FC2ブログ

主要農作物種子法が廃止されると何が起こる?をわかりやすく解説して下さい



2018年4月に「主要農作物種子法」が廃止されました。

今回は何故廃止されたのか?と廃止されると何が起こりえるのかをわかりやすく解説したいと思います。

20180911211252aab.jpeg


まずは「主要農作物種子法」と言う聞きなれない言葉から紐解いて行きましょう。

主要農作物種子法と言うのは1952年に作られた法律です。これは戦時中や戦後の食糧難で苦しんだ日本人の為に作られた法律と言われています。

「主要農作物」と言うのは米・麦・大豆などの事を指しています。どれも全て「種(タネ)」ですよね。

私達は現代だとあまり意識していないかもしれませんが、この様な種から作られた食品を沢山食べています。

醤油や豆腐、麺やパンにご飯。
考えてみますと沢山の食料がこの様な種から作られています。

日本人にとってはまさに命を支えてきた食べ物ですが、戦時中・戦後の食糧難ではほとんど口にできませんでした。

このような経験から「二度と日本人を飢えさせない!」という事で、法律を作り、主要作物の種(タネ)を国が管理して安定して国民に供給する事にしたわけです。

主要農作物種子法は8条の項目から成っているのですが、具体的にこんな事をして主要農作物を守っていました。

●国民に安定して供給できるように主要農作物種子法に関して国が責任を持って様々な事に予算を配分していきます。
●食べても安全(例えば遺伝子組換え食品でないとか)な主要農作物を各都道府県で管理してきます。
●安くて安全な種を農家に提供するよう各自治体に義務付けます。
●農業試験場の運営などをして優良な種(例えばお米で言えばコシヒカリとかね)を作っていきます。
●種子の審査制度などを規定して種を守っていきます。

このように国が管理していく事によって、現在のように様々な品種の主要農作物が作られて、おいしくて安全な物が食べられたわけですね。

20180911211304886.jpeg


ところが今年(2018年)4月1日にこれが廃止されてしまったのです。

一体何で廃止にしちゃったのでしょう?

政府の意見はこうです。
「国がこういった種(タネ)を管理してしまっていると民間の企業などが参入できない。」

つまり、国がこのように種を管理してしまってると、民間の会社が例えば品種改良とかで新しい種を作ろうとするビジネスを始めても太刀打ちできないから、国が管理するのを辞めるとしたのです。

そしてもっと民間企業がこのような種ビジネスに参加し易くするようにしたわけですね。

が、これは前提の話で、実はTPPに参加する為に廃止したとも言われています。

TPPとは太平洋を取り巻いている国同士が協力してもっと自由で開かれた貿易をしていこうとするものです。

例えば関税(安い外国産の物が輸入されてしまうと自国の物が売れなくなっちゃうから、わざと税金をかけて国内産と同じ値段にして守ること)を下げて、輸出入し易くしたりします。

TPPに参加すれば加盟国同士で規制を緩くして、様々な物を輸出入できるようになるのですが、これに参加するにはどうしても国内のいろんな規制を緩くしなくちゃなりません。

そこで、主要農作物種子法を廃止にしてTPPの交渉をし易くしたと言われているのです。(廃止する事で外資の企業も参入できますよ!とアピールできる)

主要農作物種子法を廃止にしますと国の管理下に置かないので確かに民間企業が参入し易くはなります。

しかし、いくつかの懸念が生じています。

●遺伝子組み換え食品が広まる!?

遺伝子組み換え食品がまだ身体にどのような影響を与えるかは研究中ですが、国の管理下に置かないと様々な手法を用いて主要農作物を育てる企業も出てきます。

中には遺伝子組み換えの種で栽培する企業も出てくるかもしれません。

また故意に遺伝子組み換えをしなくても、何処からか遺伝子組み換えの花粉が飛んで来て、在来種と交配してしまう事もあります。

国が管理をしない場合、この様な事が起こり得ます。実は海外ではこのような状況が現に報告されています。

●種子が手に入らなくなって、主要農作物がなくなり価格が高騰する!?

国の管理下を辞めて民間企業がたくさん参入してきたらいいでしょうが、必ずしもそれが現実に起こらない可能性もありますよね?

もし民間企業が全く参入してこなかった場合は、必然と種を供給ができなくなってしまいます。物がなければ価格が高くなります。

日本の種ビジネスは魅力的かどうかはよくわかっておらず、もしかしたら主要農作物が高騰してしまうのではないか?と危惧されているのです。

ただし、その反面これらの危惧は考え過ぎで、市場原理が働いて、日本人にちゃんと供給されると言う主張する方もいらっしゃいます。

現時点ではどちらに転ぶかはわかりません。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/09/12(水) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

障害者雇用制度で水増し不正があったニュースをわかりやすく解説して下さい



複数の省庁で障害者雇用の割合を水増ししていたと言う事がわかりました。

今回はこのニュースをわかりやすく解説していきたいと思います。

20180829073230c75.jpeg


まず、冒頭に注意しなくてはいけないのですが、日本では今、「障害者」・「障がい者」・「障碍者」と言う3つの書き方がある事を認識して頂ければと思います。

これは「障害者」と書くと怒る人がいたり、逆に「障がい者」と書くと怒る人がいたり、さらに「障碍者」と書くと怒る人がいたりするからです。

表記の仕方で色々と考える所はあると思いますが、当ブログでは「障害者」と記載させて頂きます。

まず「障害者雇用制度」って何だろうか?という事から解説して行きましょう。

障害者雇用制度はここ最近、改定がされました。
2016年の4月です。

以前から障害者雇用制度はありましたが、そこからさらに変わったわけです。
障害者雇用制度は企業が障害者の方を雇用する義務の事ですね。

障害者雇用制度はこのような内容です。

●障害者(身体障害者・知的障害者・精神障害者)を企業が雇用しなくてはいけません。
(改定する前は精神障害者はありませんでした。)

●差別すんなよ!
車椅子だったり、仕事が人より遅かったりしても給料を下げたりしたらダメです。

●障害者の立場を考えて下さい
例えば段差があって不便だったらそこを平らにしてあげるとか、そういった事を解決してあげなさいという事です。

●障害者の相談などを放置しないで下さい
相談をされたまま放置しないように。障害者は都道府県の労働局に相談する権利があります。そんな状況になるまで放置するような事はしないこと。

●障害者雇用の法定雇用率は2.2%
法定雇用率と言うのは、一定の従業員がいた場合に雇用しなくてはいけない障害者の割合です。

これは段階的に上げていて、厳密に2.2%ではありませんが、2018年現在では民間の企業では45.5人に2.2%(2020年までに43.5人に対して2.3%まで上げます。)の障害者を雇用するように決まっています。

障害者を雇用しない場合は企業に納付金(罰金ですね)が課せられます。

さて、今回何が問題になっているのかと言いますと、この雇用率の達成を水増ししていたのです。

どこが水増ししていたのかと言うと、これが民間の企業ではなく、国の中央省庁(政府ですね)や地方公共団体で行われていたのです。

障害者雇用制度は民間の企業だけではなく、国の省庁や地方公共団体でも雇用するように決まっています。
雇用率は現在、2.5%(2020年までに43.5人に対して2.6%にまで上げます。)。

何故、民間よりも高い雇用率にしているのかと言うのはわかりませんが、民間企業の手本としてまずは国や地方公共団体が示せと言う事で、高い雇用率になったとも言われています。

しかし、なんと国の省庁では8割もの省庁で障害者雇用の水増しが発覚したわけです。
現在わかってるその数は3460人。

障害者を雇用している数は6800人、2.49%も雇用しているよー。と、公表していたのですが、実際は1.19%しか雇用していなかったのです。

水増しをしていた中には、緑内障患者の方や自分が障害者雇用となっている事も知らない方も含まれていました。

民間企業に障害者雇用を指導する立場の国が、水増ししているとは何事だ!と言う事で大騒ぎとなっているのです。

これが今回のニュースですね。
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/08/29(水) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(2)

NHKが「衛星放送を契約して下さい」とやってきた。④



今回でこのNHKシリーズは終了になります。

長々と申し訳ないですが、やはりNHKの契約に関してはちょっとおかしな点があり、それは私達国民も疑問に思っている方も多いと思います。

またそれだけでなく、NHKのふれあいセンターや訪問員だって正直疑問に思っている方もいると思います。

なぜテレビを見ないのに契約をしなくてはいけないのか?なぜBSを見ていないのに契約をしなくてはならないのか?

裁判官はなぜ契約の自由という憲法があるのに「契約をしなくてはならない」と判決を下してしまったのか?

これはもう私達国民が今一度しっかり『おかしい!』と声を上げなければ行けない事だと思うわけです。
でないと一生このままです。

20180802191028d25.jpeg


さて、そんなわけで最終章に入ります。
その前に前回までの事を整理しましょう。

【解決済み】
●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
→答え:BSアンテナがある条件で、テレビの後ろにあるケーブルをBSに付け変えて、リモコンのBSボタンを押す。
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?
→答え:上の条件で衛星放送が見れれば契約をしなくてはいけない。
●一体いくらかかるねん・・
→答え:998円。地上波と合わせたら2258円。
●コジマはドラクエ派かFF派か?
→答え:武道派
●地上波を契約した本人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?
→答え:謝り。地上波を契約した本人が必ずBSを契約しなくてはいけないという事ではない。
●BSのアンテナがあり、リモコンもBSのボタンがあり、テレビにはBSへの接続端子はあるが、地上波だけにケーブルを差し込んでいるだけなら契約はしなくても良い?
→答え:契約しなくてはならない。
差し替えるのは本人の自由ですが、差し替えてBSに繋がるのであれば繋がる環境があるとして契約をしなくてはいけない

【未解決】
●仮にテレビの接続端子部分が何らかの原因でキズが付いて衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?
●仮にテレビの接続端子が何らかの原因で完全に取れて失くなり、衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?

今回はこの未解決部分を聞くと言うところですね。

前回、NHKふれあいセンターに電話しましたが、上司まで出てくれまして対応。

しかしながら、この質問に関してはNHKふれあいセンターでは判断を下せないとの事で、地域にあるNHK営業所を紹介してもらい電話をかけたわけです。

「お待たせしました。担当の○○です。」

今回もめっちゃ優しそうなお姉さんです。
私もようやくコジマの顔を忘れられそうです。

そして、未解決部分の質問を投げかけました。
やはりこの質問は少し重かったようで、一旦保留となりました。

「故障していれのであれば契約する必要はございません。」

終了。

と言うか、それどころか解約の手続きまでしてくれそうになりましたからね。「イヤイヤ、仮の話なので解約とかは大丈夫です。」と慌てて言いました。

答えは、『壊れて映らなければ契約する必要はありません。』と言う事でした。

さてみなさん。
今回のNHKへの電話で私が思った事を素直に書かせて頂こうと思います。

私はNHKふれあいセンター、NHK訪問員、NHK営業所では契約に関してはかなり温度差を感じました。

訪問員は自分のノルマや契約をしたら給料に反映される為、個人差があるかと思いますが、デタラメな事をいったりするのだと思います。

これは本人のお金がかっているから、そう言った事を言う傾向になってしまうのも無理はない気がします。

だからと言って無知なのをいい事に「法律だから」と脅して契約するのは間違いだと思います。

NHKふれあいセンターはNHKではなく委託された企業ですから、契約に関して不明な部分があったり、正しい判断をなかなかできないのかなと感じました。

録音もしていますから勝手な事を言ってしまったら、後でNHK本部から怒られてしまうのだと。

ですから重要な部分に関してはNHKふれあいセンターでは判断できない。

NHK営業所は重要な部分に関しては判断をすぐに下してくれました。電話対応も悪い印象は全くありませんでした。

やはりイメージが悪いと企業もダメージを受けますからね。

結局何が悪いかと言いますと、NHKの契約は「現代に全く合っていない。」というのに、こんな状態を変えずに押し通してしまっている事なのだと思います。

この原因から様々な問題が起こってしまっているのだと思います。

私達は分厚い契約書や法律と言う言葉がでてしまうと、急に弱くなりひるんでしまいます。そこに付け込んで来る悪魔がいるわけです。

しかし法律だからとか、威圧的な態度を取ってくる訪問員が来ても『全く恐れる必要はない』のです。

どうか、『勇気を出して毅然とした態度で断って下さい。』

最後にこんな事を書かせて頂きます。
私達も法律によって守られています。
法律には法律で対処できます。

●訪問員が帰れと言っても帰らない。
→不退去法があります。帰らない場合は警察を呼べます。
●家の中に入って調べさせろ
→NHK訪問員を家にいれなきゃならない法律はありません。

また、あなたがもし契約の事でNHKに問い合わせているのであれば、「NHKに契約の事で問い合わせているので今現在は契約しません。もう来なくて結構です。」と断れば良いのです。

負けないで下さい。

スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/08/02(木) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(2)

NHKが「衛星放送を契約して下さい」とやってきた。③



NHKは1958年2月1日に最初の放送が行われました。当初は国民のみんなが見ていました。

しかし、時代が進んで他放送が出現したり、YouTubeやらHuluやら動画が出現してNHKを積極的に見る方も少なくなりました。

そして、国のお墨付きを得た事で、契約を半ば強制的に行うなどで随分と嫌われものになってしまいました。金額も高いですしね。

ただ、私はNHKの番組は嫌いじゃないです。子供も見ますしね。BSのコマーシャルを見ても、面白そうな番組があるなーとも思います。(実際、面白いと言う話も聞きます。)

20180728202034c93.jpeg


では、話の続きを行いたいと思います。

今回はかなり踏み入った話を「NHKふれあいセンター」に衛星放送の契約について投げかけて見ました。

その前に整理をしましょう。

【解決済み】
●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
→答え:BSアンテナがある条件で、テレビの後ろにあるケーブルをBSに付け変えて、リモコンのBSボタンを押す。
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?
→答え:上の条件で衛星放送が見れれば契約をしなくてはいけない。
●一体いくらかかるねん・・
→答え:998円。地上波と合わせたら2258円。
●コジマはドラクエ派かFF派か?
→答え:武道派


【残りの質問】
●地上波を契約した人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?

さて前回、NHKふれあいセンターに話をした後に私はふとこの様に思ったわけです。

BSのアンテナとテレビにBSの接続端子があり、リモコンにもBSのボタンがあれば契約しなくてはならないのはわかりました。

ですが、●地上波だけにケーブルを差し込んでいるのであればBSは当然見れないわけで、BSに差し替えなければこの場合は衛星放送の環境は整っていると言えないのではないか?

また、●仮にテレビの接続端子部分が何らかの原因でキズが付いて衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?

似たような話で●テレビの接続端子が何らかの原因で完全に取れて失くなり、衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?

では、「NHKふれあいセンター」に電話して聞いて見ましょう。

今回は多分30代くらいの女性が出ました。
でもコジマよりは全然良いです。

●地上波を契約した人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?

はい、これは謝りである事がわかりました。地上波を契約した本人が必ずBSを契約しなくてはいけないという事ではありませんでした。

つまりコジマは大佐がいないのを良いことに嫁さんに強引な話をしてすぐに契約に至ろうとしたわけですね。

絶対に許せん。

そういうわけで私の家に来た訪問員コジマの名前を出し、管轄している場所を教えて「必ず本人にその発言は間違いだと伝えて下さい。」と念を押しました。

次に電話した時に本人に伝えていなかった場合は、伝えるまで電話で待機してやる。

皆さんのウチにもしこの様な手法で強引に契約をしようと訪問員が来ましたら、それは明らかな間違いである事を言って下さい。

●地上波だけにケーブルを差し込んでいるだけなら例えBSへの接続端子があってもBSは見れる環境で
はないので、契約はしなくても良いとなるか?

これは契約をしなくてはならない。との事でした。
差し替えるのは本人の自由ですが、差し替えてBSに繋がるのであれば繋がる環境があるとして契約をしなくてはいけないとの事です。

●仮にテレビの接続端子部分が何らかの原因でキズが付いて衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?
●仮にテレビの接続端子が何らかの原因で完全に取れて失くなり、衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?

この質問に関しては、最初このような回答をされました。

「仮の話ではお応えしかねます。では、実際にそのような現象が起きたらまた電話して下さい。」

そこで僕ちゃんはこう答えました。「いや、現実に起ころうが、仮の話として起ころうが話す内容は同じなので、何故答えられないのでしょうか?」

すると・・

「すみません上の者に代わります。」

上の者キター!!───O(≧∇≦)O────

ここでちょっと言いますが、NHKふれあいセンターさんは全く悪くありません。一生懸命お仕事をしているだけです。

私も電話対応のお仕事もしていますから、気持ちはわかるんです。

悪いのは法律で決まってるから!と、無知な民間人に強引に契約させたり、ホームページにわざと解約の仕方をわかりにくく掲載するコズルイ真似をしたり、法律で守られたからと好き放題している奴らです。

さて、しばらく電話の待ち受け音が鳴り、どんな上司だろう・・もしかしたらヤクザみたいな奴だったらめっちゃ怖いと思いながら待ちました。

「お待たせしました。担当の○○です。」

めっちゃ優しそうなお姉さんです。
おいおい、ビックリしたよ。コジマだったらどうしようとか思ってたよ。

担当者はこのようにおっしゃいました。
「オペレーターではこの判断はお応えでき兼ねます。ですので地区にあるNHKの各営業所にお問い合わせ願います。」

そんな所があるんかい・・と思いましたが、そのような答えを頂きました。

そこで私の地区にあるNHKの営業所の番号を教えて貰いました。

平日の10時〜17時まで窓口が開いているそうです。

ありがとうNHKふれあいセンター。コジマに間違いである事を伝えたかどうか気にはなるが、これ以上かける事はもうなさそうだ。

ちなみに、
●勝手に私のテレビに「BSのボタンがあることが証明されました」
という勘違いを修正しなくてはいけないと言うミッションがありましたが、これは単に「わかりました。」で終わりました。

何も面白くない。

次は残っている下記の質問内容をNHK営業所に問い合わせてみたいと思います。

●仮にテレビの接続端子部分が何らかの原因でキズが付いて衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?
●仮にテレビの接続端子が何らかの原因で完全に取れて失くなり、衛星放送が見れない場合でも契約はしなくてはいけないのか?

つづく
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/07/28(土) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

NHKが「衛星放送を契約して下さい」とやってきた。②



はい。
それでは続きとなりますが、今回はNHK衛星放送の契約に関して少しでも皆さんの参考になるかと思います。

特に私は衛星放送の見方さえわからないど素人ですから、その様な方にとっては良いかと思います。

20180728201516e50.jpeg


前回の疑問点はこうでしたね。

●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?
●一体いくらかかるねん・・
●地上波を契約した人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?
●コジマはドラクエ派かFF派か?→答え:武道派

まず、これらの疑問を聞いて見たいと思います。

電話は「NHKのふれあいセンター」に電話をかけます。0570-077-077

NHKふれあいセンターは訪問員と同じように外部委託によって構成されている部署です。
ですが、NHKの窓口になります。契約や住所変更などの手続きもしてくれます。

受付時間は午前9時~午後8時までです。
土・日・祝日も受付をしてくれます。

ガイダンスに沿って電話します。
今回はその他の事なので3番を押します。

「はい。NHKふれあいセンターです。」

なかなか可愛い声じゃないか。
コジマの顔とは大きな違いだ。NHKもこういう子を訪問員にすりゃいいのに。

NHKふれあいセンターでは電話を録音しています。
あとあと面倒な事にならないようにする為ですね。

ではまずはこの疑問を投げかけたいとおもいます。

●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?

まずは衛星放送の見方です。

衛星放送を見るには「衛星放送アンテナ」が何処かしらについている事です。

20180727082410cf9.jpeg


自分の家なら衛星放送を付けたかどうかはわかるかと思いますが、私の様にマンションやアパートなどの場合はわからないと思います。

これは正直に言ってオーナーさんなどに聞くしかありません。付いていなければ衛星放送を見る環境が整っていませんので、衛星放送契約はしなくても良いとの話でした。

コジマはウチのマンションに衛星放送があるという事で来た様ですね。(しかし私は存在の有無はわかりません。)

では仮に衛星放送アンテナがあったとしましょう。

次に衛星放送の見方です。

テレビの裏を見て見ましょう。(※ちなみにこの画像は私の家の画像ではありません。)

2018072708241811a.jpeg


地上波はこの画像で言えば下の接続端子です。
衛星放送はこの上の「BS」とか言う単語が付いている部分に線をつけ直します。

みなさんはリモコンに「BS」と言うボタンが付いていますか?
BSと言うボタンが付いていたらそこを押せば衛星放送が見れるとの事です。

つまり衛星放送を契約しなくてはいけないのはこの条件がある人です。

●衛星放送アンテナがある
●テレビの後ろでBSのケーブルにつなぎ、リモコンでBSボタンを押して衛星放送が見れること。

この条件がある人は私の疑問のこれ、
●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?

に対して「衛星放送を契約しなくてはいけない」と言われました。

また、料金に関してのこの疑問、
●一体いくらかかるねん・・
に対しては998円と言われました。

NHKの1260円に追加して998円ですから、仮に契約をした場合は月に2258円もかかってしまいます。

高杉!!!

ここで注意です、
大事なのは訪問員とNHKふれあいセンターのオペレーターにBSのボタンはありますか?とか、接続端子はありますか?などを聞かれて「あります」とか答えない事です。

私は訪問員がBSのボタンがあるかと聞かれたりしたんですがと言ったはずなのに、なぜか勝手に「お客様のテレビにはBSのボタンがあることが証明されました」とか言われました。

おそらく言葉の勘違いだと思いますが、NHKふれあいセンターでは録音をしていますので、しっかりと訂正をしてまた電話をします。

では、ここで一度まとめます。

●衛星放送なんて今まで一度も見たことないよ・・
●そもそもその衛星放送を見る機能はどうやってやるんだ・・
→答え:BSアンテナがある条件で、テレビの後ろにあるケーブルをBSに付け変えて、リモコンのBSボタンを押す。

●今後も全く見る予定はないのに何故に契約を?
→答え:上の条件で衛星放送が見れれば契約をしなくてはいけない。

●一体いくらかかるねん・・
→答え:998円。地上波と合わせたら2258円。

●コジマはドラクエ派かFF派か?
→答え:武道派

では「お客様のテレビにはBSのボタンがあることが証明されました」という勘違いを修正して話す事を忘れずにと、下の質問を次に質問します。

●地上波を契約した人が衛星放送を契約しなくてはいけないのか?

そして、いくつかの疑問点がうかびましたので、それも次の機会に話したいと思います。

つづく
スポンサーリンク


▼大佐のブログが本になりました。 2018071712381622c.jpeg
自己紹介
ブログ管理人:大佐
大佐
趣味は家の掃除からバイクまで幅広く。 当ブログの更新や若い方中心にニュースをわかりやすく解説しています。 広告主募集中!▶︎こちらからご連絡をお願い致します。

2018/07/27(金) | 時事のお話 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »