります。

とはいえ、これからの社会が5Gによって大きく変わりそうですね。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2018/02/28(水) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

安倍首相が裁量労働制のデータが間違っていた事を認めたニュースをわかりやすく解説してください



安倍首相が働き方改革の裁量労働制のデータ誤用に関して認めた事がニュースとなっています。
今回はこのニュースをわかりやすく解説したいと思います。



まず働き方改革というものを振り返って見ましょう。

働き方改革と言うのは、「一億総活躍社会を実現するための改革」というものです。

これは何も仕事をしてる人だけにフォーカスを当てているわけではありません。

これから日本の人口が減ってさらに高齢化社会になって行っても、50年後は人口1億人を維持して、仕事だけでなく地域や家庭と言った環境でみんなが活躍できるような社会にしていこうとするものです。

ちなみに50年後の日本人の人口ということですが、今のまま行けば2060年には8670万人程に減ります。(いま現在は1億2656万人くらい)

当然ですがこうなってしまいますと深刻な労働力不足となってしまいます。

そこで労働力の確保をする為に、子育てにかかるお金を国が負担して出生率を上げる工夫をしたり、女性がもっと働けるように保育園を設置し出したりと政府がしているわけです。

またこれだけではなく「労働の生産性」を上げて不足してる労働力を補おうともしています。

以前は残業をする人ほど評価されたり、逆に仕方なく残業をしても評価されなかったりする方が大半でした。

ですが労働の生産性を上げる為に「成果主義」という新しい人事評価を取り入れるような企業が増やすようにしましたし、企業もそのように変わりつつあります。

要は残業分余計に働いたから評価!ではなく、短時間で効率よく結果を出したら評価!という事に評価の基準が変わって来たのです。

で、このような評価方法をとりますと、会社は従業員の勤務時間に対してはあまり考慮をする必要性がなくなってしまうわけですね。

そこで出て来たのが「裁量労働制」です。

裁量労働制は実働時間ではなく、例えば一ヶ月130時間働いたという事にし決めてしまいます。
それで実働時間が150時間だったとしても、100時間だったとしても130時働いた事にしてしまうのです。

じゃあ多く働いたら損じゃん・・と当然思うかもしれませんが、先程申しましたようにあくまで評価は成果主義なのです。

また裁量労働制は全ての職種に適用しているわけではありません。
「専門業務型」と「企画業務型」の二つに限定しています。

専門業務型というのは、例えばデザイナーと言った職についてる方なんかですね。

デザイナーであれば一ヶ月にこれだけのデザインを考えれば仕事が終わり!と言った具合に比較的に目標を立て安いですし、成果もわかりやすいですよね。

企画業務型というのは、例えば何かの企画をしている方や調査をしたりする方です。

要は対象とするのは時間ではなく、結果で評価されやすい職業が対象となっているわけです。

若干納得いかない所もあるかと思いますが、とにかくこれが裁量労働制なわけです。

では安倍首相が裁量労働制のデータを誤用していたと認めていたというのは何か?ということですよね。

裁量労働制はみなし時間としているので、一方ではサービス残業の温床になると危惧されています。

みなし時間と実労働時間とがあまりにもかけ離れていても、裁量労働制という事で処理されてしまうからです。

みなし時間より実労働が少なければ良いですが、なかなかそうはいかない方が大半を占めていると思いますし、裁量労働制には疑問が残りますよね。

政府は裁量労働制で働く人の方が一般労働者よりも労働時間が短いとしており、安倍首相も1月29日の衆院予算委員会でその様に答弁をしていました。

しかし、この後に答弁をした際のデータが正しいデータではなかったという事を認めたのです。
ただ、安倍首相は実際に働く人の労働時間の再調査を行う必要はないとの考えを示しています。

ちなみに補足ですが、裁量労働制だと残業代が支払われないと勘違いする方もいらっしゃいますが、それは違います。

裁量労働制だったとしましても労働基準法の規制は適用されます。

例えば1日の裁量労働時間が9時間としていた場合、労働基準法では1日に8時間以上働いた場合は残業が出るようになってますから、1時間分の割増賃金がでる様になっています。

今回は裁量労働制についてのニュースでした。
スポンサーリンク


20170816140807ccd.png
↑今週のWeek think itはコチラ
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 IT関係の会社員をしながら、当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 また、WEBライターのお仕事もさせて頂いています。 ライターのご依頼はコチラ

2018/02/22(木) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »